データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

フォーマットエラーが表示される

フォーマットエラーが表示される

ハードディスクが4,980円

パソコン

フォーマットエラーが表示される主な原因は、メディアを正しく認識されるシステムが破損していることで、フォーマットを促すエラーが出てしまい、メディアとして成り立っていない状態となります。

フォーマットエラー(Windows)フォーマットエラーMAC
※上の画像はWindowsパソコン、下の画像はMacintoshパソコン、エラー内容は一緒です。
この障害は比較的論理障害で対応することが多く、データも使用されていた状態でデータ復元がおこなえます。
フォーマットエラーは、どのメディアでも起きる障害の一つで、一番依頼を受ける障害でもあります。
原因についてはメディアの経年劣化、使用方法、使用頻度などが多いのですが、初期不良などでもおきるため、未然に防ぐことが難しいのです。

この他にも倒したり、落としたりと物理的な衝撃が加わった事により、フォーマットエラーが発生する場合もあります。
物理的な衝撃以外となりますが、急にデータへのアクセスに時間が掛かったり、フリーズしてしまったりと、前兆があることもあります。
こうした前兆は、電源を落としたり、接続を変えてみたりすると、元に戻ることが多いので、バックアップを取らず、直ったと勘違いされ、そのまま使用される方が多くおられます。
これは一時的なものですので、必ずまた同じ状態になったり、最悪な場合はメディア破損となります。
また、バックアップ最中でも、メディアに負荷が掛かり破損していしまうことも、少なくはありません。

【LAN接続HDDの場合】

LinkStation、TeraStationやLANDISKなどのLAN接続HDD(NAS)でも、筐体からハードディスクを取り外し外付けすると、複数のフォーマットエラーが表示されることがあります。

これは正常なHDDで起こる現象でこのフォーマットエラーは、WindowsやMacintoshのOSに対応していないので、フォーマットを行い使用できるよう各ファイル形式(ファイルシステム)へ変更するようにエラーが表示されているのです。

基本的にLAN接続HDDのファイルシステムは、XFSExt2Ext3Ext4が主流となっており、Linux OSと呼ばれるファイルシステムで成り立っており、NTFS(Windows OS)、HFSHFS+(Macintosh OS)では互換性が無いため、このようなエラーが表示されてしまうのです。

【データ復旧、復元方法】

基本的にフォーマットエラーのデータ修復は容易に行えますが、全ての状態が復元可能というわけではありませんので、無理な通電を避けていただき弊社までお問い合わせ下さい。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP