スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッファローの外付けHDDが認識しない場合の復旧方法をご紹介

外付けHDD 3Aデータ復旧スタッフブログ

BUFFALO(バッファロー)社の外付けHDDは流通量が多く、弊社でも多くのご相談を受けていますが、その中でも比較的多い障害・症状はメディアがパソコンで認識されない状態やアクセスできないといった内容で、パソコンにUSBケーブルを接続しても認識しない、マウントされない等の障害が起こる事が多発しています。

また、パソコンやテレビと接続した際、エラーメッセージが表示されたり、通電時に点灯していたランプが付かない、赤色で表示されたり点滅したりしていたりなど、保存していたデータにアクセスができない、写真や動画を開くことができないといったトラブルも多いです。

バッファローの外付けHDDに保存していた大切なデータが見れなくなってしまい、焦っていろいろな方法を探したり試したりする方も多いと思いますが、初期化したくない場合などには正しい手順で対処する事が大切です。
また、二次被害や障害が広がる可能性もありますので、まずは落ち着いて対処していきましょう。

エラーメッセージが表示される、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった、故障してしまった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の通電や誤操作によるデータ消失、データ破損のご相談が急増しています。

このページはこんな人におすすめです。

  • バッファローの外付けHDDが認識しない。
  • パソコンに接続しても何も起こらない。
  • ハードディスクが動いていないような気がする。
  • デバイスマネージャーでは認識している。
  • ハードディスク内のデータにアクセスしたい。
  • 故障したHDDからデータを取り出したい。
  1. 外付けHDD(ハードディスク)が認識しないのはなぜ?
    1. HDDに記録されているシステム情報が破損
    2. 制御基板自体/ファームウェアの破損
    3. ハードディスクの内部部品の破損
    4. ケーブルやアダプターの故障
  2. バッファローの外付けHDDが認識しない場合に確認する事
    1. まずは異音や電子音がしていないかをチェック
    2. デバイスマネージャーで確認を行う
    3. デバイスマネージャーに表示されていない場合
    4. セキュリティソフトの確認
    5. パソコン側の電源プランを確認
    6. ACアダプタが接続されているか
    7. アクセスランプの点滅/モーター駆動の確認
    8. OSやHDD容量の確認
    9. パソコンに接続したときにどうなっているか
  3. エラーが表示されてしまう場合は
    1. フォーマットする必要があるとエラーが出る場合
    2. パラメーターが間違っているとエラーが出る場合
    3. データエラー(巡回冗長検査エラー(CRC)エラー)が出る場合
    4. USBデバイスが認識されませんとエラーが表示される場合
    5. アクセスが拒否されましたとエラーが表示される場合
    6. その他の症状の場合は
    7. エラー表示関連の対処法
    8. メーカー別対処法
    9. ネットワーク型HDDの対処法
  4. バッファローの外付けHDDのデータ復旧・復元方法
    1. buffaloのHDDが利用できない場合の対処方法
    2. 異音や電子音
    3. ドライブレターの変更をしてみる
    4. デバイスドライバーの更新
    5. 更新プログラムの消去
    6. 他のPCに接続してみる
    7. PCに接続しているその他機器を取り外す
    8. パソコンを再起動する
    9. 常駐ソフトを停止する
    10. アクセス権を変更する
    11. いろいろ試してもエラーが出る場合は
    12. データ復旧業者に依頼する場合は
  5. 弊社でご依頼が多いHDD一覧
    1. バッファロー(BUFFALO)社製のハードディスク
    2. アイ・オー・データ機器(IODATA)社製のハードディスク
    3. エレコム(ELECOM)社製のハードディスク
    4. トランセンド(Transend)社製のハードディスク
    5. TOSHIBA(東芝)製のハードディスク
  6. 関連の記事・対処法など
  7. その他バッファロー製品に関するページ
  8. 無料で診断・調査してみる

外付けHDD(ハードディスク)が認識しないのはなぜ?

外付けハードディスクが認識しなくなる原因は複数ありますが、原因はこれだと断定するのはとても難しく、データ復旧を行う場合でも方法を誤ってしまうとデータ消失や状態悪化に繋がる危険があるため、このページを参考にハードディスクの知識、データの復旧や救出の可能性を少しでも知ってもらえたらなと思います。

外付けハードディスクから異音がする場合は、チェック項目の異音や電子音の動画でご確認ください。

また、ハードディスクが認識しない場合などの通電は控えてください。
通電を行う度に状態が悪化してしまう可能性もあり、トラブル発生時では取り出せたであろうデータも取り出せなくなってしまう可能性があります。

上記のようなことが外付けハードディスクが認識しない原因に多くみられます。

HDDに記録されているシステム情報が破損

HDD内部に存在しているシステム情報の破損とは、外付けHDDを認識させるためのフォーマット情報やセクタ情報等を読み込むシステム領域が破損してしまい、ハードディスクが認識しない状態です。

主に不良セクタと言われるがん細胞のようなものがMBRに影響を与えてしまい、HDDやSSDが読み取れない状態や、ハードディスク内部のデータ領域に干渉してしまい、アクセスできなくなったり、データが破損してしまっている事が多いです。

この不良セクタは通電する度にデータ領域に広がってしまう可能性があるので、HDDやSSDが認識できない場合の通電はリスクが大きいでしょう。
また、OSインストールされているハードディスクの場合はMBRに問題がある場合が多いです。

制御基板自体/ファームウェアの破損

制御基板の破損とは、ハードディスク側に設置されている基盤が破損している可能性です。経年劣化や、落下や、ぶつけてしまった際の衝撃、ショートしているなどにより破損してしまう場合に多くみられます。また、ハードディスクの製造メーカーによっては、制御基板のファームウェア破損も考えられ、ファームウェアの更新を行い、制御基板のファームウェアを正常値に戻す作業が必要となります。
また、注意しなければならない点は、制御基板の交換やファームウェアの更新などで操作を誤ってしまうと、ハードディスクにロックがかかってしまい、アクセスが困難になる可能性があるので注意しましょう。

ハードディスクの内部部品の破損

ハードディスクの内部部品の破損とは、ハードディスク内部にある部品の破損が考えられます。ハードディスク内部にはレコードでいうと針と同じ役割を持つ、磁気ヘッドという部品がありますが、こちらも経年劣化、衝撃などで破損してしまいハードディスクが認識しない・読み取れないなどの原因となる事が非常に多いです。
また、ケース基盤の破損、USBケーブルやコネクタ、差込口の破損、電源アダプタの破損なども考えられます。

ケーブルやアダプターの故障

長年使用していると付属しているUSBケーブルやACアダプターが断線してしまい、正しく電源供給が出来なくなりハードディスクが認識しない、アクセスできない状態になる事があります。
ケーブル類を交換すれば問題はありませんが、アダプターに関しては注意が必要で、別のものを使用してショートさせてしまうなどのトラブルが発生する場合もあります。

バッファローの外付けHDDが認識しない場合に確認する事

急いでデータを取り出したいと考えているのはわかりますが、落ち着いて対処していきましょう。無理に解体したり、通電を行ってしまうと現状より悪化してしまうリスクがあります。まずは下記に記載する方法で確認してみましょう。

まずは異音や電子音がしていないかをチェック

第一に確認することは外付けハードディスクからいつもと違うような音が聞こえないかをチェックしましょう。ハードディスクを通電した場合に擦れているような音やカチカチといった磁気ヘッドが正常に動いていない音(カチャカチャ・カチカチ等)、またピーピー、プープーなど電子音が鳴っていないかをチェックしてみましょう。
電子音や異音が発生している場合は基盤損傷の可能性が高く、ハードディスクをしっかりと制御できていない場合があり、このまま通電を行ってしまうと高確率で状態が悪化してしまい本来復旧が可能だったデータを取り出すことができなくなってしまうかもしれません。

下記動画のように異音や電子音が発生している場合の通電はとても危険です。

この症状が起きている場合は個人での調査の限界がありますので、まずは専門業者に調査依頼を行うのが最善です。

異音や電子音、ビープ音の種類や対処方法に関しては下記URLをご確認ください。

デバイスマネージャーで確認を行う

デバイスマネージャーを起動して、ハードディスクが読み込まれているかどうかの確認を行ってみましょう。デバイスマネージャーの起動方法はWindowsマークを右クリックし「デバイスマネージャー」をクリックすれば起動することができます。

デバイスマネージャーが起動したら「ディスクドライブ」の項目を確認してみましょう。HDDが接続されている場合は項目に接続しているHDDが表示されているはずです。

このディスクドライブで認識されている場合は復旧できる可能性はありますので通電を控え専門業者に相談してみましょう。

デバイスマネージャーに表示されていない場合

デバイスマネージャーに表示がない場合はハードディスクの状態は悪く、明らかに障害が発生しているでしょう。その場合はディスクの管理から状態の確認が可能です。
デバイスマネージャーを開く手順と同じで「Windowsマークを右クリック」「ディスクの管理」を開きましょう。

ディスクの管理で認識しないHDDの表示があればデータ救出の可能性はありますので、接続を中止して専門業者に相談してください。

ディスクの管理で表示されているが暗号化されていて認識していない場合があります。
下記画像の部分に暗号化と表示されている場合は暗号化を解除しましょう。

暗号化を解除してもエラーが出る場合は専門業者へご相談ください。

セキュリティソフトの確認

可能性は非常に低いですがインストールしているセキュリティソフトがメディアの認識を妨げている場合もあります。導入しているセキュリティーソフトがブロックなどしていないかをチェックしてみましょう。

パソコン側の電源プランを確認

ACアダプタが必要な外付けハードディスクですとそれ程問題はありませんが、電源を必要としないポータブルタイプのHDDはパソコン側から電源供給を受け駆動しています。その際にパソコンからの電源供給が正しく行われていないとハードディスクは認識しません。またUSBハブなどを使用している場合も同様で、ハブ事態に電源がしっかりと供給されていない可能性がありますのでパソコンに直接刺すことで解決する場合もあります。パソコン側の電源プランが省電力などに設定されている場合は一度「高パフォーマンス」などに設定を変更して外付けHDDを接続してみましょう。

ACアダプタが接続されているか

電源がしっかり供給できていない場合、当然ハードディスクを使用する事はできません。メーカーに問い合わせをしてもまず最初に聞かれる内容ですので、もう一度ACアダプタはしっかり接続されているか、ハードディスク側にしっかり接続されているかを確認してみましょう。

アクセスランプの点滅/モーター駆動の確認

通電を行った場合にアクセスランプがどのようになっているかを知る事で症状がわかる場合があります。製品によってはアクセスランプがないものもありますが、一度確認してみましょう。またモーターが駆動しているか、していないかで今後の対処法も変わりますのでチェックしましょう。アクセスランプの点滅がない、モーターが駆動していない場合はシステム的な障害の可能性が低くなり、物理的に損傷している事もありますので通電を辞めて専門業者に相談しましょう。

OSやHDD容量の確認

OSのバージョンやハードディスクの容量などにより、外付けHDDが認識されない場合があります。windowsXPを使用されている場合、2TB以上のHDDが認識されないため、DiskFormatter2と使用し、通常とは異なるフォーマットを行う必要がありますが、フォーマットを行うと内部のデータは全て消えてしまうのでご注意ください。

パソコンに接続したときにどうなっているか

パソコンに接続した時に、通常ならパソコンから認識音がなり、ハードディスク内部のフォルダが表示されるようになっていますが、認識音がしなかったり、エラーメッセージが表示される場合はシステム的な障害が発生している場合が多いです。認識しない原因が不良セクタであった場合には通電を控えて保管しましょう。通電を行う度に不良セクタが広がる可能性があり、データ領域まで及んでしまうとデータが破損し閲覧ができなくなります。障害発生後の通電は控えるようにしましょう。

エラーが表示されてしまう場合は

フォーマットする必要があるとエラーが出る場合

buffaloの外付けHDDが認識されないパターンはいろいろありますが、フォーマットしますか、フォーマットしてください、フォーマットする必要があります、などのエラーが表示されてデータ領域へのアクセスが行えないことがあります。

フォーマット要求される場合のエラーのほとんどが、パソコン側が接続されているメディアのフォーマット形式を読み取れない状態になっていることが多く、それぞれメディアの種類やOSの違いなどでフォーマット形式があり、一般的にはwindowsではNTFS、FAT、exFATなど、MacOSではHFS+などでフォーマットされています。

下の画像はNTFSでフォーマットしているメディアで、一行目の右にNTFSと表示されていることから、フォーマット形式はNTFSと読み取れてますが、フォーマットエラーがは表示される場合のほとんどが、この部分に形式が表示されていません。表示されていないという事はパソコン側でフォーマット形式を読み取ることができずエラーが表示されるというものです。

フォーマットエラーとは2

パラメーターが間違っているとエラーが出る場合

パラメーターが間違っていますとエラーが表示される場合は、フォーマット要求される場合と似たようなことが起こっている場合が多いですが、フォーマットエラーの場合は外付けHDDなどの本体の故障などでラベルが読み取れない状態となっている場合が多いのですが、パラメーターエラーの場合は接続しているパソコン側のエラーでラベルが書き換えられてしまい、メディアが認識されない状態となっています。

対処方法などは下記ページをご参考ください。

データエラー(巡回冗長検査エラー(CRC)エラー)が出る場合

このデータエラー(巡回冗長検査エラー(CRC)エラー)とはハードディスクなどの記録メディアなどのデータを記録している部分にエラーが発生してしまい、修復が困難になってしまった場合に起こるエラーです。
このエラーが出ている場合に、無理に通電を行ってしまうとデータ復旧が困難になってしまう事が多いので、エラーが表示された場合は通電しないようにしましょう。

対処方法などは下記ページをご参考ください。