HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 外付けハードディスクが認識しないその理由とは?

外付けハードディスクが認識しないその理由とは?

スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ

エラーメッセージが表示される、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。
障害発生後の通電や誤使用によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。

このページはこんな人におすすめです。
・認識しなくなったハードディスクを認識させたい。
・久しぶりに外付けハードディスクを繋いだら認識しない。
・認識しないハードディスクからデータを取り出したい。
・外付けハードディスクに保存していたデータが見れず困っている。
・認識できないハードディスクのデータを救出したい。

外付けハードディスクが認識しない場合に絶対にしてはいけないこと

外付けHDDやハードディスクが認識できなくなるなんて…

大切な写真や動画、仕事で使うオフィス関係のファイルが保存されている外付けハードディスクが認識しなくなるケースは非常に多いですが、内蔵HDDとは異なり外付けハードディスクBIOSで認識するプロセスが無いため、しっかりとした手順で対策を行えば、問題が解決することが多いです。

しかし、外付けHDDが認識しない理由は様々で、HDDのパーティション情報の破損、ウイルスによるパーティションが損傷、システム情報の損傷などドライブとして認識されない事もあるのですが、このような問題よりほとんどがUSBケーブルまたは設置過程で起きます。
大切なデータが保存されている場合に、焦っていしまいすぐになんとかできないかといろいろとしてしまいがちなのですが、まず第一に通電を行ってしまうとハードディスクの状態が悪化してしまう可能性があります。

上にも書いているのですが、認識しなくなってしまう状態は様々で、理由が判明していないうちに通電を行うのはとても危険です。内部データが破損してしまう可能性もありますし、最悪の場合内部部品の損傷、記録領域に傷がついてしまったりするケースもあり、記録領域に傷がついてしまうとデータの取り出しが困難になり、あなたの大切なデータは二度と閲覧できない、使用できない状態に陥ってしまうかもしれません。

また、下記動画のように異音やビープ音が鳴っている場合には通電は絶対しないようにしましょう。

今回は外付けハードディスクで起こるトラブルの解決方法を順を追って説明していきたいと思います。

目次

1-認識しない外付けハードディスクの各所確認
1-1-USBケーブルの問題
1-2-USBポートの問題
1-3-電源ケーブルの問題
1-4-外付けハードディスクのランプ点灯チェック

2-ハードディスク自体の異常であった場合
2-1-論理障害である可能性が高い
2-2-物理障害である可能性が高い

3-外付けハードディスクのデータ復旧方法
4-弊社でご依頼が多いHDD一覧
関連の記事・対処法など
無料で診断・調査してみる

認識しない外付けハードディスクの各所確認

・USBケーブルの問題

1:いちばん多いケースがUSB装置間のトラブルによる認識不能状態です。複数のUSB装置をパソコンに繋いでる状態では認識しない場合がよくあり、この場合は既存のほかUSB装置を抜いてほかUSBポートに繋ぐことで改善れる場合があります。

2:次に多いケースがUSBケーブルの問題で、当然USBケーブルに異常があった場合も、外付けハードディスクとしてパソコンでは認識しません。
また、ケーブルが長すぎる場合も問題が発生する場合があります。ケーブル関連トラブルだと判断した場合はケーブル交換のみで問題が解決されます。

・USBポートの問題

1:メインボードに内蔵されたUSBとは違い、IEEE1394はまだ別当のボードをパソコンに設置している場合、カードに異常があるか新しく設置したIEEE1394カードが、他カードとトラブルがあった場合はIEEE1394ポートを使えなくなります。IEEE1394カードが正常に動作しているかはデバイスマネージャで確認してみましょう。

・電源ケーブルの問題

1:外付けHDDはほとんど外部ACアダプタから電源を供給しているので、ACアダプタに異常があるか正常に繋いでない場合も当然動きません。通電が正常に行えているか、外付けハードディスクのランプが点灯しているかチェックしてみましょう。

外付けハードディスクのランプ点灯チェック

点灯しないの場合
・USBケーブル
・USBポート変更またはほかUSB装置を全て抜く
・電源ケーブル、ACアダプタ

点灯するの場合
フォーマットを正常に行っているか
デバイスマネージャーでの確認
・ハードディスク自体の異常

ハードディスク自体の異常であった場合

認識しない外付けHDDの原因が、内蔵されているHDDに異常が発生している場合、外付けハードディスクとして正常にパソコンから認識されず、ドライブとしての利用も当然行えません。
また、HDD異常が発生している状態は大きく分けて2つの障害があります。

その2つとは、システム異常やシステムエラーなどによる論理障害、部品破損などによる物理障害と言うもので、見分け方にも色々な方法があるのですが簡易的な見分け方として下記の方法があります。

・論理障害である可能性が高い
1:エラーメッセージがパソコン上で表示されている
2:USBアイコンが表示されている
3:コンピュータ(マイコンピュータ)にドライブまたはボリューム表示されている
4:デバイスマネージャにドライブ表示されている
5:BIOSにドライブ表示されている
論理障害で共通して言える事はどのような形であれ、外付けHDDがパソコン上で認識されていると言う事です。パソコン上で認識されている以上、HDDへのアクセスは可能であり、データ復旧が行える可能性が高くなります。
・物理障害である可能性が高い
1:パソコン上で全く認識していない
2:異音がしている
3:異臭がする
4:モーターが途中で停止する
5:モーターが回っていない
物理障害で共通している事はパソコン上で全く認識が出来ていないレベルであり、内部の部品で最も壊れやすいヘッドおよび磁気ヘッド損傷によるヘッドクラッシュ、ハードディスクを制御するPCB基盤の損傷が疑われます。ただし、「1:パソコン上で全く認識していない」と「2:異音がしている」に関しては論理障害でも起こり得る内容となるため、100パーセント物理障害と言い切れる訳ではありません。

外付けハードディスクのデータ復旧方法

個人でデータ復旧を行う場合、データ復旧ソフトを利用する方法があります。
しかし、この復旧方法の前提は、パソコン上でハードディスクが認識していなければなりません。

また、認識している状態であってもデータ復旧ソフトによっては復旧が行えない場合も少なくはありませんので、データ復旧ソフトの購入費用だけを浪費してしまう可能性もあるので、データ復旧ソフトを購入される際はその点を理解した上で行いましょう。

論理障害または物理障害であってもデータ復旧が必要である場合は、HDDを起動させなければなりません。
しかし、無理な起動を続ける事で論理障害から物理障害へ悪化、物理障害からより深刻な事態へ悪化してしまう事もあり、個人での作業では限界があると言えます。

保存されているデータの価値は所有されている方でしか見い出す事はできませんが、費用対効果でご自身でデータ復旧作業を行うか、プロであるデータ復旧業者へ依頼をするかご検討下さい。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

弊社でご依頼が多いHDD一覧

認識しないハードディスクからデータ復旧が可能だった成功事例とその他の事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

関連の記事・対処法など

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。