HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  3Aデータ復旧スタッフブログ / USBメモリが認識しなくなった場合の簡単に直す方法・対処方法
USBメモリ

USBメモリが認識しなくなった場合の簡単に直す方法・対処方法


3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

USBメモリでよく起こる障害

今市販されているパソコンはもちろんの事、録画機能テレビやゲーム機にもついているUSBポートですが、USBメモリは汎用性の高い記憶媒体で、持ち運びも容易にできデータ容量も大容量化され、会社ではもちろん一般家庭でも使用されている大変便利な製品です。

利用方法は様々ではありますが、USBメモリの利点を生かした方法で使用されていると思いますが、障害が起こる前兆も判断しづらいメディアですので、多くの方はUSBメモリに保存されているデータは、一時的なデータ保存で使用され、主にデータ移動用に使用されているかと思います。

そうなりますと重要なデータはUSBメモリだけで無く、パソコンや別メディアでバックアップを取られている事になると思いますし、重要なデータをUSBメモリに入れて持ち歩くということも少ないのではないでしょうか。

ですが、やはり記憶媒体ですからハードディスクデジタルカメラなどで使用するSDカードと同じようにメディアがパソコンで認識されない、アクセスできない」という障害は起こり、障害の中でもフォーマットエラー(フォーマットエラーが表示される)は比較的よく起こる障害となります。

認識しなくなったUSBメモリを簡単に直す方法

USBメモリを簡単に直す方法は、バックアップをしっかりおこなっている事が大前提となりますが、バックアップさえしっかり出来ていれば保存データが消えてしまっても問題は無いので、フォーマットを行うことで簡単にUSBメモリは以前の状態に戻り使用は可能となります。

ですが、これはフォーマットが正常に完了しなければ意味がないので、フォーマット中にエラーが発生したり、フォーマット自体出来ない場合、USBメモリ内のチップが物理的に壊れている可能性があり、チップが物理的に破損している事が原因でフォーマットが発生していると、残念ながらUSBメモリとしての再利用は難しく、新しいUSBメモリを購入する検討が必要となります。

バックアップしていない場合の対処方法

万が一、バックアップを取っておらずUSBメモリにしかデータが無いという場合、「フォーマットしますか?」という表示が出てしまうと、何とかデータが見れないかと焦り対処方法として行動されるのがUSBメモリの抜き差しだと思いますが、この抜き差しを繰り返すとまったく認識しなくなることがあり、状態を悪化させ完全に壊れてしまうことも珍しくはありません。

基本的に「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」という表示が出た場合の対処方法は直ちに使用をやめ、状態を悪化させないようにすることを心掛けていただきたいのですが、ご自身でデータ復旧ソフトなどを使用する場合は十分な注意が必要となります。

データ復旧ソフトで復旧は可能なのか

軽度な障害レベルであればデータ復旧ソフトを利用することで、保存データの復旧が可能である場合は当然あります。

ですがエラーメッセージが表示されている状態が全て軽度な障害レベルであるとは限らず、重度な障害レベルであることも珍しくはないため、軽度な障害であるのか重度な障害であるのかをご自身で判断しなくてはなりません。

USBメモリの記録領域はハードディスクのようにプラッタ上にスイングアームを行き来させモーターなど駆動している訳ではなく、フラッシュメモリにデータを保存しているため、挙動が全く分からないメディアでもあります。

ですので、ご自身での判断は非常に難しく困難であることは間違いないでしょう。

また、復旧ソフトを使用してしまったことにより、障害の内容によってはUSBメモリが完全に壊れてしまったり、データが取り出せなくなってしまったりと、お困りになられる方が非常に多いので「おかしい」と思われたら直ぐにでも、ご自身でのデータ復旧作業は行わず弊社のような復旧業者へご相談された方がいいでしょう。

データ復旧費用って高いのでは?

データ復旧の流れ~USBメモリー~でも詳しく記載しておりますが、USBメモリの障害内容で認識しなくなった場合は比較的論理障害で対応出来ることが多く、ご依頼をいただく前に復旧費用を見て頂ければ他社と比べても非常に安く設定しているとお分かりいただけます。

重要なデータであればあるほど、ご自身での作業ではリスクが伴いますので、ご安心いただくためにも弊社サービスをご利用いただけるようご検討ください。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

関連の記事・対処法など

外付けHDD「フォーマットする必要があります」なぜ必要と表示されてしまうのか
フォーマットを促す表示が出た場合のデータ復旧方法
フォーマットしますか?とエラー表示された場合の復旧・復元対処方法まとめ
「フォーマットする必要があります」表示からデータ復旧を行う
【データ復元】突然「フォーマットする必要があります」とエラーが…なぜ発生するのか、その対処方法とは?【復旧】
「パラメーターが間違っています。」エラー表示された外付けHDDのデータ復元方法
【対処方法】HDDが「パラメーターが間違っています」と表示【データ復旧】
SDカードmicroSDを接続しパラメーターが間違っていますと表示された場合
【対処法】I/Oデバイスエラーが起こる原因【データ復元】
USBメモリが認識せずエラーメッセージが表示される場合のデータを復旧する方法
USBメモリをPCに接続するとフォーマットする必要がありますと表示される場合
USBメモリで削除してしまった写真を復元する場合に注意すること
USBメモリで削除してしまったExcelファイルを復元する方法と注意事項
USBメモリ内の消去したデータを復旧・復元する方法
USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合
USBメモリを誤ってフォーマットしてしまった場合の復旧・復元方法
USBメモリを接続するとフォーマットする必要がありますと表示される
データ復旧業者が教えるUSBメモリーを購入する時のポイント
データ復旧業者が教えるUSBメモリーって一体何ができるの?
【復旧】USBメモリを誤ってフォーマットした場合の復元方法【フラッシュメモリー】
【HDD】フォーマットエラーからデータを復元させる方法【USBメモリ】
さっきまで使えてたのに…USBメモリが認識しない データ復元方法
【SDカード】誤って消去・フォーマットしたデータ復旧は可能【USBメモリ】

たったの1分!簡単自己診断ツール

弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

PAGE TOP