データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】

ハードディスクが4,980円

HDD(ハードディスク)

【Win】認識しない外付けハードディスクからデータを復旧【Mac】
目次
1-概要
2-認識しない外付けハードディスクを正しく取り外す
2-1-誤って削除(フォーマット)してしまった場合の行動には要注意
3-正しい取り外しを行わない事で起こる障害
4-認識しない外付けハードディスクからデータ復旧を行う場合
4-1-個人でデータ復旧を行う(症状が軽度な場合)
4-2-個人でデータ復旧を行う(症状が重度な場合)

パソコン外付けハードディスクを使用していると、何の前触れも無く認識しない状態になったり、認識していてもHDDにアクセスする事ができなくなり、保存していたデータが読み取れなくなってしまう事があります。
外付けHDDがパソコン上で認識していなければ、当然保存していたデータを取り出す事はできず、そのHDDにしかデータを保存していなかったとなれば完全にデータは消失し、壊れてしまった外付けハードディスクのデータ復旧作業を行う必要があるのですが、外付けHDDが認識しない障害の症状によっては、簡単な対処方法でデータを取り出せる事もあり、復旧業者を利用する前に試せる復旧方法を紹介します。

【認識しない外付けハードディスクを正しく取り外す】

まず第一にWindowsでもMacintoshでも言える事ですが、障害が発生した外付けHDDの接続を取り外す際、必ずUSB接続を抜く前にデバイスの取り外しを行った上で外すようにしてください。
これは、壊れる前の通常通り外付けハードディスクを使用している場合のことですが、アクセス中に外付けHDDの電源を強制的に落としたり、USB接続を外したりすると、外付けハードディスクの制御基板が壊れたり、HDD本体が壊れることがあります。

誤って削除(フォーマット)してしまった場合の行動には要注意

特に最も多い要因として「誤って削除してしまった」からといって作業を止めるため、USB接続を抜いたり、電源を落とすようなことは絶対にしてはいけません。
基本的に削除してしまった場合であれば、直後にデータ復旧作業を実施すれば、削除したデータを復旧することはできます。
しかし、急に電源を落としたり、強制的に作業を止めた場合、HDDが故障してしまい、物理的に壊れ、まったくデータの復旧ができなくなってしまうという危険性があります。

とっさの判断でやってしまいがちな行動で、作業を止めたい気持ちはわかりますが、そのデータが大事ならば、焦らず、削除が終わるまではUSB接続を強制的に止めるようなことは避けましょう。

【正しい取り外しを行わない事で起こる障害】

安全なデバイスの取り外し作業をせず、強制的に電源を落としたり、接続を止めると、次にパソコンを起動したとき、外付けHDDを認識しなくなってしまう場合があります。
また、認識はするもののいつものアイコンではなくローカルディスクと表示されたり、アクセスするとアクセス拒否I/Oデバイスエラーと表示されることがあり、中でも最も多いエラーである「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とエラー表示があれば、もうそのままではデータを取り出すことはできず、データ復旧作業が必要になります。

【認識しない外付けハードディスクからデータ復旧を行う場合】

データ復旧はフリーソフトや市販ソフトを使用して成功できる故障症状もありますが、当然データの復旧が行えないものも多くあり、データ復旧を専門業者に依頼する必要があるため、保存していたデータの取り出しにお金がかかってしまうということは少なくありません。
突然壊れてしまうことが大半ですが小さな積み重ねがHDDの故障につながるため、外付けHDDの取り外しの際は必ずデバイスの取り外し作業後に行うようにしなければなりません。

個人でデータ復旧を行う(症状が軽度な場合)

外付けHDDが認識しなくなった場合や認識するがアクセスできない状態の場合、まずは外付けHDDを分解しケースの中からハードディスクを取り外す作業を行ってみましょう。
取り外したハードディスクをUSB接続する専用のケーブルや外付けケースを購入し、パソコンに直接接続をして認識するか、ハードディスクの状態確認をする必要があります。
外付けHDDの故障の場合、外付けケースの基盤故障が原因の場合があるため、ケースから取り外せば、ハードディスクを認識するようになる事がありますので、試してみる価値は十分にあります。

個人でデータ復旧を行う(症状が重度な場合)

それでも、認識しない場合やアクセスができない場合、フォーマットしますか?などのエラーメッセージが表示されてしまうような場合は、HDD自体の故障のためデータ復旧作業が必要となりますので、専門のデータ復旧会社に依頼する必要があります。
ソフトでの復旧ができる場合もありますが、HDD自体が故障している状態は通電を行うと、故障の状態がさらに悪化し復旧できなくなってしまう事があります。
大切なデータであればあるほど、ハードディスクにアクセスしてしまうと思いますが、それが致命傷となる事も少なくないため、作業には十分気を付けるようにしましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP