HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 【復旧】トランセンド外付けハードディスクが認識しない場合【復元】

【復旧】トランセンド外付けハードディスクが認識しない場合【復元】

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

transcendの外付けハードディスクからのデータの復旧方法とは?

トランセンド社製の外付けハードディスクが突然認識しなくなり、自分でなんとかできないかなといろいろインターネットで対処方法を探しているあなたにアドバイスです。

「いろいろ試したけど改善できなかった」「症状が悪化してしまったかも」と、お困りの方からのお問い合わせやご質問を頂く内容でしたので、この記事では「外付けハードディスクを認識させる方法」を簡単にご紹介したいと思います。

他社製のハードディスクは下記をご参考にどうぞ。
バッファローの外付けHDDが認識しない場合の復旧方法をご紹介

トランセンドの外付けハードディスクと他メーカー外付けHDDの違い

外付けハードディスクを販売しているメーカーは数多く、その中の一つにトランセンド(Transcend)というメーカーがあります。

他メーカーとの違いはデザインを除き構造に関しては、どこのメーカーもほぼ同じ作りをしているので、外見や接続環境で外付けハードディスクを選ばれても問題はありません。

また、どのメーカーも外付けハードディスクの中は、下記の画像のようにとてもシンプルな構造となっており、これはポータブル型HDDも類似しています。
※一部構造が異なる商品もあります。
USBメモリ

外付けハードディスクが認識しなくなる原因は様々ですが、外付けHDDの構造を知ることで問題となっている個所を特定し、改善を行えば正常に認識が可能となりデータへのアクセスが行える場合があるので、まずは問題となっている外付けハードディスクの構造を知っておきましょう。

原因となる箇所を特定する3つのポイント

外付けハードディスクが認識しないという場合、注目すべき点は大きく分けて3つあり、外付けハードディスクの構造を理解していれば、簡単に原因の特定が可能となります。

ポイント1

まずケースからハードディスクを取り出す作業を行う前に、簡単に確認が可能なケーブル類のチェックを行ってみましょう。

外部から電源共有を行う据え置き型の外付けHDDの場合、付属していたACアダプタUSBケーブルの劣化や破損を疑い、新しいものへ変更する事により問題が改善される場合があり、バスパワーのポータブル型ハードディスクも同様に、USBケーブルを変更するだけで問題が改善される場合もあります。

ACアダプタが原因である場合は電圧が同じ物を用意しなければならず、誤った電圧で通電させてしまうとHDDの回路がショートし不動となります。

不安な方は次の【ポイント2】で原因の特定を行ってみて下さい。

ポイント2

ケーブル各種に問題がない場合はケース側の基板を疑いましょう。

この場合はケースからハードディスクを取り出す必要があるため、製品よってはケース分解が困難な物もあり無理に作業をすると、怪我をする危険もあるので十分に注意していただき、作業を行って下さい。

また、メーカー製品である場合はケースからHDDを取り外してしまうと、保証の対象外となってしまいますので、保証期間内であれば一度メーカーへ問い合わせる必要があります。

しかし、ケースから取り外したハードディスクを通電させるには専用のケーブルが必要となります。

一口にハードディスクと言っても接続方式が異なるハードディスクがあり、主に外付けHDDで使用されている接続方式はSATA接続となっていますが、古いタイプの外付けハードディスクである場合は接続方式がIDE接続の物もあるので、専用ケーブルを用意する前にハードディスクのコネクタ形状(インターフェース)を知っておきましょう。
インターフェイス

ポイント3

ケーブルやケース側基板に異常は無くハードディスク本体に問題があった場合、データ復旧作業を行わなければデータの救出は難しいと考えて下さい。

専用のケーブルでパソコンに接続を行うとエラーメッセージが表示されたり、ハードディスクそのものが動かない、異音や電子音がするといった場合、対応方法が異なりますので無理な作業は行わず通電を中断し、弊社のような専門の復旧業者へ問い合わせる事をおすすめします。

ハードディスクからデータを取り出す場合

【原因となる箇所を特定する3つのポイント】の【ポイント3】でも説明しているように、ハードディスクがどのような障害が発生しているのかによって対処方法は異なり、障害内容によっては無理な通電を続けることで障害の悪化、最悪の場合ではハードディスク自体が壊れてしまう事もあるため、データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスクでも記載しているように、基本的には個人での作業は避け弊社のような復旧業者への依頼が賢明となります。

ですが、全ての障害内容が復旧業者を頼らなくてはいけないという訳ではありません。

専用ケーブルでパソコンに接続しエラーメッセージが表示され、ハードディスクに保存しているデータへアクセスが出来ない場合、データ復旧ソフトを利用する事でデータが戻ってくる可能性があります。

無料配布されているソフトであれば使いやすいソフトを探し、市販されているソフトを利用する場合は購入をする前に、体験版などがあるソフトを利用すると無駄な出費を抑える事も出来ます。

ただし注意として理解して頂きたいのが、「エラーメッセージ=論理障害」と確定している訳ではなく、「エラメッセージ=論理障害の可能性」と考えて下さい。

代表的なエラーメッセージの一つに「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示され場合があるのですが、フォーマットエラーはシステムエラーの論理的な障害である事が多いため、簡易的にデータの復旧が可能と思われている方も多いのですが、実際には論理障害であっても物理障害と同様に、データ解析を行うには記録メディアへ大きな負担を与えているので、無理に通電を行うと論理障害が悪化したり正常であったデータ領域を汚染し、最悪の場合メディアが物理的に壊れデータの復元が全く出来なくなってしまう事も少なくありません。

この状態を避けるには障害が発生しているハードディスクのクローンを取る必要があるのですが、当然クローンを作成するにしても通電を行う必要があるので、復旧ソフトを利用している状態と変わらず悪化する危険があり、クローンを作成するソフトは不良となっているセクタを飛ばす機能がある物でなければなりません。

ご自身でデータ復旧作業を行われる場合は「適切な処置を施していなければ最悪の結果を招く事に繋がる」、「ハードディスクの状態によっては適切な処置を施しても悪化する危険がある」と理解した上で作業にあたって下さい。

より安全に且つ確実にデータ復旧を行うには

どのような障害でも絶対にデータの復旧が行える訳では当然ありませんが、ご自身で復旧作業をされるよりは弊社のような復旧業者へ依頼をされた方が、データ復旧が行える可能性が高くこれにはちゃんとした理由があります。

個人で作業をされる場合ハードディスクの状態をはっきりと理解しないまま通電し、復旧ソフトで解析又はクローンを作成されると思うのですが、必ずしもこの方法でデータの復旧が行える訳ではありませんし、状態の変化やそれに対応できるスキルを持ち合わせていないため、結果的にハードディスクが壊れると言うのはよくあります。

専門でデータ復旧作業を行っている会社は少なからず、この変化に対応できるスキルと対応能力が備わっており、どのようなアプローチに切り替えるかなどして、より安全に且つ確実にハードディスクの状態を悪化させないよう対応する事ができるのです。

結果的に「経験や知識、データ復旧を行う解析機器があれば誰でもできる」と思われてしまえばそれまでかもしれませんが、ご自身で復旧作業をされデータが駄目になってしまうリスクを考えれば、復旧業者へ依頼するというのも一つの解決策だと思います。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

ご相談が多いトランセンド製の外付けハードディスク一覧

※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

StoreJetシリーズ

・25M3 TS1TSJ25M3S
25M3 TS2TSJ25M3S
35T3 TS8TSJ35T3
・300 for Mac TS2TSJM300
200 for Mac TS2TSJM200
25H3 TS4TSJ25H3P
25H3 TS1TSJ25H3B
・25M3 TS500GSJ25M3
25H3 TS2TSJ25H3B
25H3P TS1TSJ25H3P
25C3 TS2TSJ25C3N
25H3P TS2TSJ25H3P
25MC TS1TSJ25MC
35T3 TS3TSJ35T3
25D3 TS1TSJ25D3
25C3 TS1TSJ25C3N
100 for Mac TS2TSJM100
25M3 TS2TSJ25M3
25M3 TS1TSJ25M3
25H3 TS3TSJ25H3P
35T3 TS4TSJ35T3
25M3 TS1TSJ25M3G
25A3 TS1TSJ25A3W
25D2 TS500GSJ25D2
25M3 TS2TSJ25M3G
25MC TS2TSJ25MC
25A3 TS2TSJ25A3K
25A3 TS2TSJ25A3W
25P TS750GSJ25P
25M3 TS1TSJ25M3B
25A3 TS1TSJ25A3K
25M3 TS1TSJ25M3E

関連の記事・対処法など

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
よくあるエラーメッセージの紹介と対処法
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
フォーマットを促す表示が出た場合のデータ復旧方法
フォーマットしますか?とエラー表示された場合の復旧・復元対処方法まとめ
「フォーマットする必要があります」表示からデータ復旧を行う
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】
「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
【対処方法】HDDが「パラメーターが間違っています」と表示【データ復旧】
USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合
SDカードmicroSDを接続しパラメーターが間違っていますと表示された場合
【対処法】I/Oデバイスエラーが起こる原因【データ復元】
【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法
【HDD】バッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合【NAS】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】
外付けHDDの故障、利用方法、データ復旧方法をご紹介【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】
【外付けHDD】ローカルディスク表示でアクセスできない場合の対処方法【USB接続】
認識しない外付けHDDからデータ復旧を行う方法は?
外付けハードディスクが認識しないその理由とは?

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP