データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【外付けHDD】ローカルディスク表示でアクセスできない場合の対処方法【USB接続】

ハードディスクが4,980円

HDD(ハードディスク)

【外付けHDD】ローカルディスク表示でアクセスできない場合の対処方法【USB接続】
目次
1-概要
2-ローカルディスク表示でアクセスできない状態とは
3-ローカルディスク表示されたドライブへアクセスする方法
3-1-アクセス可能
3-2-アクセス不可能

4-論理故障/物理故障の見分け方

local_disk
メーカー製のUSB接続の外付けハードディスクは、接続した際に外付けハードディスクの型番がマイコンピュータに表示されるようになっているのですが、これは正常な状態で外付けハードディスクを認識しているという場合の表示であるため、外付けハードディスクに異常が発生した場合、ローカルディスクと表示されてしまいます。
※メーカー製外付けHDDでもローカルディスクと表示されるものもあります。
このような状態になった場合、ローカルディスクをクリックすると、「パラメーターが間違っています」の他、「フォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」などのエラーが表示されるため、ハードディスクにアクセスすることができなくなります。
このようなエラーメッセージが表示される多くの原因は、外付けハードディスクの論理故障または物理故障が疑われます。

【ローカルディスク表示でアクセスできない状態とは】

外付けハードディスクがパソコンで認識している状態ではあるものの、ドライブへのアクセスができなくなっている、外付けハードディスクのケース基板だけを認識しているなど、故障の原因は様々であり、一概にローカルディスクという表示があれば、認識していると判断する事が難しく、ハードディスクの物理故障が発生している事もあるので、出来る限り無理なアクセスを続けるのは避けて下さい。
外付けハードディスクにはUSB接続をするため、外付けハードディスクケースに基板があり、ケースの中にハードディスクが入っている状態となっています。
USBメモリ
これは、ポータブルの外付けHDDも同様で、ケースを開けるとUSB接続化する基板と、ハードディスクが搭載されています。
このままの状態ですと、問題点を改善されていないため、外付けハードディスクにアクセスできず、保存していたデータを読み込む事ができません。
それでは、このような場合の対処方法をご紹介します。

【ローカルディスク表示されたドライブへアクセスする方法】

まず、ローカルディスクと表示されても、物理破損していることもあるため、外付けハードディスクをケースから取り外し、ハードディスクを直接パソコンに接続し確認してください。

アクセス可能

外付けハードディスクも、内部にはパソコンと同様にハードディスクが搭載されているため、専用のケーブルを用いてパソコンに直接接続してみると、外付け化基板が故障原因の場合、パソコンでハードディスクを認識できるため、同じようなローカルディスクという表示であっても、アクセスするとハードディスク内部のデータへアクセスする事ができます。
このような場合は、ハードディスクが物理的に壊れているわけではなく、外付け化基板の故障が原因であるため、ハードディスクを継続して使用しても問題ないでしょう。

アクセス不可能

直接接続でも状態は変わらず、「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示されてしまう場合であれば、外付け化基板の故障ではなく、ハードディスクの故障が原因であるといえます。
この場合は、パソコン上でハードディスクを認識していれば、BIOS上でもハードディスクを認識しており、論理的なデータ復旧作業を実施することでデータを取り出すことができます。
また、認識しない場合は、物理的に部品が壊れている事もあり、そのようなハードディスクのデータ復旧作業を行う場合、ハードディスクの壊れた部品を物理的に交換しなければ、データの救出はできない状態です。

【論理故障/物理故障の見分け方】

物理的な故障と論理的な故障の判別は難しく、BIOS上で認識する場合であっても物理障害、異音が発生している場合であっても論理障害である場合があり、素人判断は難しいのですが、簡単な見分け方としては、ハードディスクを直接接続してもエラー表示されない場合の多くは、物理的にハードディスクが故障してしまっているということが大半となります。
このような場合は、ハードディスクが全く回転しない、ハードディスクからカチカチと異音が発生しているなど、わかりやすい故障の症状があります。

動作中や停止中問わず、落下や転倒してしまった場合、ハードディスクの物理的な破損になっている場合が多いですから、異音が確認された時は、速やかに電源を停止してください。
異音発生している場合にハードディスクを稼働させていると、プラッタに傷をつけてしまったり、損傷を与えてしまうような危険性がありますので注意が必要です。

論理的な障害の場合は、何らかのエラーメッセージや、ハードディスクも正常に駆動している事が多く、エラーメッセージの表示がある場合は、BIOS上でハードディスクを認識している状態となるため、多くのものがシステムの損傷やディレクトリ損傷、少量の不良セクタ発生が原因ですので、論理的な対処方法によってデータ復旧ができる可能性は高いと言えます。
ですが、データの復旧作業を実施しなければ、ハードディスクにアクセスする事ができませんので、データを取り出す必要がある場合は、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP