HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  成功事例, 成功事例(HDD・SSD), 成功事例(物理障害) / バッファロー BUFFALO/ HD-LC1.0U3-BK
バッファロー BUFFALO/ HD-LC1.0U3-BK

バッファロー BUFFALO/ HD-LC1.0U3-BK

技術スタッフ成功事例

事例その1

メーカー バッファロー BUFFALO
型番 HD-LC1.0U3-BK
他社診断 なし
症状/障害 パソコンが突然再起動してしまい、ハードディスクが認識しなくなりました。使用していた時は特に音はなっていなかったのですが、接続しても認識されなくなったと同時にビービーと異音が鳴っております。このような状態でもデータの復旧は可能なのでしょうか。
診断 重度物理障害
結果 ご依頼品の状態はかなり悪く、ハードディスクから異音やビープ音 認識しない原因が発生している障害状況としまして内部部品の損傷が見られ「重度物理障害復旧作業」にてデータのお取り出しを行いました。異音は磁気ヘッドの損傷により発生している物でしたのでクリーンルームでの解体作業を行い認識させる方法を実施し、復旧を行いました。
復旧容量 801GB
報告日数 10日
復旧費用 復旧費用はこちら

事例その2

他社診断 あり(高額なため他社をキャンセル)
症状/障害 突然フォーマットしてくださいとエラーが表示されるようになってしまった。フォーマットせずに保存していた写真や動画を取り出したい。
診断 論理障害
結果 パソコンとHDDを認識させる部分にエラーが発生しておりましたので、エラーを修正しデータの救出に成功しました。
復旧容量 547GB
報告日数 2日
復旧費用 復旧費用はこちら

復旧担当スタッフからのコメント

事例その1
ハードディスクから異音やビープ音 認識しない原因は様々ではありますが、認識しなくなったハードディスクでもデータの書き込みが残っていれば復旧するケースが非常に多いです。障害が出てから数年経ってご依頼いただく事もございますが、どのような場合でもまずは復旧が出来るかどうかのご診断を行いご案内いたします。今回のように、非常に状態が悪化している状態であっても、クリーンルームでの解体作業を行うことにより復旧できる可能性がございますので、他社でのご診断で復旧不可だった場合でもご相談くださいませ。

事例その2
フォーマットしてくださいとエラーが表示される場合は、正しい取り外しを行わない事で発生する事があります。
しかし、正しい方法で修正などを行えば、内部のデータは比較的綺麗に取り出す事ができますので、エラーが表示されてしまった場合などは、通電を行わず弊社の様な専門業者にご相談ください。

その他対処法など
「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
指定されたファイルが見つかりません。とエラーが表示された場合の復旧や対処方法
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら