データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

内蔵ハードディスクが突然故障してしまった場合の対処と復旧方法

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

パソコン

USB接続製品やLAN接続製品、RAID構成ハードディスクも突然故障はしますが、今回はパソコン内蔵ハードディスクが壊れてしまった場合の対処とデータ復旧方法をご紹介します。

【主な障害内容】

ハードディスクが故障してしまったといえる障害はいろいろなものがあり、パソコンに内蔵しているハードディスクが故障した場合に起こる障害として、HDDからOSデータが読み込みできないため、パソコンを起動することができなくなったり、パソコンは起動するがブルースクリーン(青い画面)になってしまいWindowsが開始されない、黒い画面(BIOS画面)になり英語のエラーメッセージ(operation system not found など)が表示されたり、セーフモードで起動しようとしてもWindowsが起動できずセーフモードを繰り返してしまうなど、ハードディスクの故障が原因であると思われる障害は様々です。
パソコンが起動できない
BIOS画面から進まない
ブルースクリーンから進まない
ハードディスクの故障原因は様々ですが確実に「これが原因だ」と正確な原因究明は難しいです。

【論理と物理】

HDDの故障にも物理的な故障と論理的な故障があり、例えば落雷のあとや停電後にパソコンが起動できなくなった場合、マザーボードとHDDが故障し、パソコンが起動できなくなるということが多くあります。
落雷、ブレーカー落ちによりパソコンが故障してしまった
この場合であれば落雷による電圧変化など、原因と思われる症状を推測することは可能ですが、使用できていたパソコンが起動できなくなり、Windowsが立ち上がらないという場合は、物理的な障害もあれば論理的な障害もあるため、障害の原因がなんなのか特定することは非常に難しいでしょう。

【対処とデータ復旧方法 その1】

内臓ハードディスクが故障してしまった場合のハードディスク障害、故障症状と対処方法をご紹介します。

パソコンが起動できなくなる場合の大半がHDDの故障によるもので、軽度の障害であればハードディスクを別のパソコンに接続し、認識させることができる場合もあります。

別のパソコンに接続しハードディスクが認識するという状態であれば、障害の原因はシステムデータにありOSデータの破損やOSデータ保存領域の破損、ウイルスによる起動不良などが考えられます。

パソコンが起動できない原因がハードディスクに保存されているOSデータの破損という場合は、保存されているOSからはWindowsやMacintoshシステムを読み込めないという状態ですので、別のパソコンに外付けHDDとして接続することで、壊れたOSデータを読み込む必要は無くなるため、作成した保存データのみを救出すれば、ハードディスクのデータを復旧することができるわけです。

パソコンの修理が必要であればハードディスクを交換し、OSを再インストールして修理しましょう。

破損したOSデータの修復はセーフモードやブートディスクからある程度であれば修復が可能ですが、それができないために起動できなくなっている、あるいはセーフモードを繰り返す状態ですので、ハードディスク自体を交換するというのが一番の対処方法といえます。

【対処とデータ復旧方法 その2】

ハードディスクが壊れてしまったためにパソコンが起動できずデータを取り出せないという場合、まずは正常なパソコンに接続してハードディスクとして認識可能であるかを確認しましょう。

接続したハードディスクが正常にマウントするようであれば、HDD自体の破損ではありませんので、認識しているうちに別のハードディスクにデータのバックアップを行いましょう。

場合によって、フォーマットエラーが表示される場合や、アクセスするとエラーが発生する場合は、OSデータ以外にもハードディスクに障害が発生している可能性があります。
よくあるエラーメッセージの紹介と対処法
こうなってしまえば、データを取り出すためにはデータ復旧作業が必要となります。

HDDを接続し、エラーメッセージの中で「フォーマットしますか?」という表示がある場合であっても、フォーマットをすれば、元通り使用できるようになるわけではありません。文字通りフォーマットのため、保存データ、OSデータすべてフォーマットされてしまいますのでフォーマットしてはいけません。

このエラーメッセージが表示された場合、保存データの救出にはデータ復旧が必要となります。

ハードディスクを接続しても、ドライバのインストールも表示されず、HDDが認識されない場合は、BIOS上でハードディスクが認識しているか確認し、BIOS上でもハードディスクの認識がない場合、ハードディスクの物理的故障の可能性が高いですので、データ復旧が必要となります。

BIOS上で認識しないレベルですと、個人での復旧はほぼ不可能といえるレベルですので、データ復旧サービスの利用を検討した方がよいかもしれません。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク


ハードディスクの故障原因も起こる障害も様々ですので、別のパソコンに接続しても認識しない場合、保存データの救出にはデータ復旧作業が必要となりますので、ハードディスクが認識しない場合は、弊社データ復旧サービスまでにお問い合せください。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP