スポンサーリンク
スポンサーリンク

【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】

HDD(ハードディスク) 3Aデータ復旧スタッフブログ

USB接続ハードディスクLAN接続ハードディスクを使用されている中で、突然ハードディスクが認識しなくなり、よく聞いてみるとピーピー、プープーと電子音が鳴っていたり、カチカチ、カリカリ、シャーと擦れているような音、カツンカツンと音が聞こえたりし、HDDが故障してしまいデータを取り出せない状態にお困りではありませんか?

上記のような状態からデータを取り出したり、ハードディスクにアクセスするためには正しい対処法を行わなければ二度とデータを利用できなくなってしまう可能性があり、安易に通電を行ってしまうと大変危険です。

外付けハードディスクから異音が発生し始めた場合かなり危険な状態ですので取り扱いには注意が必要です。

ハードディスクから異音が発生している、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の過度な通電によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。

このページはこんな人におすすめです。

  • 異音がしてHDDが認識しない。
  • ピーピー、プープーと電子音が鳴っている。
  • HDDを落とした後に異音が鳴り始めた。
  • カリカリと音がするHDDからデータを取り出したい。
  • 故障したハードディスクからデータを救出したい。

異音や電子音ってどんな音?

異音の種類はどんなものがあるのか、異音や電子音と言われてもどういったものかを判断するのはとても難しいので、下記動画を参考としてまずはご確認ください。

カチカチ/カタカタなどの場合

ハードディスクからカチカチ・カタカタ・カコンカコン・カチャカチャ・カックンカックン・カッカッなどいつもと違う音がしている場合には、ハードディスク内部の部品(主に磁気ヘッド)が壊れてしまっている可能性、または壊れる寸前の可能性があります。
この状態で電源を投入するとプラッタに傷が付いてデータが取り出せなくなる可能性があるので注意が必要、適切な処置が必要です。

シャー/シーなどの場合

シャーやシー・シュルシュル・ガリガリなど擦れているような音が聞こえる場合は、内部部品が接触して擦れている可能性があります。
適切な処置を行えばデータを取り出せる可能性はありますが、こちらも通電を続けてしまうとプラッタに傷が付いてしまい傷が付いた部分のデータは救出する事が不可能になってしまいます。

ピー/プー

ピー・プープープーなどの電子音が聞こえる場合は基盤損傷の可能性があります。
こちらは通電しても問題はありませんが、素人レベルでデータを復旧する事は困難なレベルですので、すぐに専門業者にご相談ください。

異音や電子音が発生する原因

異音や電子音が発生してしまう原因の多くがハードディスクに衝撃を与えてしまった場合です。

よくあるケースとしては
  • テーブル等から落下させてしまった。
  • ケーブルが引っ掛かり倒してしまった。

等がよくあります。また、衝撃を与えていない場合でもハードディスクは消耗品となりますので、経年劣化などで基盤の劣化、HDD内部の部品の劣化などがあります。

異音や電子音の種類としては
  • カリカリ、シャーと擦れている音
  • ピーピー、プープーと小さな電子音
  • カツンカツンと一定間隔で音が聞こえる

等があります。

磁気ヘッドの損傷①

磁気ヘッドとはデータを読み書きするレコードでいう針のような部分になります。
この部品がデータを読むために行ったり来たりを繰り返している場合には「カチカチ」と音が聞こえる事があります。

損傷の原因としては経年劣化、外部からの衝撃により故障してしまう事があります。

磁気ヘッドの損傷②

②の場合も磁気ヘッドの損傷ではありますが、ヘッドが損傷してプラッタに接触して普段と違う音がハードディスクから聞こえる場合もあります。ヘッドが記録面に接触している場合は擦れているような音が聞こえ、そのまま通電を続けてしまうとプラッタに傷がついてしまいデータ復旧ができなくなってしまう事があります。

部品の損傷以外の可能性

ハードディスク内部の部品が損傷していなくても異音が発生してしまう事はあります。
データの書き込みを行えない不良セクタと呼ばれるセクターエラーが発生してしまう事があります。

セクタでエラーが発生してしまうと正しくデータを読むことができなくなってしまい、磁気ヘッドが行ったり来たりを繰り返しカチカチや、カッコンカッコンなどの異音が発生しはじめてしまいます。

部品損傷・不良セクタ以外にも

その他のケースではハードディスクを動かしているプログラムが破損してしまう事で磁気ヘッドを正常に動かく事ができなくなってしまったり、HDDの側面にあるPCB基盤に問題が生じ、正常動作が行えない事もあったりします。

擦れている音の場合

擦れているような音の場合はプラッタと磁気ヘッドと呼ばれるデータを読み取る部分が擦れている可能性がありますので、擦れている音が聞こえる場合には通電は行わないでください。プラッタに傷が付いてしまうと、傷の部分に保存されているデータが読み取れなくなってしまう可能性があります。

機械音はハードディスクが起動する時や読み書き込み時にも音は発生しますが、あきらかに異音を繰り返している場合や、異音発生後モーターが止まってしまう等の場合は、HDD内部の磁気ヘッド損傷が疑われます。

ただし、全ての機械音が磁気ヘッド損傷という訳でもありません。

小さな電子音の場合

電子音が聞こえる場合は、基盤損傷の疑いがあります。基盤はハードディスクを制御する役目がありますが、その基盤が損傷した合図として通電を行うと電子音が鳴り、基盤が損傷している事を教えてくれています。
可能性は低いですが、外付けハードディスクの場合はケース側の基盤が損傷している可能性もあります。

一定間隔の音の場合

一定間隔毎にカツンカツンを音が聞こえる場合は、磁気ヘッドと呼ばれるデータを読み込む部分が正常に動作しておらず、データ領域にアクセスできない状態になっている場合が多いです。
このカツンカツンと聞こえる場合には、電子音の場合と同じで制御基板が損傷している可能性と、磁気ヘッドが経年劣化で損傷している可能性が考えられます。

ファームウェア異常

ファームウェアに異常が発生すると異音が発生する事があります。
ハードディスクが正常な動作を行えなくなりカチカチと異音が鳴り始めたりする事が多く、このまま通電をし続けると状態は更に悪化してしまい、復旧が不可能になるケースがあります。
この場合素人レベルでの復旧が困難な場合が多いので専門業者に相談する事をお勧めします。

対処方法や注意する事

通電しない/電源を入れない

外付けHDDからの異音/電子音が確認された場合には「電源を入れない」ようにしましょう。
不安になって他のパソコンに接続したり、復旧ソフトなどを試みた場合、ハードディスクに負荷がかかってしまい状態が悪化する事があり、データ取り出しが困難になります。

衝撃を与えたり、逆さまにしない

ご相談いただく方の中には、叩いたら直るんじゃないかと思い衝撃を与えてみたりされる方がいますが、ハードディスクは衝撃に弱いものですので状態が悪化してしまいます。
また、逆さまにしたり、振ってみたりなどされる方もおられますが、磁気ヘッドが変な動きをする事でプラッタに傷が付いてしまいデータ救出が行えなくなってしまいます。

HDD本体を分解しない

自分で部品を交換すれば直るのでは…と思ってハードディスクを分解される方もおられますが、HDDの分解にはクリーンルームと呼ばれる塵/埃がない部屋を使用しての分解が必要になります。
埃などのゴミが入ってしまうとプラッタに傷が付いてしまい復旧が不可能となってしまいます。

電子音がする場合

ピーピー、プープーと電子音が聞こえる場合は、ひとつ前の項目で書いたようにケース側の基盤の可能性があります。
ですのでケースを取り換える事により電子音が消え、外付けハードディスクが正常に動作するようになるかもしれません。

ハードディスクを取り出してみる

一つ目の対処方法は、外付けハードディスクからHDDを取り出して、変換ケーブルなどを使いパソコンと接続してみましょう。
ケース側の基盤損傷が原因の場合はこれで認識が行えるはずです。

しかし、認識が行えず、電子音が変わらず聞こえる場合はHDD側の制御基板が損傷しているでしょう。

新しいケースを用意する

二つ目は変換ケーブルがよくわからないという人は外付けハードディスクのケースだけを用意し、障害が発生した外付けハードディスクからHDDを取り出して、新しいケースに入れてみましょう。
一つ目と同じですが、ケース側の基盤が原因なら保存しているデータにアクセスが可能です。

しかしこれでも認識しない場合はその他の障害が発生しているでしょう。

二つの項目で紹介した対処方法は外付けハードディスクに限った話で、内蔵で使っていたハードディスクやバルク品のハードディスクの場合だと、HDD側の基盤損傷となります。

ただし一部例外があり、LAN接続ハードディスクのファイルシステムLinuxを採用しているため、そのまま繋げてもデータ領域へはアクセスできず、場合によっては複数フォーマットエラーが表示される事もあります。
USB接続ハードディスクでも自動暗号化製品であれば、データ領域へはアクセスできず暗号化解除作業が必要となります。

残念ながら擦れているような音、一定間隔でカツンカツンと音がしている場合は個人レベルで修復を行う事は出来ません。通電は絶対にせず、専門の業者に連絡しましょう。

その他の対処方法

USB変換ケーブルや簡易ケースで接続を行っても異音がしている場合は、磁気ヘッド損傷であるヘッドクラッシュの可能性が非常に高くなります。

磁気ヘッドの損傷が考えられる場合、通電し続けるとプラッタに傷がついてしまう事があり、プラッタに傷が付いてしまうと二度とデータがは取り出せなくなってしまいます。
この場合はすぐに通電を辞め、データ復旧・復元専門業者に連絡してください。

また、HDDを開封するにあたり必ずクリーンルーム内で行わなくてはなりません。

プラッタ(ディスク)と磁気ヘッドの間隔は約0.02μm(μmは100万分の1m)と非常に狭く、通常環境で開封を行うと空気中の塵や埃がプラッタに付着し、そのまま通電を行うとプラッタを傷つけるためデータ復旧率が大幅に低下、または完全にデータ修復が不可能となります。

また、ハードディスクの互換性はかなり低く、同型、同容量のHDDを準備し、磁気ヘッドを取り換えても動くことはほぼ無いでしょう。

壊れた部品を交換しデータの復元が必要となるのですが、設備やパーツを複数個保有しておかなければならず、電子音の際の対処方法で最後でも書いていますが、個人での作業では限界があるといえるでしょう。

障害発生時ではデータが取り出せる可能性があったものでも、クリーンルーム以外ので解体を行った場合、復旧ができなくなるので個人での解体は絶対に行わないようにしましょう。

ではどうすればデータは戻ってくるの?

異音がしだした外付けHDDや内蔵ハードディスクは、無理に起動させ続けるとデータの復旧率が下がる傾向にあり、最悪の状態となるとメディア損傷となり復旧自体不可能となるケースも少なくはありません。

当然の事ではあるのですがデータが保存されているのはプラッタであり、プラッタに損傷を与えるという事は保存データにも損傷を与える事になります。

読み書きを行う磁気ヘッド及びスイングアームだけの問題あれば、プラッタに損傷を与えていはいないためデータの取り出しは可能となりますが、実際にハードディスクを開封してみなければ判断は行えないでしょう。

障害が発生してたハードディスクからデータを取り出したいのであれば、通電を行わず現状を維持するようにしましょう。

磁気ヘッドに損傷がある場合、無理な通電を行えばプラッタに傷がついてしまい、データの救出が不可能になります。

物理障害が疑われる場合はまず専門のデータ復旧業者に相談し、調査してもらう必要があり、個人レベルでの物理障害からのデータの救出は不可能です。

ただ、どこのデータ復旧業者も解体作業を行っている訳ではなく、クリーンルームを完備しているところは少ないです。

解体費用もデータ復旧業者によって当然異なり、基本的に10万円以上は必要であり、高いところだと100万円以上もあるでしょう。

作業内容によっても費用は変わってはくるのですが、平均的に30~50万円とみておいた方がいいかもしれません。

HDDの容量やメーカーによって復旧費用は異なりますが、弊社では無料診断、上限設定とと業界でも安価で対応させていただいております。

解体作業が必要なハードディスクは保存されているデータの費用対効果で判断しましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSDUSBメモリ(USBメモリー)SDカードmicroSD(マイクロSD)CDDVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

弊社でご依頼が多いHDD一覧

ハードディスクから異音がする症状等、ハードディスクからデータ復旧が可能だった成功事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

バッファロー(BUFFALO)社製のハードディスク

据え置きHDD

HD-TDAシリーズ

HD-TDA6U3/ HD-TDA4U3/ HD-TDA2U3

HD-LSU2Cシリーズ

HD-LS1.0TU2C/ HD-LS2.0TU2C

HD-LCU3シリーズ

HD-LC1.0U3-BK/ HD-LC1.0U3-WH/ HD-LC2.0U3-BK/ HD-LC2.0U3-WH/ HD-LC3.0U3-BK/ HD-LC3.0U3-WH/ HD-LC4.0U3-BK

HD-CLU2/Nシリーズ

HD-CL500U2/N/ HD-CL1.0TU2/N/ HD-CL1.5TU2/N/ HD-CL2.0TU2/N

HD-LDFシリーズ

HD-LDF4.0U3-BA/Y/ HD-LDF3.0U3-BA/Y/ HD-LDF2.0U3-BA/Y

HD-LDSシリーズ

HD-LDS8.0U3/ HD-LDS6.0U3/ HD-LDS4.0U3/ HD-LDS3.0U3/ HD-LDS2.0U3/ HD-LDS1.0U3

HD-LDU3シリーズ

HD-LD4.0U3/ HD-LD3.0U3/ HD-LD2.0U3/ HD-LD1.0U3

HD-LEシリーズ

HD-LE8U3/ HD-LE6U3/ HD-LE4U3/ HD-LE3U3/ HD-LE2U3/ HD-LE1U3

HD-LEMU2シリーズ

HD-LEM2.0TU2/YJ/ HD-LEM1.0TU2/YJ/ HD-LEM2.0TU2/Y/ HD-LEM1.5TU2/Y/ HD-LEM1.0TU2/Y

HD-LLDU3シリーズ

HD-LLD4.0U3/ HD-LLD3.0U3/ HD-LLD2.0U3/ HD-LLD1.0U3

HD-LLU3/Mシリーズ

HD-LL4.0U3/ HD-LL3.0U3/ HD-LL2.0U3/ HD-LL1.0U3

HD-LXU3Dシリーズ

HD-LX8.0U3D/ HD-LX6.0U3D/ HD-LX4.0U3D/ HD-LX3.0U3D/ HD-LX2.0U3D/ HD-LX1.0U3D

HD-NRCDシリーズ

HD-NRCD8U3/ HD-NRCD6U3/ HD-NRCD4U3/ HD-NRCD2U3

HD-NRLCシリーズ

HD-NRLC4.0/ HD-NRLC3.0/ HD-NRLC2.0

HD-NRLDシリーズ

HD-NRLD8.0U3/ HD-NRLD6.0U3/ HD-NRLD4.0U3/ HD-NRLD3.0U3/ HD-NRLD2.0

HD-LBU2シリーズ

HD-LB2.0TU2/ HD-LB1.5TU2/ HD-LB1.0TU2/ HD-LB500U2

HD-LBU3/YDシリーズ

HD-LB2.0U3/YD/ HD-LB1.0U3/YD

HD-LBVU2/Nシリーズ

HD-LB2.0TU2/N/ HD-LB1.0TU2/N

HD-LBVU3シリーズ

HD-LBV4.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3

HD-LBU3Cシリーズ

HD-LB1.0TU3-BKC/ HD-LB1.0TU3-WHC/ HD-LB2.0TU3-BKC/ HD-LB2.0TU3-WHC

HD-CBU2シリーズ

HD-CB500U2/ HD-CB500U2-WH/ HD-CB1.0TU2/