スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッファロー/Buffalo/LS-WX6.0TL/R1J

メーカー バッファロー BUFFALO
型番 LS-WX2.0TL/R1J
他社診断 なし
症状/障害 メディアがパソコンで認識されない
診断 重度物理障害
結果 2台構成の筐体にてNASRAID1での使用をされておりました。ハードディスクからカシャカシャと異音がしており、LAN接続時もPCに直接繋いでも認識しなくなった状態でした。調査を進め、ご依頼品の症状は磁気ヘッド、スイングアーム部分での障害が発生しており、物理障害として解体作業を行いました。損傷部品の取り換えを行い、無事復旧致しました
復旧容量 2.8TB
報告日数 20日
復旧費用 復旧費用はこちら
この記事を書いた人
技術スタッフ

前職を含めデータ復旧歴15年、年間1000件以上お客様と直接ご対応させていただいております。趣味はパソコンいじりとガジェットニュースを読むことです。

技術スタッフをフォローする
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

ご依頼品は、落下により内部部品の損傷がありました。落下時から異音が鳴りパソコンでの認識が出来ない状態となり、復旧のご依頼を頂きました。RAID1でのご使用でしたので、2台の内1台が障害により認識しない場合でもミラーリングを行っているため、もう1台での解析を進めれる筐体でしたが、2台共に異音が発生しておりましたので、解体作業を行い復旧を致しました。今回はハードディスクの状態が落下により大変悪い状態となりましたが、解体作業を行うことでデータのお取り出しが行えております。異音やパソコンで認識しなくなってしまっていても、復旧できる可能性がございます。

成功事例成功事例(RAID各種・JBOD)成功事例(物理障害)
3Aデータ復旧サービス