データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される

巡回冗長検査(CRC)エラーと表示される

ハードディスクが4,980円

巡回冗長検査CRCエラー

ハードディスク光ディスクなどのメディアは、データ記録面に物理的なエラーが起き、データが読めなくなった状態で、記録面に細かな目に見えない傷などの障害で、データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。と表示されるエラーが発生します。

目次
1-巡回冗長検査(CRC)エラーとは
2-巡回冗長検査CRCエラーが出ている時の注意事項
2-1-チェックディスク(エラーチェック)
3-巡回冗長検査CRCエラーが出てた場合のデータ復旧方法
3-1-TestDiskを利用する
3-2-データ復旧ソフトを利用する

4-より安心して巡回冗長検査CRCエラーからデータ復旧を行う場合

【1-巡回冗長検査(CRC)エラーとは】

こちらの巡回冗長検査(CRC)エラーはよくあるエラーメッセージの紹介と対処法でも紹介していますが、比較的多いエラーとなります。ハードディスクは密閉されているので本来傷は付きにくいのですが、衝撃に弱い事と経年劣化などによりヘッドが損傷し、タイミングが悪ければ磁気ヘッドプラッタを傷をつけ、ヘッドクラッシュしてしまうこともあります。
また、傷だけが原因ではなく磁気エラーによりデータ読み取りが不可能となり、表面上巡回冗長検査(CRC)エラーが起きている場合もあります。

このように、プラッタが傷ついた場合や磁気エラーが起きてデータが読めないエラーの事を「クラスタエラー」「セクタエラー」と言い、一度エラーが起きると自動的に直ることは絶対になく、更にそこが引き金となって他の箇所にも蔓延し、エラーを広げてしまうので、個人でのデータ復旧作業や出来る限り無理な通電を止めていただき、お問い合わせいただくことを強くおすすめいたします。

【2-巡回冗長検査CRCエラーが出ている時の注意事項】

2-1-チェックディスク(エラーチェック)

巡回冗長検査CRCエラーが発生した時チェックディスク(スキャンディスク)を行えば直る」と紹介されているページもありますがこれは誤りです。
チェックディスクはHDDのエラーをチェックする」というものでは無く、本来はファイルシステムのエラーをチェックし修復する」ための物で、セクタエラー(しかもクラスタ単位)のチェックに限定されます。
なので、すでにファイルシステムでセクタエラーが検出されている以上、チェックディスクを行っても全く意味が無いばかりか、
逆にチェックディスクはハードディスクへの負担が大きいため、かなりの確率で症状を悪化させてしまう事があります。

【3-巡回冗長検査CRCエラーが出てた場合のデータ復旧方法】

3-1-TestDiskを利用する

Testdiskはブートセクタの修復に関して非常に優れたツールで、MBR(マスターブートレコード)のみならず、PBR(パーティションブートレコード)も修復する事が可能で、パーティションテーブル(パーティション情報)が損傷した事が原因で、パーティションを認識できなくなってしまった時のリカバリーソフトとなります。ハードディスク上に点々と散在する残骸から、パーティションの位置・サイズ・種類などを拾い出す能力は、フリーソフトでありながら市販のソフトを上回るものを持ってはいますが、専門知識を必要とするのでお試しされる方はTestdiskの使い方をよく調べてから行って下さい。使い方を誤れば完全に状態が悪化してしまいます。

3-2-データ復旧ソフトを利用する

データ復旧ソフトはインターネット上に数多く出回っており、市販ソフトやフリーソフトなど種類も豊富です。
フリーソフトであるデータ復旧ソフトは海外版である事が多く、基本的に日本語表記で無いため使い辛く、市販版を購入される方が多くおられますが、市販版を購入される前にお試し版があれば、まずデータ復旧が可能か確認を行いましょう。
ただし、データ復旧ソフトの使い方を誤るとデータ復元が難しくなってしまったり、メディア状態を把握していなければ悪化させ、最悪の場合メディアそのものが壊れてしまう事も少なくはありません。
データ復旧ソフトを利用される場合はこちら【対処】壊れたHDDのデータ復元は可能?サルベージ方法と復旧ソフトを利用したデータ修復をご覧ください。

【4-より安心して巡回冗長検査CRCエラーからデータ復旧を行う場合】

ご自身で行うデータ復旧作業やデータ復旧ソフトでは限界があり、データ復旧ソフトを使いこなす知識はもちろんの事、データ復旧対象となるメディアの知識はある程度つけておかなくてはなりません。
自分で何とか復旧させようと思う気持ちと行動は決して悪い事ではありませんが、データの復旧が出来なければ全く意味がありませんし、データ復旧ソフトをもし購入されていたらその購入代金も無駄となるでしょう。
軽度な障害であれば何とかなる場合もありますが、「巡回冗長検査CRCエラー」は基本的にセクタ単位でのエラーである事が多く、判断を見誤るとエラーがどんどん広がってしまい、弊社のようなデータ復旧を専門に取り扱っているプロでも難しくなります。

ここで一番注意しなければいけない事とは、データを復元・救出するのには「挑戦回数」があると思ってください。無料のソフトは市販されている個人レベルで手にいれる事が出来るソフトというのは、メディアにかなりの不可をかけてしまいます。初期状態でデータ復旧の専門業者に相談していれば取り出せたデータも、上記で書いたように、状態の悪化・データの破損により二度とデータを取り出すことが出来なくなる可能性があるという事です。

お金をかけずにどうしてもデータを取り戻したいなら”失敗したら2度と復旧できなくなるかも”という認識を持ってデータの復元・救出に挑戦しましょう。

適切な方法でメディアを取り扱い、高レベルな技術でデータを解析し、元の状態でデータを復元させるには、弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。 詳しくは弊社データ復旧サービス復旧依頼の流れをご覧ください。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
データ復旧の事例実績や流れUSBメモリー

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP