HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  よくある症例 / 巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される

巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される

スタッフよくある症例

障害発生後の通電、市販ソフトによる誤使用によりデータ破損のご相談が増加しています。エラーメッセージが表示される、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。

このページはこんな人におすすめです。
・巡回冗長検査(CRC)エラーと表示されデータがみれない。
・フォルダ等にアクセスするとcrcエラーと表示される。
・メディアにアクセスしてデータを取り出したい。

ハードディスクやその他メディアをパソコン等につないで写真や動画、オフィスファイルを開こうとした時、突然「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)」と表示され、外付けハードディスク等に保存していたデータなどにアクセスできない、フォルダやファイルにアクセスできないなどにお困りではありませんか?

データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)はとても危険なエラーで、物理的な障害が発生しているケースが多いです。

基盤やチップの損傷やプラッタに傷が入っていたりしていてエラーが発生している場合があり、初期対処法を間違えてしまうと被害が拡大し、二度とデータの閲覧や使用が行いえない状態になる場合もありますので、取り扱いには特に注意が必要となります。

エラーメッセージが表示されているのでデータの救出が行える可能性は高いですが、エラーが表示される原因がプラッタへの傷だった場合に過度な通電を行うと傷が広がってしまいデータの取り出しが行えなくなる可能性があり、ハードディスク光ディスクなどのメディアは、記録面に傷がついてしまうと、傷がついた領域に保存してあったデータが読めなくなってしまう事もあります。

巡回冗長検査(CRC)エラーとは

こちらの巡回冗長検査(CRC)エラーはよくあるエラーメッセージの紹介と対処法でも紹介していますが、比較的多いエラーとなります。

ハードディスクの場合、内部は完全に密閉されているので外から傷が付くことはありませんが、ハートディスクを落としてしまったり、倒してしまったりなどの衝撃により傷が付く場合や、経年劣化によりヘッド部分が損傷してプラッタに傷が付きヘッドクラッシュを起こしてしまう場合に表示されるたり、データ転送などを行う場合に送受信時のデータの不一致を検出すると表示されるエラーです。

上記で書いたようなエラーをクラスタエラーやセクタエラーと表現する事が多く、一度起きたエラーは自動的に修復を行う事はできませんし、通電を行う度に悪化する傾向にあり、エラーを拡大してしまう可能性がありますので、ご自身で判断するのではなく、一度専門家やデータ復旧を行っている業者に相談する事をお勧めします。

また、傷だけが原因ではなく磁気的なエラーで表面上、データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)が表示される場合もあります。

読み込みが行えない(読み込みが遅い)領域が発生してしまうと、ハードディスクの動作で負荷がかかってしまい、併発して別の箇所での不具合を招く危険性があります。
本体に負荷がかかり、ヘッドクラッシュやプラッタ破損等物理的障害が併発してしまうと、最悪データの取り出しが行えなくなってしまう場合もございます。

データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)と表示される原因

crcエラーは比較的起こりやすいエラーで、

エラーが表示される原因としては

・メディアに物理的な障害が発生している
レジストリファイルの破損
ドライバが正しくインストールされていない
・システムファイルの破損
・不良セクタが発生
・接続中に電源を落とした
ウイルス、マルウェアに感染

上記のような事が原因として考えられます。

メディアに物理的な障害が発生している

メディアに物理的な障害が発生している場合にデータエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)と表示されるケースがあります。

物理的な障害が発生しているかどうかを見極めるのは非常に難しいですが、下記動画の様に、異音や電子音がメディアから聞こえる場合は物理的な障害が起きているかもしれません。

※異音や電子音が聞こえる場合はすぐ通電を辞め、専門の業者に問い合わせてください。物理障害が発生している場合の通電はメディアの破損に繋がり、データの救出が行えない可能性があります。

もし異音や電子音、ビープ音が聞こえる場合は【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】も参考にどうぞ。

レジストリファイルの破損

レジストリファイルの破損はパソコンのシャットダウン時、ハードディスク等のメディア切断時に起こることが多く、パソコンが正しくシャットダウンされなかった場合や、メディアの安全な取り外しを行わなかった場合などに起こります。

ドライバが正しくインストールされていない

ドライバが破損している場合や最新のドライバでない場合にもエラーが表示される時があります。使用しているドライバが最新のものかを一度チェックしてみましょう。

システムファイルの破損

こちらはレジストリファイルと同様の場合に起こる事があり、パソコンがフリーズ、クラッシュした場合にも起こる可能性があります。

不良セクタが発生

不良セクタとは論理的なものと物理的なものがありますが、crcエラーが表示される場合は物理的なエラーの場合が多く、ハードディスクの場合は記録面の磁気が劣化してしまい、データの読み書きができなくなってしまいます。

この不良セクタは通電を行う度に広がっていく可能性がありますので、エラーが表示された時にはすでに一部のデータが破損してしまっている可能性もあります。

巡回冗長検査CRCエラーが表示された場合のデータ復旧方法

データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)が表示されている場合の通電は危険ですので、最小限の通電でデータの復旧を試みるようにしていきましょう。
しかし、チェックディスクにはリスクもありますので注意してください。

チェックディスクを利用する

Windowsにはチェックディスクと言われるドライブのエラーチェックツールがあります。このチェックツールを利用する事でエラーの修復が行えるかもしれません。

ただし、万能ではなくエラーの拡大を招く危険性もありますので注意してください。また、状態がひどいとチェックディスクを行えない場合もあります。

チェックディスクの始め方は、「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法のチェックディスクの実行方法で紹介していますので参考にどうぞ。

チェックディスクはリスクもある

ハードディスクをパソコンに接続したときや、HDDやSSDに保存しているフォルダファイルにアクセスしたときに「巡回冗長検査エラー(CRC)エラー」が表示されてしまった場合に絶対してはいけないのがチェックディスクです。

チェックディスクはエラーを修復するものという認識が広まっていて、チェックディスクを行えばエラーの修復ができると紹介しているページなどもありますが、それは「誤りです」

チェックディスクはとは「HDDのエラーをチェックする」というものでは無く、本来は「ファイルシステムのエラーをチェックし修復する」ための物で、セクタエラー(しかもクラスタ単位)のチェックに限定されます。

ですので、すでにファイルシステムでセクタエラーが検出されている以上、チェックディスクを行っても全く意味はありません。

また、チェックディスクはWindowsがエラーを自動で判断して修復を行ってくれるのですが、あくまでも自動判別で、Windowsが正常なファイルやフォルダをエラーと判断した場合にはそのファイルは削除されてしまうか、別の形式に置き換えられてしまい、必要だったファイルも削除されてしまう可能性があります。

ハードディスクやその他メディアに障害が発生してしまうケースは様々ですが「checkdisc」はハードディスクやメディアを長時間稼働させる事になるので、メディアにとても不可がかかってしまい、障害が発生したメディアに一番行ってはいけないのが通電で、長時間の稼働や負荷をかけてしまうと必ずといっていいほど状態は悪化してしまいます。

状態が悪化してしまうと、エラーが発生した時点でデータの救出が可能だったものが、二度と救出できなくなってしまうほど悪化してしまう可能性が大きいので、チェックディスクや通電はできるだけしないようにしましょう

TestDiskを利用する

Testdiskはブートセクタの修復に関して非常に優れたツールで、MBR(マスターブートレコード)のみならず、PBR(パーティションブートレコード)も修復する事が可能で、パーティションテーブル(パーティション情報)が損傷した事が原因で、パーティションを認識できなくなってしまった時のリカバリーソフトとなります。

ハードディスク上に点々と散在する残骸から、パーティションの位置・サイズ・種類などを拾い出す能力は、フリーソフトでありながら市販のソフトを上回るものを持ってはいますが、専門知識を必要とするのでお試しされる方はTestdiskの使い方をよく調べてから行って下さい。

使い方を誤れば完全に状態が悪化してしまいます。

ご自身での復旧作業に不安や自信がない場合は、一度弊社にてデータの取り出しが行えるかどうか調査いたしますのでお気軽にご相談くださいませ。

データ復旧ソフトを利用する

データ復旧ソフトはインターネット上に数多く出回っており、市販ソフトやフリーソフトなど種類も豊富です。

フリーソフトであるデータ復旧ソフトは海外版である事が多く、基本的に日本語表記で無いため使い辛く、市販版を購入される方が多くおられますが、市販版を購入される前にお試し版があれば、まずデータ復旧が可能か確認を行いましょう。

ただし、データ復旧ソフトの使い方を誤るとデータ復元が難しくなってしまったり、メディア状態を把握していなければ悪化させ、最悪の場合メディアそのものが壊れてしまう事も少なくはありません。

データ復旧ソフトを利用される場合はこちら【対処】壊れたHDDのデータ復元は可能?サルベージ方法と復旧ソフトを利用したデータ修復をご覧ください。

しかし、ご自身で行うデータ復旧作業やデータ復旧ソフトでは限界があり、データ復旧ソフトを使いこなす知識はもちろんの事、データ復旧対象となるメディアの知識はある程度つけておかなくてはなりません。

自分で何とか復旧させようと思う気持ちと行動は決して悪い事ではありませんが、データの復旧が出来なければ全く意味がありませんし、データ復旧ソフトをもし購入されていたらその購入代金も無駄となるでしょう。

軽度な障害であれば何とかなる場合もありますが、「巡回冗長検査CRCエラー」は基本的にセクタ単位でのエラーである事が多く、判断を見誤るとエラーがどんどん広がってしまい、弊社のようなデータ復旧を専門に取り扱っているプロでも難しくなります。

ここで一番注意しなければいけない事とは、データを復元・救出するのには「挑戦回数」があると思ってください。

無料のソフトは市販されている個人レベルで手にいれる事が出来るソフトというのは、メディアにかなりの不可をかけてしまいます。初期状態でデータ復旧の専門業者に相談していれば取り出せたデータも、上記で書いたように、状態の悪化・データの破損により二度とデータを取り出すことが出来なくなる可能性があるという事です。

お金をかけずにどうしてもデータを取り戻したいなら”失敗したら2度と復旧できなくなるかも”という認識を持ってデータの復元・救出に挑戦しましょう。

適切な方法でメディアを取り扱い、高レベルな技術でデータを解析し、元の状態でデータを復元させるには、弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。 詳しくは弊社データ復旧サービス復旧依頼の流れをご覧ください。

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
データ復旧の事例実績や流れUSBメモリー

関連の記事・対処法など

エラー表示関連の対処法

弊社でご依頼が多いHDD一覧

CRCエラー(巡回冗長検査エラー)とエラーが表示されるハードディスクからデータ復旧が可能だった成功事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

関連の記事・対処法など

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら