スポンサーリンク
スポンサーリンク

【対処方法】HDDが「パラメーターが間違っています」と表示【データ復旧】

外付けHDD 3Aデータ復旧スタッフブログ
パラメータが間違っています

パラメーターエラーはなぜ起こる?その原因はいろいろありますが、パソコンに増設したHDDにアクセスしようとすると、突然エラーが発生し「パラメータが間違っています。」と表示され、ハードディスクにアクセスできなくなるという場合、ハードディスクに何らかの故障や障害が発生している可能性があります。

またパラメーターが間違っていますというエラーはパソコン側がハードディスクと認識させる部分、システム領域に何等かのエラーが発生している可能性がとても高く、この場合に通電を行うと状態が悪化してしまい、HDD内部に保存しているデータが破損してしまう可能性があります。

また基盤情報が読み取れていない場合にもこのパラメーターエラーというものが発生してしまうこともありますので、通電を行うと最悪機器の破損に繋がってしまう可能性も考えられます。

機器の破損につながると故障部分を取り合えなければいけないのでデータ復旧の費用が高額になってしまう可能性もありますので、HDDがエラーで読み込めないときにしてはいけない事とはハードディスクの調子が悪いと感じたら通電は行わないようにしてください。

ハードディスクにアクセスするとエラーメッセージが表示されてしまい、HDDの保存データにアクセスできない場合は最新の注意が必要となります。

エラーメッセージが表示される、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の通電や誤使用によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。

このページはハードディスク接続時にパラメーターが間違っていますと表示された場合の対処方法などを紹介しているページになります。

HDDが「パラメーターが間違っています」と表示された場合の対処方法

内蔵HDDのアクセスすると「パラメータが間違っています。」と表示されてしまう場合、その該当HDDに何らかの異常があることは確実ですので修復作業が必要です。

まずは、内蔵HDDですのでパソコンの電源を切り、HDDの接続を確かめましょう。

簡単な処置として、内蔵ハードディスクの接続ケーブルや電源ケーブル交換し、再度パソコンの電源を入れどうようのエラーメッセージが表示されるか確認しましょう。

外付けハードディスクで「パラメータが間違っています。」とエラーが発生した場合、外付けHDDをケースから取り外し、専用ケーブルやケースを使用して外付け化し、パソコンに接続することでハードディスクを認識し、アクセスできる場合があります。

同様に、ケーブルを交換したことで認識できる場合がありますので、ケーブル交換も試してみましょう。

もし、認識が可能な場合、そのまま継続使用することは避け、バックアップしましょう。

この状態で認識するまでに至っても、今後認識しなくなる危険性がありますので、HDDにアクセスできる場合は、速やかに別のHDDにデータの取り出しをしましょう。

HDDが「パラメーターが間違っています」と表示された場合の復元/復旧方法

接続の変更により認識する程度の障害状況であれば何も問題はありませんが、ケーブルを変えても同様にエラー表示があったり、「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」という別のエラーが出た場合、修復作業やデータ復旧作業を行わなければデータの取り出しはできません。

対処方法を試しても「パラメータが間違っています。」とエラーメッセージが表示される場合は、エラーチェックを試してみましょう。エラー修復を行うことにより運よく認識する場合があります。

それでも認識しない場合や「フォーマットしますか?」とエラーが発生してしまう場合は、データ救出のためにはデータ復旧作業が必要となります。
フォーマットエラーが表示される

パラメーターが間違っています。のエラーを修復ソフトでの修復する場合

データ復旧が必要な場合、市販のソフトなどを利用し復旧できる場合もありますが「パラメータが間違っています。」というエラーの場合はソフトで修復できないものもあり、重要なデータを保存している場合はデータ復旧会社を利用した方がいいでしょう。

また、ソフトを使いデータを取り出すという作業は、無料ソフトや市販されているソフトではHDDに負荷がかかってしまうので、何度も「挑戦はできない」と考えましょう。

ご自身でデータ復旧ができる場合ももちろんありますが、HDDの故障レベルが悪ければ作業を行ったことが原因で、HDDがまったく認識しない状態に悪化することもあります。

最悪の場合、専門のデータ復旧業者でも復旧ができなくなるということもありますので、重要なデータであれば迷わず専門のデータ復旧サービス会社に依頼をおすすめします。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

エラー発生時の安全策

故障したHDDに何度もアクセスしたり、通電をするということは控えるようにしましょう。

通常は問題なくアクセスできていたハードディスクなのですから、アクセスできない以上何らかの故障や障害が発生しています。

その状態で継続してHDDを稼働させてしまうと、障害の状態がさらに悪化し、故障していなかった部分も壊れてしまう危険性があります。

HDDにアクセスできない状況になってしまった場合、対処方法以外の作業はせず、データ復旧作業やメーカー、データ復旧業者に相談してみる方がいいでしょう。

また、メディアから下記動画のような電子音や異音が発生している場合の通電は絶対に行わないでください。

弊社データ復旧サービスでは安心してご利用いただく為に、無料で診断・調査を行っていますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

弊社でご依頼が多いHDD一覧

パラメーターが間違っていますなどエラーが発生しているハードディスクからデータ復旧が可能だった成功事例とその他の事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

バッファロー(BUFFALO)社製のハードディスク

据え置きHDD

HD-TDAシリーズ

HD-TDA6U3/ HD-TDA4U3/ HD-TDA2U3

HD-LSU2Cシリーズ

HD-LS1.0TU2C/ HD-LS2.0TU2C

HD-LCU3シリーズ

HD-LC1.0U3-BK/ HD-LC1.0U3-WH/ HD-LC2.0U3-BK/ HD-LC2.0U3-WH/ HD-LC3.0U3-BK/ HD-LC3.0U3-WH/ HD-LC4.0U3-BK

HD-CLU2/Nシリーズ

HD-CL500U2/N/ HD-CL1.0TU2/N/ HD-CL1.5TU2/N/ HD-CL2.0TU2/N

HD-LDFシリーズ

HD-LDF4.0U3-BA/Y/ HD-LDF3.0U3-BA/Y/ HD-LDF2.0U3-BA/Y

HD-LDSシリーズ

HD-LDS8.0U3/ HD-LDS6.0U3/ HD-LDS4.0U3/ HD-LDS3.0U3/ HD-LDS2.0U3/ HD-LDS1.0U3

HD-LDU3シリーズ

HD-LD4.0U3/ HD-LD3.0U3/ HD-LD2.0U3/ HD-LD1.0U3

HD-LEシリーズ

HD-LE8U3/ HD-LE6U3/ HD-LE4U3/ HD-LE3U3/ HD-LE2U3/ HD-LE1U3

HD-LEMU2シリーズ

HD-LEM2.0TU2/YJ/ HD-LEM1.0TU2/YJ/ HD-LEM2.0TU2/Y/ HD-LEM1.5TU2/Y/ HD-LEM1.0TU2/Y

HD-LLDU3シリーズ

HD-LLD4.0U3/ HD-LLD3.0U3/ HD-LLD2.0U3/ HD-LLD1.0U3

HD-LLU3/Mシリーズ

HD-LL4.0U3/ HD-LL3.0U3/ HD-LL2.0U3/ HD-LL1.0U3

HD-LXU3Dシリーズ

HD-LX8.0U3D/ HD-LX6.0U3D/ HD-LX4.0U3D/ HD-LX3.0U3D/ HD-LX2.0U3D/ HD-LX1.0U3D

HD-NRCDシリーズ

HD-NRCD8U3/ HD-NRCD6U3/ HD-NRCD4U3/ HD-NRCD2U3

HD-NRLCシリーズ

HD-NRLC4.0/ HD-NRLC3.0/ HD-NRLC2.0

HD-NRLDシリーズ

HD-NRLD8.0U3/ HD-NRLD6.0U3/ HD-NRLD4.0U3/ HD-NRLD3.0U3/ HD-NRLD2.0

HD-LBU2シリーズ

HD-LB2.0TU2/ HD-LB1.5TU2/ HD-LB1.0TU2/ HD-LB500U2

HD-LBU3/YDシリーズ

HD-LB2.0U3/YD/ HD-LB1.0U3/YD

HD-LBVU2/Nシリーズ

HD-LB2.0TU2/N/ HD-LB1.0TU2/N

HD-LBVU3シリーズ

HD-LBV4.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3J/ HD-LBV3.0TU3

HD-LBU3Cシリーズ

HD-LB1.0TU3-BKC/ HD-LB1.0TU3-WHC/ HD-LB2.0TU3-BKC/ HD-LB2.0TU3-WHC

HD-CBU2シリーズ

HD-CB500U2/ HD-CB500U2-WH/ HD-CB1.0TU2/ HD-CB1.0TU2-WH HD-CB1.5TU2/ HD-CB1.5TU2-WH/ HD-CB2.0TU2/ HD-CB2.0TU2-WH

HD-PCTU3-Bシリーズ

HD-PCT1TU3-BB/ HD-PCT1TU3-BW/ HD-PCT1TU3-BBJ/ HD-PCT1TU3-BWJ

HD-PVU2/Nシリーズ

HD-PV320U2-BK/N/ HD-PV500U2-BK/N

HD-SQS-Aシリーズ

HD-SQS4U3-A

HD-ACDU3シリーズ

HD-ACD8U3/ HD-ACD6U3/ HD-ACD4U3/ HD-ACD2U3

HD-ACDU3シリーズ

HD-AD8U3/ HD-AD6U3/ HD-AD4U3/ HD-AD3U3/ HD-AD2U3

HD-AVSU3シリーズ

HD-AVS2.0U3/V/ HD-AVS1.0U3/V

HD-AVSVU3シリーズ

HD-AVSV3.0U3/V

HD-CBU2/Yシリーズ

HD-CB2.0TU2/Y/ HD-CB1.5TU2/Y/ HD-CB1.0TU2/Y

HD-CD-Aシリーズ

HD-CD2U3/ HD-CD4U3/ HD-CD6U3/ HD-CD8U3

HD-CNU2シリーズ

HD-CN1.0TU2/ HD-CN1.5TU2/ HD-CN500U2

HD-CYU2シリーズ

HD-CY1.0TU2

HD-ECDシリーズ

HD-ECD3.0-B/ HD-ECD2.0-B

HD-EDCシリーズ

HD-EDC2U3/ HD-EDC4U3/ HD-EDC6U3/ HD-EDC8U3

HD-EDSシリーズ

HD-EDS8U3/ HD-EDS6U3/ HD-EDS4U3-BC/ HD-EDS2U3

HDE-LDAシリーズ

HDE-LDA6U3/ HDE-LDA4U3/ HDE-LDA2U3/ HDE-LDA1U3

HD-GDU3Dシリーズ

HD-GD8.0U3D/ HD-GD6.0U3D/ HD-GD4.0U3D/ HD-GD3.0U3D/ HD-GD2.0U3D

HDJ-LDA-シリーズ

HDJ-LDA2U3-BA

HDV-LEシリーズ

HDV-LE4U3/ HDV-LE2U3
ポータブルHDD