HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / よくあるHDD障害からの復旧方法 認識しない 起動できない アクセスできない

よくあるHDD障害からの復旧方法 認識しない 起動できない アクセスできない

ハードディスクが4,980円

初期対応とデータ復旧方法

突然ハードディスク起動できない、アクセスできない、認識しない、このような障害が発生したハードディスクは、ハードディスク本体が故障している可能性が疑われ、ハードディスクの故障にもいろいろな種類があり、大きく分けると論理障害物理障害があります。

今回は障害の内容とそれぞれの初期対応、データ復旧方法をご紹介します。

論理障害と物理障害の違い

・論理障害

論理障害は基本的にシステム情報が壊れてしまった場合や、ディレクトリ情報が破損しフォルダ名やファイル名が文字化けしている場合など、ドライブとして認識はしているものの障害によりアクセスが出来ない症状をいいます。

自分でデータを取り出すことができるような論理障害もあれば、弊社の様なデータ復旧業者でデータの修復や復元、データ復旧を依頼しないといけないものがあります。

これは、論理障害の中でも軽度障害から重度障害まで故障内容の原因によって異なるため、論理障害の挙動であるからといって簡易的にデータの復旧が行えるわけではないからです。

・物理障害

物理障害とは簡単に言ってしまえば、HDDの物理的な損傷が原因により、ドライブ認識が行えない症状をいいます。

例えば、カチカチと異音が生じるものやモーターが回転しないようなもの、基盤が焦げてしまったものや、煙が発生したものなどは物理障害となります。

この物理障害も故障の原因も様々ではあるのですが、多くのものが部品交換などの物理的措置が必要となる傾向にあります。

ただし、部品交換をすればいいというわけではなく、ハードディスクは精密機器のため塵や埃は大敵となり、通常の環境下でHDDを開封してしまうと、空気中の塵や埃がプラッタ(ディスク)に付着します。

付着しまたまま通電を行うと磁気ヘッドの先端に塵や埃が付着し、プラッタに傷をつけデータ復旧が困難になることや、復旧自体おこなえなくなる可能性が極めて高くなります。

また、部品交換などの物理的な作業も非常に難しことと、個人では互換性の合う部品入手も困難であるため、物理障害からデータ復旧を行う場合は、弊社の様な専門の復旧業者へ依頼することが最善となります。

論理障害か物理障害か確認する方法

ハードディスクが故障し起動できなくなったり、ドライブへアクセスできない場合の判断方法は、BIOSで確認することが簡易的となります。

BIOS上でHDDを認識している状態であれば論理障害であることが多く、逆にBIOS上でハードディスクを認識しない状態であれば、物理障害であることが多くあります。

また、HDDが認識しなくなったメディア外付けHDDである場合は、ケースからハードディスクを取り外しパソコンに直接接続を行うか、専用の変換ケーブルを利用し外付け化してみましょう。

OSの入った起動ディスクに問題が生じている場合は、正常なパソコンに直接繋げて確認し、ハードディスクがBIOS上で認識している場合は、OSデータのシステムエラーや起動させるために必要なシステムデータ破損であることがあり、起動ディスクとして使用することはできなくても、データディスクとして認識することができる場合があります。

エラー表示された場合

「論理障害か物理障害か確認する方法」で直接ハードディスク接続を行った際に、画面上にエラーメッセージが表示される場合があります。

エラーメッセージは複数あるのですがその中でも特に多いのが、「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」「パラメーターが間違っています」「I/Oデバイスエラーが発生したため、要求を実行できませんでした」「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません」が代表的なエラーメッセージであり、このエラーメッセージも同様にドライブへアクセスが出来ない障害となっています。
「フォーマットする必要があります」表示からデータ復旧を行う
「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
【対処法】I/Oデバイスエラーが起こる原因【データ復元】
修復「ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」と表示されたエラー
上記のエラーメッセージが表示される場合はデバイスドライバがインストールされ、ハードディスクとして認識している状態ではあるのですが、システムに何らかの異常が発生しているためHDDへのアクセスができない状態であり、基本的には軽度から重度までの論理障害を引き起こしている可能性があります。

異音が発生、駆動しない場合

直接接続を行ってもハードディスクがモーターが回転しない、機械音(カチカチ、カタカタ)や電子音(ピーピー、プープー)の異音が発生している場合、多くのものが部品交換が必要な重度の物理障害である可能性が高くなります。

ただし、可能性が高くなるというだけで「確定」ではありません。

モーター回転しなかったり駆動しない場合や異音が発生していても、ケーブル関係の劣化や基板損傷などでシステムエラーと認知し、部品が正常動作をしていないという場合も考えられます。

異音がする、駆動しない=物理障害 というわけではない、ということを覚えておきましょう。

データ復旧させるには

弊社の様な復旧業者へ依頼する他に個人で対応するには、フリーソフトや市販ソフトを利用する方法があります。

しかし障害が起こっているハードディスクを無理に通電し、駆動させたことが原因で壊れてしまうことや、HDDの状態を悪化させてしまう可能性が高くなり、データの復旧が不可能になってしまう場合もあります。

このような状態になってしまうのはハードディスクに対し何の処置も行わず作業を進めるため、不良セクタが原因である場合は状態悪化に繋がるリスクがあるので、その点を十分に理解しデータ復旧作業を行う必要があります。

どのような状態でも無理な通電はハードディスクの悪化に繋がる危険性が増すので、どうしてもご自身で作業される場合は回数を決めておく方がいいかもしれません。

ハードディスクが起動できなくなったり、アクセスできなくなった場合は、少なからずHDDの故障は発生していますので、これ以上の通電はやめ、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせください。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

認識しない外付けハードディスクのデータ復旧/対処方法
【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法
【HDD】バッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合【NAS】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】
外付けHDDの故障、利用方法、データ復旧方法をご紹介
【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】
【外付けHDD】ローカルディスク表示でアクセスできない場合の対処方法【USB接続】
認識しない外付けHDDからデータ復旧を行う方法は?
外付けハードディスクが認識しないその理由とは?
外付けHDD(ハードディスク)が認識しない時の対処方法

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP