データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

hdd-hard-disk-drive

【HDD】ハードディスクが認識しない場合によくある故障【復旧】
目次
1-概要
2-HDDから復旧を行うにあたり確認すべきポイント
2-1-そもそも「認識しない」の受け取り方は人それぞれ
2-2-パソコンで認識されていない故障の場合
2-3-ポイントのまとめ

3-軽度~中度の故障 データ復旧方法
4-どうしても自分でデータ復旧を行いたい場合

外付けハードディスクパソコンで認識しなくなった場合や、保存データへアクセスできないといった場合、故障内容でも色々な原因があるので、どの箇所に問題があるのか判断しなくてはならず、外付けHDDに内蔵されているHDD自体の故障の場合もあれば、ケーブル損傷、パソコン側のUSBポートの破損など、様々な外付けHDDの故障が考えられます。

【HDDから復旧を行うにあたり確認すべきポイント】

外付けハードディスクがパソコンで認識しなくなってしまったという故障の場合、どのような症状になっているのか、エラーの内容はどういったものなのか、なども含めてご紹介します。

そもそも「認識しない」の受け取り方は人それぞれ

パソコンで認識しないと一言でいっても、人それぞれの受け取り方が当然異なります。
例えば、データへアクセスできなければ認識していないと受け取る方、BIOS上で認識しないためパソコンで認識しないと受け取る方など、外付けHDDが認識しないという故障の原因は、受け取り方で大きく異なってしまいます。
ですので、外付けハードディスクがパソコンで認識しないという故障レベルについて考え、故障した際の障害レベルを確認し問題の解決方法を考えていく事が必要となるのです。

パソコンで認識されていない故障の場合

パソコンで外付けハードディスクが認識しないという場合、外付けHDDを接続してもパソコン側で何も反応がないという状態を意味します。
通常、障害が発生していない正常な外付けHDDであれば、外付けHDDをパソコンに接続すると、自動でデバイスの認識が行われ、自動再生機能が画面上に現れます。
また、コンピューター(マイコンピューター)の画面上にローカルディスク、または外付けHDDの型番が表示されるため、パソコン側でも外付けハードディスクを認識している状態であると確認が行えます。
このような場合は正常に認識しているため、何の問題もない外付けHDDであるといえます。
逆に外付けHDDがまったく認識しない場合、パソコンに接続しても、デバイスの自動認識がされないため、再生機能も表示されません。
また、デバイス認識されるものの自動再生機能が表示されない場合は、HDDは認識しているがマウントしないという状態になり、このような場合はマウントエラーという状態で、BIOS上で確認するとHDDの型番を認識しているという場合が多くあります。

ポイントのまとめ

パソコン起動時にBIOSでHDDを認識しているか、またはコンピュータの管理を開きハードディスクがマウントしているかを確認しましょう。
ハードディスクを認識していればマウントしている状態であり、外付けHDDが認識しない状態の中でも軽度の故障です。
重度の故障であればパソコンに外付けハードディスクを接続しても反応がないため、まったく認識しない状態であるといえます。
このような場合はHDDの故障が考えられ、ハードディスクに保存していたデータを取り出したいという場合、復旧作業が必要です。
まったく反応がなく認識しない場合は、HDDの部品破損が発生していることが多く、データの取り出しには弊社のような専門のデータ復旧サービス会社に依頼する必要があります。
デバイスの自動認識やドライバの認識がある場合、HDDは物理的に壊れている可能性は低く、故障の症状は軽度~中度のレベルであるといえます。

軽度~中度の故障 データ復旧方法

外付けHDDのケースからハードディスクを取り外しパソコンに直接HDDを接続すると、パソコン上で認識する事がありデータをコピーする事ができることも稀にあります。
また、直接接続しても「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」と表示されるエラーメッセージや、アクセス拒否パラメータが間違っていますなどのエラー表示が発生するような場合、物理的にハードディスクは壊れていないが、システム等に異常が発生しているため、データ復旧作業を行うことで保存データを取り出すことができる可能性があります。
よくあるエラーメッセージの紹介と対処法
軽度であればフリーソフトや市販ソフトを利用しデータ復旧することも可能であり、このようなエラー表示がある場合は復旧作業を試してみる価値はあるでしょう。
しかし、エラーメッセージが表示されるような場合、HDDの状態は良くないので無暗に作業してしまうと、ハードディスクが物理的に壊れてしまったり、作業方法によってはデータ消失を招く事もあるため、重要なデータが保存されているという場合は、ご自身で作業せず専門家に依頼しデータ復旧作業を行った方が確実といえます。

どうしても自分でデータ復旧を行いたい場合

フリーソフトや市販ソフトを利用する方法はリスクがあるため、データ復旧作業を行うのでは無くご自身で作業をされる際、外付けHDDが認識しない場合は、ケースからHDDを取り外し、パソコンにケーブルを利用して接続してみましょう。
うまくいけば、パソコン上でハードディスクを認識することができる場合がありますので、その作業を行ってもエラー表示がある場合やパソコンが無反応という場合であれば、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせいただき、復旧作業をご検討いただければと思います。
データ復旧の事例実績や流れUSB接続LAN接続ハードディスク

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP