スポンサーリンク
スポンサーリンク

アイ・オー・データ I-O DATA / HDC-EU1.0K

メーカー アイ・オー・データ I-O DATA
型番 HDC-EU1.0K
他社診断 なし
症状/障害 メディアがパソコンで認識されない
診断 論理障害
結果 RAID0でご使用されていた外付けHDDですが、認識しない状態となりご依頼いただきました。ご依頼品はRAID崩壊により認識が行えない状態となっており、ケースからのお取り外しを行い仮想RAID構築作業にて認識に至りました。ご依頼品は論理障害として調査を進め無事復旧しております
復旧容量 442GB
報告日数 3日
復旧費用 復旧費用はこちら
この記事を書いた人
技術スタッフ

前職を含めデータ復旧歴15年、年間1000件以上お客様と直接ご対応させていただいております。趣味はパソコンいじりとガジェットニュースを読むことです。

技術スタッフをフォローする
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

RAID筐体の場合、複数台のハードディスクが内蔵されておりハードディスクの取り換えにより認識する機種もございますが、RAID0の場合はどれか1つでも障害が発生してしまうと認識できなくなる場合が多く、調整が必要となります。分散したデータを解析調査を行い復旧させて頂いておりますが、どのようなRAID形式であってもデータ領域に損傷がない場合の復旧は可能です。4台構成の筐体でのご相談や大容量データHDD等多数ご依頼いただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

成功事例成功事例(RAID各種・JBOD)
3Aデータ復旧サービス