ミラーリング(RAID1)データ復旧方法と復旧費用のご紹介

ネットワーク対応HDD 3Aデータ復旧スタッフブログ

ご注意ください

エラーが表示される、RAIDが認識されない、ミラーリングへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の通電や誤使用によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。

このページはこんな人におすすめです。

・ミラーリングへアクセスが出来なくなってしまった。
・内部HDDから異音がする。
・2台中1台のHDDに不具合が発生している。
・RAID内部のデータを取り出したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

RAID1の利点と欠点や復旧及び費用に関して

BUFFALOから販売されているLinkStation(リンクステーション)には様々な製品があり、その中でHDDが2台搭載されているものがあります。

2台構成の製品はRAID(レイド)構成が可能な製品になっており、工場出荷時の設定であるRAID1についてご紹介します。
※製品によっては工場出荷時の設定がRAID0のものもあります。

RAID1はミラーリングと呼ばれる機能で、2台のHDDが保存データを同じように記録し、データをバックアップしているのです。

ですので、1台目または2台目が壊れてしまっても、片方のHDDに同じデータが記録されているため、正常なHDDからデータを救出することができます。

自動バックアップのメリット・デメリット

RAID1のミラーリング機能は自動でバックアップしてくれるで、もしもの時のためのデータ復旧に最適ではありますが問題もあります。

1台目のハードディスクのコピーを作るわけですから、当然2台目のハードディスクも1台目と同様の動きをします。

この時、1台目のデータ領域でエラーが起こってしまった場合、その部分を読み込もうと磁気ヘッド部品が動作しますが、エラーが起こっているため当然その領域に保存されているデータは読み取れません。

パソコンからデータにアクセスしようとしているため、ヘッドは動作を続け2台目も同様にそのデータの保存領域にアクセスします。

読み込めない以上リトライをし続けるのですが、それが原因でヘッドが壊れヘッドクラッシュすることがあります。

また、ヘッドの壊れ方が悪い場合は、ヘッドの先端である磁気ヘッドと、ハードディスクのプラッタが接触し、プラッタ面に傷をつける事も少なくはありません。

1台目だけの破損であれば、2台目のハードディスクからデータ復旧は可能となりますが、2つのハードディスクが同じ動作をするわけですから、最悪の場合2台目のハードディスクも壊れることがあります。

2台のハードディスクが壊れてしまえば、ミラーリング機能のバックアップの意味がなくなってしまうのです。

HDDが2台とも壊れてしまうということは滅多にありませんが、そういった危険もあるためバックアップ機能としてあまりお勧めはできません。

HDD1台だけの破損、復旧方法は?

1台目が壊れてしまった場合、2台目のハードディスクを通常のWindowsMacintoshに接続しても、データを読み取ることはできません。

これはLinkStationのOSLinuxシステムを採用しファイルシステムが異なるため、ハードディスクを直接接続を行う場合はLinux環境での接続が必要となります。

また、リビルド方法で製品が元の状態に戻る場合もあるのですが、リビルド作業が失敗してしまうとデータが消去されたり、新たなシステムで上書きされたりと状態が悪化してしまいます。

詳しくは「RAID障害時、注意すべき4つのポイント」をご覧ください。

リビルド以外でデータを取り出す方法にデータ復旧のソフトウェアを利用方法がありますが、ハードディスクの状態が不明確であるため基本的にはソフトを利用する前には必ずHDDの状態を知っておかなければならず、具体的にハードディスクの状態とはどの様な動きをしているのかが重要となります。

上記でも記載していますがプラッタ面に磁気ヘッドが接触しているような挙動や、磁気ヘッドを動かすスイングアームが損傷しているなど、機械的に壊れている可能性もありますし、このような挙動や異音が無いにしてもセクタ単位で障害が発生する不良セクタや、ドライブとして認識させるために必要なシステムが損傷しシステムエラーとなっている場合の挙動など、確実に見極めることができる経験と専門の知識が必要になります。

データ復旧ソフトは誰でも手軽に導入が可能でソフトウェアの種類やソフト数も多く出ておりますが、手軽におこなえるメリットよりもデータが取り出せなくなってしまう可能性が高いデメリットの方に比重が大きいものでもあります。

下記動画の様な異音や電子音がHDDから聞こえる場合はすぐに通電を控え、専門業者に相談しましょう。

ミラーリング(RAID1)データ復旧費用は高額?

リンクステーションのRAID1に関するデータ復旧になりますと、どこの復旧業者もデータ復旧費用は比較的高額になります。

これは他のメディア差別化を図っているため、基本的にどこの復旧業者でも費用は大きく異なっています。

しかし、弊社では差別化を少しでも緩和した対応をおこない、全体の復旧費用も他社と比べ安価に設定しております。

詳しくは弊社ホームページに記載しております復旧費用を見ていただければお分かり頂けますように、完全成功報酬制かつ固定料金にてご対応しておりますので、他社と比較して頂ければ安価で復旧サービスを利用いただけることがお分かりになれると思います。

LinkStaionをRAID1で使用していて、データ復旧が必要になった場合、2台のHDDの内どちらか片方でも物理的に壊れていない状態であれば、復旧は問題無くおこなえることが多いので、ご自身で作業はおこなわず弊社復旧サービスをご検討ください。
データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

弊社でご依頼が多いRAID製品一覧

アクセスできないミラーリング(RAID1)からデータ復旧が可能だった成功事例とその他の事例をメーカー、型番毎に紹介していますのでお困りの方はご参考にどうぞ。
※リンク先は一部の成功事例を紹介させていただいております。

関連の記事・対処法など