HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 外付けHDDが転倒/落下し認識しない!こんな時の注意点と復旧方法
HDD(ハードディスク)

外付けHDDが転倒/落下し認識しない!こんな時の注意点と復旧方法


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

転倒や落下させ認識しなくなった外付けHDDは取り扱いに注意が必要

ケーブルを引っかけてしまったり、模様替えや引っ越し作業中に外付けHDDを転倒/落下させ、ハードディスクとして認識しない場合やハードディスクから異音が聞こえ、保存データが読み取れなくなった場合の注意点と復旧方法をご紹介します。

外付けHDDを転倒/落下させてしまった場合の注意点

使用中・待機中問わず外付けHDDを落下させてしまった場合、障害の多くが外付けHDDに内蔵されているハードディスク自体の物理的故障(物理障害)が疑われ、ご自身でデータ復旧することは不可能となりますで、解体作業が行える復旧業者へご依頼いただく必要があります。

使用中の落下である場合、ハードディスク内部のプラッタは高速回転している状態であり、データの読み書きを行うため、読み取り部品のヘッドが可動している状況です。

そんな中、落下させたりするとヘッドの先端で非接触である磁気ヘッドディスクに接触し、プラッタを傷をつけてしまったり、ヘッドが折れ曲がってしまったりといった破損、ヘッドクラッシュが起こります。

外付けHDDを転倒/落下後の復元作業方法

転倒/落下させた際データの復元が必要であれば、ヘッドクラッシュの可能性を考慮し電源を入れてはいけません。

仮に壊れた部品がプラッタに接触した状態で回転をさせれば、プラッタが削れてしまいますし、ヘッドが壊れていただけであっても、通常通り読み込みをしようとヘッドが稼働したことにより、ディスクに損傷を与えてしまうということは少なくありません。

読み取りヘッド部品の破損であれば、部品交換を行うことでデータ復旧の可能性はありますが、プラッタに傷がついてしまった場合、ディスク情報を検出することができなくなるため、破損部品の交換を行ってもデータ復旧することができなくなります。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

外付けHDDが認識しない・異音がする場合は?

落下させ通電された場合、シークタイムに時間がかかる、カチカチと異音が聞こえてきたり、シャーと擦れるような異音がしたり、モーターの回転が止まってしまうような症状が確認されれば、物理障害の可能性が極めて高く、解体作業が必要ですので無理な通電は止めて下さい。

「データを読み込みできるかもしれない」と電源を入れれば入れる程、データ復旧の可能性は低下し最悪プラッタに傷がつき、復旧自体不可能となる可能性が高くなります。

どうして個人で解体してはいけないのか

ハードディスク内部の部品が壊れてしまった場合、塵や埃の無いクリーンルーム内でなければ解体作業を行えず、互換性の合う部品交換をしなければデータ復旧の見込みはありません。

空気中の目に見えない塵や埃はハードディスクの内部ディスクにとって致命的ですので、間違っても通常環境下でハードディスクを開封してはいけません。

外付けHDDから異音がしない場合は?

落下させた場合であっても、部品が壊れていないケースもあります。

ですが、通電中に落下させたのであれば、磁気ヘッドがプラッタに接触する可能性もありますので、データを復旧したいのであれば、ただちにデータ復旧業者へご相談いただく方がいいでしょう。

はっきり言って、ご自身で作業をすればする程、データ復旧の可能性は低下します。

絶対に解体しなければいけないの?

実際にご相談/ご依頼を受け診断を行うと、部品交換をしなければ復旧できないケースが比較的多いですが、部品交換をせずにデータを検出できる場合も少なからずあります。

ご自身では判断しづらい障害状況ではありますが落下させてしまった場合は、物理障害を引き起こす可能性が高く、選ぶ業者によって費用差があるので御予算検討の上、依頼するデータ復旧業者を選びましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

HDDから異音がする原因とデータを取り出す方法は
異音が発生した外付けHDD データを復旧させる方法
認識しない 動かない 異音がする ランプ点灯しない等の外付けHDDからの復旧
【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】
電源が入らなくなった外付けハードディスクからデータ復旧を行う
外付けHDDを倒し/落とし異音が発生し認識しない…物理障害と診断された場合
NASのデータ復旧は難しい?システムダウンや異音からのデータ復旧
復元外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法復旧
内蔵ハードディスクが突然故障してしまった場合の対処と復旧方法
復旧認識できないハードディスクを認識させる方法原因
外付けハードディスクが認識しないその理由とは?
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法
外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
Win認識しない外付けハードディスクからデータを復旧Mac
HDDバッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合NAS
HDDハードディスクが認識しない場合によくある故障復旧
外付けハードディスクが故障!?慌てず確認、復旧方法をご紹介

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP