スポンサーリンク
スポンサーリンク

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

3Aデータ復旧スタッフブログ

エラーメッセージが表示される、LAN接続ハードディスクが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の通電や誤使用によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。

このページでは

LAN接続可能なHDD内部のデータにアクセスできない場合やハードディスクが認識しない場合の対処方法等を紹介しているページになります。

HDDやメディアにアクセスできない場合に絶対してはいけない事

データ復旧と聞くと異常のあるUSB接続の外付けHDDやLAN接続ハードディスクであるNASRAID(レイド)、USBメモリ(USBメモリー)、SDカードmicroSD)などをパソコンに繋げ、復旧ソフトを起動し設定を行って後は解析が終わるまで待つ、そういうイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、全ての障害が上記の対応で可能かと言うとそうでは無く、障害の内容や異常が起きているメディアの種類によって、データ復旧方法のアプローチを変えていかなくてはなりません。

ハードディスクなどメディアに異常が発生してしまった場合に行ってはいけないのが通電です。

通電を行ってしまうと状態の悪化や保存データの破損が起こる可能性が高く、データが破損してしまってはデータを取り出せたとしても閲覧することは使用する事ができなくなってしまいます。また状態の悪化により、内部部品の破損も考えられ、最悪の場合部品の取り換え等が必要になる事もあり、業者によっては高額な費用が必要な場合も出てきてしまいます。

大切なデータが見れなくなったりアクセスできなくなってしまうと不安になり、いろいろな方法を試したくなる気持ちはわかりますが、データの救出を行いたいのであれば、安易な通電は控える事をおすすめします。

また、ハードディスクから電子音や異音が聞こえる場合の通電は絶対に行わないでください。内部部品や保存データが破損してしまう恐れがあります。

異音や電子音は下記動画をご参考にどうぞ。

データ復旧の流れ│ハードディスク

一口にハードディスクと言ってもいろいろな種類があり、パソコンやサーバに内蔵されている物や、家庭用電源から電源供給を行う据え置き型や、USBケーブル一本で電源供給を行うポータブル型HDDも外付けハードディスクに位置付けされます。

今ではUSB接続やLAN接続が主流となっていますが、もっと細かく書けばUSBでもUSB1.1、USB2.0、USB3.0、最近ではほとんど利用する事はありませんがeSATA接続などもありました。

また、USB3.0の上位互換であるUSB3.1が発表され、2015年3月にApple社から発売されたMacBookには、USB3.1 Gen1対応のUSB3.1 Type-Cポートを採用されており、この他にもApple社のMac製品にはFireWire 4pin、FireWire 400 6pin、FireWire 800 9pinのFireWire、Thunderbolt、Thunderbolt2、Thunderbolt3のThunderboltがあり、Thunderbolt3に関してはこれまで独自のコネクタ形状からUSB3.1 Type-Cへと共通化されています。

werhfauiweiawlga

外付けHDDの大きさや接続方法はいろいろな種類がありますが、実はどの外付けハードディスクも基本的な構造は同じで、画像を見て頂ければ分かるように大きく分け3つのパーツで構成されています。

他社での診断方法はわかりませんが、安心安全安価データ復旧サービスのデータ復旧の流れは、まずケースからハードディスクを取り外す事を行います。

ケースからハードディスクを取り外す理由として、画像青枠のケース側基板を通す事により、解析速度低下を回避させる事と、基板障害の可能性を無くす事も重要ですが、最も重要なのはハードディスクのクローンを作成する必要があるのです。

対象となるハードディスクをそのまま解析してしまってもいいのですが、解析を行うという事はHDDを通電し起動させる事になるため、最悪の場合のハードディスク状態によっては損傷の悪化、物理的な破損に繋がる可能性があります。

個人でデータ復旧作業される方はこのクローン工程を飛ばし、対象ハードディスクをそのまま解析してしまっていると思います。

クローン作成にも当然ハードディスクを起動させなくてはなりません。ただ、弊社独自解析機器では無理な動きをさせずに、クローン作成が出来るようプログラムを組み、システムとして構築させております。クローン作成ツールとは比べ物にならない程、格段に違うシステムでハードディスクの状態を確保します。

データ復旧させるために行っていた作業が、悪化し壊れたとなってしまっては意味がありません。

ハードディスクの種類とインターフェース(接続方式)

hdd
インターフェイス

大きさは3.5インチと2.5インチが主流となっており、この形に見慣れた方も多いと思います。デスクトップパソコン、サーバ内蔵や据え置き型外付けHDDでは3.5インチを起用し、ノートパソコンやポータブル型ハードディスクには2.5インチが起用されています。
主なインターフェース(接続方式)はSATA(シリアルATA)がメインとなっていますが、古いものだとIDE接続のハードディスクもあります。

小型化の技術が進歩し5インチや8インチ等の大きなサイズは、90年代中頃までには市場からほとんど消え、小型カメラや携帯音楽プレイヤー向けに1インチ(マイクロドライブ)や0.85インチの物もありましたが、こちらもフラッシュメモリとの競合により現在では、ほぼ見かける事はありません。しかし、デジタルビデオカメラや一部ノートパソコンでは1.8インチのHDD、SSDが搭載されている物があります。

MacBook Air フラッシュストレージ
MacBook Air フラッシュストレージ

2008年1月にApple社から発売されたMacBook Airには、一般的なJEDEC準拠のコネクタではなく独自のコネクタを採用したフラッシュストレージ(SSD)が搭載されるようになりました。また、MacBook Airのモデルでコネクタの形状がそれぞれ微妙に異なっており、2010年から2012年まではSATAでしたが、2013年にはさらなる高速化のためにPCIeに切り替えています。

ハードディスクの内部構造

hdd構造
P01_hd_logical

ハードディスクの内部構造はとてもシンプルなのですが、プラッタ(ディスク)と磁気ヘッドの間隔は約0.02μm(μmは100万分の1m)と非常に狭い状態で動いています。データを記録するプラッタにはシリンダトラッククラスタセクタがあり、クラスタは4つのセクタで生成し、データはセクタブロックに分けて記憶させています。このセクタに異常がある事を不良セクタと言い、この不良セクタは製造時段階でもいくつか存在し、出荷検査の段階で使用されないようにマークされています。

使用開始後にもハードディスク内部への塵埃の混入やプラッター表面の薬剤の劣化、磁気ヘッドの劣化等により、新たに不良セクタが発生します。

不良セクタは人間で例えるところの「癌細胞」のようなもので、不良セクタが発生した状態で通電を続けると、付近のセクタを次第に浸食することがあり、リードエラー(読み取りエラー)の増加、読み取り速度の低下を引き起こし、最終的にまったく反応しない状態に陥ることがあり、こうした症状のハードディスクにはチェックディスク(スキャンディスク)、データ復旧ソフトなど、ハードディスクに負担をかける処置は悪化する危険があります。

正しいデータ復旧方法

障害が発生したハードディスクが現状どのような障害が発生しているのか、どの程度の障害であるのか、どう対処すれば効果的なのか、見極めるには知識と経験が必要となります。

また、如何にハードディスクへの負担を軽減させるのかも重要となり、データ復旧ソフトなどハードディスクを制御出来ないツールでは、取り出せるデータも取り出せないでしょう。

状態制御を行えるハードディスクのクローンを作成、障害に対した正しい解析方法、システム情報などの書き換え、解体などを行う際のクリーンルーム設備やドナーとなるパーツの確保、解体を行う技術と経験が復旧率を高める鍵となります。

データの重要性が高ければ高い程、障害が発生した際は一切作業されず、プロである安心安全安価データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

弊社でご依頼が多いHDD一覧

認識しない、アクセスできないUSB接続/LAN接続HDDからデータ復旧が可能だった成功事例とその他の事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

バッファロー(BUFFALO)社製のハードディスク

据え置きHDD

HD-TDAシリーズ

HD-TDA6U3/ HD-TDA4U3/ HD-TDA2U3

HD-LSU2Cシリーズ

HD-LS1.0TU2C/ HD-LS2.0TU2C

HD-LCU3シリーズ

HD-LC1.0U3-BK/ HD-LC1.0U3-WH/ HD-LC2.0U3-BK/ HD-LC2.0U3-WH/ HD-LC3.0U3-BK/ HD-LC3.0U3-WH/ HD-LC4.0U3-BK

HD-CLU2/Nシリーズ

HD-CL500U2/N/ HD-CL1.0TU2/N/ HD-CL1.5TU2/N/ HD-CL2.0TU2/N

HD-LDFシリーズ

HD-LDF4.0U3-BA/Y/ HD-LDF3.0U3-BA/Y/ HD-LDF2.0U3-BA/Y

HD-LDSシリーズ

HD-LDS8.0U3/ HD-LDS6.0U3/ HD-LDS4.0U3/ HD-LDS3.0U3/ HD-LDS2.0U3/ HD-LDS1.0U3

HD-LDU3シリーズ

HD-LD4.0U3/ HD-LD3.0U3/ HD-LD2.0U3/ HD-LD1.0U3

HD-LEシリーズ

HD-LE8U3/ HD-LE6U3/ HD-LE4U3/ HD-LE3U3/ HD-LE2U3/ HD-LE1U3

HD-LEMU2シリーズ

HD-LEM2.0TU2/YJ/ HD-LEM1.0TU2/YJ/ HD-LEM2.0TU2/Y/ HD-LEM1.5TU2/Y/ HD-LEM1.0TU2/Y

HD-LLDU3シリーズ

HD-LLD4.0U3/ HD-LLD3.0U3/ HD-LLD2.0U3/ HD-LLD1.0U3

HD-LLU3/Mシリーズ

HD-LL4.0U3/ HD-LL3.0U3/ HD-LL2.0U3/ HD-LL1.0U3

HD-LXU3Dシリーズ

HD-LX8.0U3D/ HD-LX6.0U3D/ HD-LX4.0U3D/ HD-LX3.0U3D/ HD-LX2.0U3D/ HD-LX1.0U3D

HD-NRCDシリーズ

HD-NRCD8U3/ HD-NRCD6U3/ HD-NRCD4U3/ HD-NRCD2U3

HD-NRLCシリーズ

HD-NRLC4.0/ HD-NRLC3.0/ HD-NRLC2.0

HD-NRLDシリーズ

HD-NRLD8.0U3/ HD-NRLD6.0U3/ HD-NRLD4.0U3/ HD-NRLD3.0U3/ HD-NRLD2.0

HD-LBU2シリーズ

HD-LB2.0TU2/ HD-LB1.5TU2/ HD-LB1.0TU2/ HD-LB500U2

HD-LBU3/YDシリーズ

HD-LB2.0U3/YD/ HD-LB1.0U3/YD

HD-LBVU2/Nシリーズ

HD-LB2.0TU2/N/ HD-LB1.0TU2/N

HD-LBVU3シリーズ

HD-LBV4.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3

HD-LBU3Cシリーズ

HD-LB1.0TU3-BKC/ HD-LB1.0TU3-WHC/ HD-LB2.0TU3-BKC/ HD-LB2.0TU3-WHC

HD-CBU2シリーズ

HD-CB500U2/ HD-CB500U2-WH/ HD-CB1.0TU2/ HD-CB1.0TU2-WH HD-CB1.5TU2/ HD-CB1.5TU2-WH/ HD-CB2.0TU2/ HD-CB2.0TU2-WH

HD-PCTU3-Bシリーズ

HD-PCT1TU3-BB/ HD-PCT1TU3-BW/ HD-PCT1TU3-BBJ/ HD-PCT1TU3-BWJ

HD-PVU2/Nシリーズ

HD-PV320U2-BK/N/ HD-PV500U2-BK/N

HD-SQS-Aシリーズ

HD-SQS4U3-A

HD-ACDU3シリーズ

HD-ACD8U3/ HD-ACD6U3/ HD-ACD4U3/ HD-ACD2U3

HD-ACDU3シリーズ

HD-AD8U3/ HD-AD6U3/ HD-AD4U3/ HD-AD3U3/ HD-AD2U3

HD-AVSU3シリーズ

HD-AVS2.0U3/V/ HD-AVS1.0U3/V

HD-AVSVU3シリーズ

HD-AVSV3.0U3/V

HD-CBU2/Yシリーズ

HD-CB2.0TU2/Y/ HD-CB1.5TU2/Y/ HD-CB1.0TU2/Y

HD-CD-Aシリーズ

HD-CD2U3/ HD-CD4U3/ HD-CD6U3/ HD-CD8U3

HD-CNU2シリーズ

HD-CN1.0TU2/ HD-CN1.5TU2/ HD-CN500U2

HD-CYU2シリーズ

HD-CY1.0TU2

HD-ECDシリーズ

HD-ECD3.0-B/ HD-ECD2.0-B

HD-EDCシリーズ

HD-EDC2U3/ HD-EDC4U3/ HD-EDC6U3/ HD-EDC8U3

HD-EDSシリーズ

HD-EDS8U3/ HD-EDS6U3/ HD-EDS4U3-BC/ HD-EDS2U3

HDE-LDAシリーズ

HDE-LDA6U3/ HDE-LDA4U3/ HDE-LDA2U3/ HDE-LDA1U3

HD-GDU3Dシリーズ

HD-GD8.0U3D/ HD-GD6.0U3D/ HD-GD4.0U3D/ HD-GD3.0U3D/ HD-GD2.0U3D

HDJ-LDA-シリーズ

HDJ-LDA2U3-BA

HDV-LEシリーズ

HDV-LE4U3/ HDV-LE2U3
ポータブルHDD