バッファロー BUFFALO/ HD-LC3.0U3-BK

メーカー バッファロー BUFFALO
型番 HD-LC3.0U3-BK
他社診断 なし
症状/障害 起動中にパソコンが再起動を繰り返す
診断 重度物理障害
結果 ご依頼品のハードディスクは内部部品磁気ヘッドの損傷により、データの読み書きが行えない状態となっておりました。クリーンルームでの解体作業を行い、損傷部品の取り換えを行うことでデータの解析を実施し、無事データ復旧致しました。
復旧容量 2TB
報告日数 18日
復旧費用 復旧費用はこちら

事例その2

他社診断 なし
症状/障害 突然ハードディスクがマウントしなくなってしまった。不安定な場所に置いていて度々接続が切れて正常な取り外しが行われていないと表示が出る事があった。
診断 論理障害
結果 フォーマット情報が破損していましたが、解析機器上で調整を行い無事データを取り出す事が出来ました。
復旧容量 1.8TB
報告日数 1日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

お客様からは「パソコンのバックアップを取っている最中に再起動がかかり外付けハードディスクが認識しない状態です。
デバイスマネージャーにも表示がなく、動作はしているようなのですがデータにアクセスできません」とご相談いただいておりました。
ご依頼品のハードディスクは状態が悪く、内部部品の損傷にて解体作業・部品の交換作業を行い復旧致しました。メディアからの異音などは無く、通電時に駆動している様子から内部部品の障害状況を確認しご案内いたしました。
通電時に停電やパソコンのフリーズ、再起動などが原因でハードディスクが認識しなくなる場合がございますが、認識していない状態で通電を行うとデータの破損に繋がる可能性もございますのでご注意ください。
弊社での解体作業を行う物理障害での復旧率は7~8割程度と比較的多くのデータを復旧しております。ご依頼品の悪化を防ぐため、障害発生時にはなるべくケースの取り外しなどは行わずご保管頂き、ご相談くださいませ。

成功事例成功事例(HDD・SSD)成功事例(物理障害)
3Aデータ復旧サービス
タイトルとURLをコピーしました