HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / 【復元】USB接続ハードディスクが認識しない原因【HDD】
HDD(ハードディスク)

【復元】USB接続ハードディスクが認識しない原因【HDD】

ハードディスクが4,980円

USB接続ハードディスクにおける論理障害、物理障害

ハードディスクが認識しない原因は、物理と論理の両方が考えられ、使用環境や使用頻度による経年劣化、HDD作動中または移動などによる衝撃、電源ショートなどのトラブルによるきっかけなどで、ハードディスクが認識できなくなります。

USB接続である外付けHDDの場合は、WindowsなどのOSから認識されないだけで、ハードディスク自体は物理的に認識されている事もあり、この様なケースのハードディスクも物理と論理の両方が考えられます。
メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない

内蔵、USB接続ハードディスクの物理と論理の判断基準

判断基準は細かな診断が必要であるためこれから紹介する内容はあくまでも簡易的な基準と考えていただき、同内容だからといってその内容通りの状態になっているとは限りません。

より詳しく実際におこっている状態を正確に知りたい方は、下記の確認作業は一切おこなわず弊社までお問い合わせください。

異音

ハードディスクの内部が物理的に壊れていると、「カチカチ」「カンカン」といったような異音がします。

この異音はデータを読み書きする部品であるヘッドの動作が原因であり、無理に通電を行い続けるとヘッドの先端である磁気ヘッドプラッタディスク)が接触し、ディスクに傷を付けてしまいメディア損傷となります。

ハードディスク内部からの音が大きい場合や金属が擦れているような場合は直ぐに電源を切ってください。

ですが、正常な状態でも音は発生するもので、必ずしも故障という訳ではありません。

正常時の起動音なのか、ヘッドクラッシュによる音なのか、判断するには経験が必要となります。

異臭

焦げ臭いようなにおいがする場合は、物理障害である可能性が高いです。

ハードディスクには必ず基盤が付いており、外側にチップがあるものや内側にチップがあるもの、メーカーや型によって異なりますが、異臭の原因は各チップの損傷または基盤回路のショートによるものが多いです。

異臭や発煙がみられましたらそのままの通電は絶対に避け、直ぐに通電を切るようにしてください。

そのまま通電をしつづけると発火し火事の原因に繋がります。

ハードディスクのモーターが主な発熱原因なのですが、チップ損傷している場合チップそのものが熱くなります。

指先や手のひらでチップを触り、熱いなと思う程度であれば問題ありませんが、触れない程熱い場合は損傷している可能性が高いです。

チップを確認される際は非常に熱くなるので気を付けて確認してください。

物理障害と論理障害は症状が似通っている部分もあり、明らかに挙動がおかしいものや異臭がする場合を除き、ただ通電させてみただけでは判断が難しいものがあります。

USB接続ハードディスクからデータを復元させるには

物理的に壊れてしまっている場合は、壊れた部品を交換しなくてはならないため、個人で対応するには限界がありますが、システムエラーなどの論理障害であれば個人でも復元させる事は可能です。

データを復元させるにはまずデータ復旧ソフトが必要となるのですが、無料のフリーソフトや市販されているソフトがあるので、まずは無料のフリーソフトや市販ソフトのお試し版で試してみましょう。

ソフトによっては使い勝手が良いもの悪いものがあるので、自分にあったソフトを選ぶ必要があるのですが、利用するソフトがどこまで対応しているのかも選ぶ基準となります。

ただし、ハードディスクがパソコン上で認識していなければ、データ復旧ソフトを起動させても解析先のHDDを、見つけることができないためデータ復元そのものが出来ません。

データの修復が可能であった場合は、直ぐにデータの復元を行ってください。

USB接続ハードディスクのデータ復元ができなかった場合

データ復旧ソフトを試す環境(パソコン)によってはソフトで復旧できない場合があります。

また、ハードディスクが物理的に壊れているのではなく、技術的に手を施さなくてはならない場合も考えられるため、個人での復旧作業は諦めデータ復旧業者へ依頼するか問い合わせてみましょう。

メーカー製品の場合まずはメーカーサポートへ連絡される方もおられますが、メーカーの保証は製品保証であって保存データの保証は一切ありません。

よって、メーカーサポートへ依頼されても、製品が使用できる状態で戻ってきますが、データが戻ってくることはないので注意です。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
データ復旧業者はたくさんありますが復旧費用が全く異なるので、電話やメールで問い合わせし条件の良いところを選びましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク
ハードディスクから異音やビープ音 認識しない原因
HDDから異音がする原因とデータを取り出す方法は
異音が発生した外付けHDD データを復旧させる方法
認識しない状態や動かない状態、異音がする場合やランプ点灯しない等の外付けHDDからの復旧
【復元】外付けハードディスクから異音がする場合の確認方法【復旧】
NASのデータ復旧は難しい?システムダウンや異音からのデータ復旧
【データ復旧】外付けハードディスクを落下、転倒させ異音が発生【対処方法】
外付けHDDが転倒/落下し認識しない!こんな時の注意点と復旧方法
外付けHDDを倒し/落とし異音が発生し認識しない…物理障害と診断された場合
外付けHDDが認識しない場合の対処方法とデータ復旧
よくあるHDD障害で認識しない状態や起動できない状態でアクセスできない場合からの復旧方法
外付けHDD(ハードディスク)が認識しない時の対処方法
外付けHDDからエラーメッセージが表示される原因と復旧
メディアがパソコンで認識されない、アクセスできない
【原因の特定】外付けHDDがBIOS上でアクセスできない場合の復旧方法【認識しない】
外付け/内蔵ハードディスク(HDD)が認識しない対処方法や復旧方法
エラー表示され認識しない外付けHDDを認識させデータを復旧させる方法
【復旧】トランセンド外付けハードディスクが認識しない場合【復元】
【HDD】認識しないアイオーデータ外付け製品やエラーメッセージが発生した場合【NAS】
【HDD】バッファロー外付け製品が認識しない、エラーメッセージが発生した場合【NAS】
【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】
【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】
認識しない外付けHDDからデータ復旧を行う方法は?
外付けハードディスクが認識しないその理由とは?
認識しない外付けハードディスクのデータ復旧/対処方法
【復元】USB接続ハードディスクが認識しない原因【HDD】
【対処】外付けハードディスクが認識しない、アクセスできない障害【復元】 
【復旧】USB接続ハードディスク認識しないエラーを解除する方法【HDD】
【復旧方法】USB接続の外付けHDDが認識しないためデータへアクセスできない…【対処方法】
認識しないハードディスクの復旧、復元の対処方法【パソコン】
Macで外付けハードディスクが認識しない場合の対処方法
HDDが起動できない、アクセスできない、認識しない場合の確認方法と復旧方法
バッファローの外付けHDDが認識しない場合の復旧方法をご紹介
【データ復旧】外付けHDD(ハードディスク)が認識しない場合の対処方法【フォーマットエラー】
MacPCで使用している外付けHDDがエラーメッセージ表示される
【復旧】認識できないハードディスクを認識させる方法【原因】
Macで認識されなくなった外付けHDDを認識させる方法
外付けHDDの故障、利用方法、データ復旧方法をご紹介
MacPCで外付けHDDが認識しなくなった場合の復旧方法

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP