HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  成功事例, 成功事例(RAID各種・JBOD), 成功事例(物理障害) / 林檎派 / QuadRAIDer 林檎派 3.5
林檎派 / QuadRAIDer 林檎派 3.5

林檎派 / QuadRAIDer 林檎派 3.5

データ復旧スタッフ成功事例

メーカー 林檎派 / 内蔵HDD4台 RAID5
型番 QuadRAIDer 林檎派 3.5
他社診断 なし
症状/障害 RAID崩壊が発生し、パソコン・ネットワークからのアクセスが出来ず認識しない症状
診断 物理障害
結果 内蔵4台の内3台にてRAID5を構成し、残り一台をスペアとして格納されご使用を行っており、3台のうち2台が不具合にてRAID崩壊が発生しておりました。基板情報書き換えによる物理障害での復旧作業を複数回実施後、筺体にてハードディスクの認識を確認。認識後はスムーズに解析が行える状態でしたが、HDDに負荷がかからないよう調整を行い無事復旧致しました
復旧容量 294GB
報告日数 30日
復旧費用 復旧費用はこちら

復旧担当スタッフからのコメント

RAID5では、3台~で構成するRAIDとなり、内2台以上が認識を行えている状態でデータにアクセスが可能で、不具合の出ているハードディスクを新しいものと入れ替えて再度構築する事が可能ですが、リビルドの実施やハードディスクに高負荷が発生する作業では、不具合の出ていないハードディスクにも影響を及ぼす可能があります。データにアクセスが出来なくなっていたり、筐体側でエラーランプが点滅しハードディスク自体を認識していない場合は、早急にデータをお取り出し、復旧を行う必要がございます。今回ご依頼いただきました「林檎派」の筐体だけでなく、バッファロー製品アイオーデータのRAID筐体でも多数復旧事例がございますので、もしご自身での復旧が難しい場合やデータ復旧でのお困りごとの際はお気軽にご相談くださいませ

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら