I-O DATA

成功事例

IODATA アイ・オー・データ HDCX-UTL4K

パラメーターが間違っていますと表示される場合には、パソコンとメディアを認識させる部分にエラーが発生している場合が多いです。
通電を行うと状態が悪化する可能性が高いので、エラー発生後の通電は注意が必要です。

異音が発生している場合はほぼ修理に近いですが、内部部品の調整を行う必要があるので素人レベルので対応は難しいです。
間違った方法で復旧作業を行うと二度とデータが戻ってこない可能性があるので弊社の様な業者にまずは相談してみましょう。

下記リンクもご参考にどうぞ。
「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDC-EU1.0K

RAID筐体の場合、複数台のハードディスクが内蔵されておりハードディスクの取り換えにより認識する機種もございますが、RAID0の場合はどれか1つでも障害が発生してしまうと認識できなくなる場合が多く、調整が必要となります。分散したデータを解析調査を行い復旧させて頂いておりますが、どのようなRAID形式であってもデータ領域に損傷がない場合の復旧は可能です。4台構成の筐体でのご相談や大容量データHDD等多数ご依頼いただいておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDL2-AH4.0

RAID1にてご使用の筐体で、内蔵の内1台は動作が思わしくなかったのですが、もう一台が正常動作をしており、仮想RAIDにて調整を行い無事に復旧に至りました。RAIDでのご使用の場合RAID構成のタイプによって調整作業方法が異なる為、あらかじめお客様にお伺いし内容に沿って作業を実施させて頂いております。また、RAID崩壊が原因で認識しなくなったハードディスクからの復旧は事例もございますので、安心してご依頼いただければ幸いです。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDL2-AH2.0

ハードディスク本体から異音がしている状況で、無理に通電を行うとデータの破損に繋がる為、パソコン等での接続をなるべく行わずご依頼いただければ幸いです。重度物理障害では、クリーンルームでの解体作業を行うため、お客様の同意のもと解体を行います。異音が発生している状況で全く認識できないハードディスクからでも復旧は可能です。まずは、ハードディスク本体の状態も含め調査解析を行い、復旧可否のご判断とお見積りを行いますのでお気軽にご相談くださいませ。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT2.0K

ご依頼品の状態やデータ容量にもよりますが、即日でのご対応も行っております。システム側の損傷のみの場合は、ほとんどが論理障害にて早期復旧が行ておりますが、ハードディスクの状態も含め詳しく調査解析を行いご案内させて頂いておりいます。復旧が出来ない場合や、復旧不可能な場合も含めお客様にご案内となりますが、ご依頼品のように調整のみで復旧に至るケースが多く、まずは無料にてご診断を承りますのでお気軽にご相談くださいませ。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT500K

ご依頼品のように、ビープ音が発生している状態からのデータ復旧も可能です。異音やビープ音が発生している状態のハードディスクはなるべく通電を行わないようにお願い致します。無理に通電を繰り返し行うとハードディスクの状態が悪化し最悪データの復旧が出来なくなります。解体作業を伴う物理障害では、クリーンルームにて開封、損傷部分の交換を行いますのでご安心してご依頼くださいませ。また、復旧可能時にはデータリストをお作りしご案内をさせて頂いております。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT2.0KB

認識している状態のハードディスクでも、フォルダが開けなかったり読み込みに数時間掛かってしまう症状では、軽度の物理障害としてイメージ取得作業を実施し、取得データの解析を行っております。エラーメッセージが出ている状態のハードディスクのデータ復旧は、ほとんどが論理障害として復旧させて頂いておりますが、状態が悪くなりデータの改正自体が困難になっている状態では軽度物理障害としてご案内をさせて頂いております。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT500KB

ご依頼品のように、論理障害での復旧が可能な場合は即日でご対応させて頂く事も可能です。まずはハードディスクの状態を診させて頂き、復旧可能かどうかご判断致しますので、お気軽にご相談くださいませ。論理障害の場合、エラーメッセージが表示されたり認識しなくなってしまう状態でのご依頼が多く、調整を行いデータのお取り出しを行い、お見積りとなります。復旧可能時はデータリストを作成しお客様にご確認いただける内容で復旧を行いますのでご安心くださいませ。
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT2.0W

ご依頼品のように作業中に通電が切れてしまった後、物理障害が発生してしまっている状態で認識しなくなるケースがございます。異音が発生している状況で無理に通電を行うとデータ領域障害が出てしまう可能性がありますのでなるべく通電せずにご保管、ご依頼頂ければ幸いです。解体作業を行うご案内をいたしましたが、作業実施はお客様の同意のもと行うので、弊社の独断での解体は行っておりませんのでご安心くださいませ
成功事例

アイ・オー・データ I-O DATA / HDPD-AUT1.0W

落下に用衝撃や、経年劣化などから内部部品の損傷があった場合、ハードディスク本体から異音が発生し認識しなくなる場合がございます。異音が発生している状況で無理に通電を行うと保存データ領域にも不具合が生じる可能性がございますのでなるべく通電はお控え頂きご依頼いただければ幸いです。解体作業では、損傷部分のと入り替えを数回行い安全にデータをお取り出しさせて頂き、ご案内いたします。異音が発生して認識しない状態でも、復旧は可能ですのでまずは復旧可能かどうかご依頼くださいませ