データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

ハードディスクをフォーマットした場合のデータ復元、データ修復方法

ハードディスクが4,980円

外付けHDD

誤ってハードディスクのデータをフォーマットしてしまった場合、当然フォーマットされてしまいますからハードディスクのデータは消えてしまいます。

消えてしまったデータの復元を行う場合データ復旧作業が必要となりますので、間違えてフォーマットしてしまった場合は決して新しくデータを保存しないようにしましょう。

フォーマットエラー(Windows)

フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?と表示されてしまった場合は、必ずキャンセルをクリックするか右上の×をクリックしてください。
ディスクのフォーマットをクリックしてしまうとそのドライブはフォーマットされてしまいます。

【フォーマットとは?】

フォーマットにもいろいろな方法があり論理フォーマットであれば、フォーマットする前にハードディスクに保存されていたデータを復元することは可能です。

しかし、フォーマットしたあとに新たにデータを保存すると、データが書き換えられ元々ハードディスクに保存されていたデータは、上書きされてしまい完全に消失します。

誤ってフォーマットした場合やフォーマット後にデータのバックアップがなかったという場合は、使用をやめデータ復元のためのデータ復旧作業を実施しましょう。

【保存データは完全に消えてしまう?】

誤ってフォーマットしてしまった場合、フォーマットが正常に完了するということは、ハードディスクに物理的な障害はありませんのでデータの復元は可能です。

しかし、フォーマットするということはハードディスクのディレクトリ情報が破損するため、ファイル名やフォルダ名を正常に復元することは難しく、データのみの検出となることが非常に多いです。

【名称が正常に復元できないとは?】

データのみの検出というのは、例えば「家族写真」というフォルダ内に「旅行」「誕生日」など、行事ごとフォルダをつくり、写真データを保存していたという場合であれば、「家族写真」→「旅行」または「誕生日」とフォルダ構造が破損するため、「家族写真」という大きなフォルダ分けのままデータを復旧することは難しく、保存していた写真データを個々に復元するというデータ復旧作業となります。

そのため、フォルダ名やファイル名などのディレクトリ情報は復元できません。

【データ復元、データ修復方法は?】

データの復元をする場合は復旧ソフトを利用してみましょう。

ハードディスクに問題がなければ、復旧ソフトを使ってのデータ復旧が可能ですので、フリーソフトから有償ソフトなどいろいろありますから、使いやすいソフトなどで試してみても良いでしょう。

ですが、ソフトによって復旧可能なもの不可能なものがありますので、弊社のようなデータ復旧会社に依頼するというのも1つの対処方法だと思います。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

【復元、修復時の注意点】

もし、ご自身で復旧ソフトを使用しデータ復旧を行う場合、保存先となるHDDやその他メディアを必ずを用意しましょう。

復旧したデータの保存先を復元するハードディスクに設定してしまった場合、復元したいデータの情報が復旧したデータによって上書きされてしまい、データが完全に消失してしまう、または復元できるデータが破損してしまう可能性があります。

復旧作業を実施する場合は必ず復元するハードディスクの他にハードディスクを用意しましょう。

用意するハードディスクは、内臓のハードディスクでも外付けHDDでも構いません。

外付けHDDを使用する場合、作業を実施する前にフォーマット形式を変えましょう。

外付けHDDを復元したデータを保存する復旧先にする場合にフォーマットをする理由は、保存データの容量が4GBを超える場合に備えるためです。

【フォーマット形式ってなに?】

WindowsMacintoshに内蔵されているハードディスクは、それぞれ専用のフォーマット及びファイルシステムで構成されており、Windows専用フォーマットのハードディスクはMacintoshでは確認はおこなえますが読み取り専用、Macintosh専用フォーマットのハードディスクはWindowsでは全く確認できません。

それぞれ、Windows専用ファイルシステムは「NTFS」、Macintosh専用ファイルシステムは「HFS」または「HFS+」というフォーマット形式になっており、1ファイルで4GB以上のデータを保存することができるフォーマット形式になっています。

外付けハードディスク製品で工場出荷状態から、Windows、Macintoshどちらも対応しているというハードディスクの場合、ファイルシステムは「FAT32」というフォーマットになっています。

この「FAT32」フォーマット形式は、WindowsでもMacintoshでもアクセスできるものですが、1ファイルで4GB以上の容量があるデータの場合、保存することもコピーすることもできません。

これは、ファイルシステム上、再現することができないのです。

ですので、復元したいハードディスクのファイルシステムに合わせ、外付けHDDをフォーマットしておくと、仮に4GBを超えるデータを保存していた場合であっても、そのデータを復元することが可能となるわけです。

「FAT32」フォーマットのままでは、4GB以上のデータを復元することはできないので注意しましょう。

【自分でするのは不安…】

難しいことはわからない、不安だという方は、弊社データ復旧サービスをご検討ください。

フォーマットしてしまったという状況ですので、障害分けをすれば軽度の論理障害で対応が可能です。

間違っても10万円以上の費用が必要となる障害ではありませんので、弊社のような低価格の復旧費用で対応ができる業者をおすすめします。

また、○万円~など上限金額の設定がない場合は、高額請求されることもありえますので、データ復旧を依頼する場合は低価格かつ上限金額を明記されている業者へ依頼しましょう。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP