HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  成功事例, 成功事例(HDD・SSD) / バッファロー/Buffalo/HD-LB2.0TU2/N
バッファロー/Buffalo/HD-LB2.0TU2/N

バッファロー/Buffalo/HD-LB2.0TU2/N

メーカー バッファロー(Buffalo)
型番 HD-LB2.0TU2/N
他社診断 あり
症状/障害 5分~10分ほどつけっぱなしにしていると認識される音がしたがデバイスとドライブに表示されない。初期化を試みるも巡回冗長検査エラーと表示されてフォーマットすらできない。
診断 物理障害
結果 ハードディスクを読み取る部分に不良セクタが検出されておりました。修正及び調整を行う事でデータの取り出しに成功しています。
復旧容量 196GB
報告日数 3日
復旧費用 復旧費用はこちら

エラー関連リンク

復旧担当スタッフからのコメント

不良セクタは正しくHDDを使用していても発生する事があり、セクタエラーが検出されている状態で使用を続けると今回の様な状態に陥る事があります。異常を感じたらすぐにバックアップを取りましょう。 バックアップが作成できない場合は通電を即刻辞めて弊社の様なデータ復旧専門業者にご相談ください。使い続けるとデータが二度と取り出せない状態になるので注意が必要です。

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら