HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  よくある症例 / リムーバブルディスクにディスクを挿入してくださいと表示される

リムーバブルディスクにディスクを挿入してくださいと表示される

3Aデータ復旧スタッフよくある症例

リムーバブルディスクにディスクを挿入してくださいと表示されて、メディアに保存していたデータが見れなくなった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の過度な通電や誤使用によりデータ破損のご相談が増加しています。

このページでは、リムーバブルディスクにディスクを挿入してくださいとエラーが表示される状態からデータを救出する手順や現状の確認を行い人向けのページとなっています。

「リムーバブルディスクにディスクを挿入してください」と表示される障害

パソコンSDカードUSBメモリが正しく挿入されているにも関わらず、実際にアクセスしようとするとリムーバブルディスクディスクを挿入してください」と表示され、データへのアクセスが不可能な状態になってしまう障害があります。

「リムーバブルディスクにディスクを挿入してください」とは

このエラーメッセージはSDカードやUSBメモリーに限らず、外付けハードディスクでも起こる障害であり、場合によっては該当ドライブのプロパティを見ても、使用領域 空き領域 容量すべて0バイトと表記されたりもします。
キャプチャ
これは、リムーバブルディスク(メディア)そのものが故障しているために、このような状態になってしまうことがあります。

エクスプローラ上でも確認を行う

キャプチャ2
ドライブのボリュームラベル(ボリューム)もなくなっているので、エクスプローラ上でも「リムーバブルディスク」とだけ表示されているはずです。
ただ「そのものが故障」といっても、論理障害の可能性が全く無い訳ではありません。

論理障害であるのか故障(物理障害)であるのか、実際に診断を行い判断が必要となります。

論理障害か物理障害か見分ける方法

比較的簡単に確認できる方法はディスクの管理を利用する方法です。

まず、ディスクの管理をみて対象となるディスクが、どのような状態になっているか調べましょう。

「未割り当て」や「プライマリパーティション」となっている場合、デバイスとしての認識が行えている事がわかるので、論理障害で対応できる可能性がでてきます。キャプチャ1215

ここまでの説明はリムーバブルディスクと表示される外部記憶装置、つまり、SDカード、USBメモリ、外付けハードディスク等が壊れていない場合のみです。

何の応答もしなくなっているリムーバブルディスクは、メディア損傷の可能性が極めて高くなり、データ復旧方法も物理対応でなければならない事も少なくはありません。

障害が発生するのには様々な事が原因となりますが、一番注意しなければならないのは何度も通電を行ってしまうという事です。
通電を行う度に、障害が悪化し、次々とエラーが発生してしまう事もあり、最悪保存データが破損してしまうと、データを取り出せたとしても閲覧したり使用したりする事ができなくなってしまいます。

とりあえず通電を辞め保管するようにし、専門業者に相談してみましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら