物理障害復旧に関しての注意

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物理障害復旧に関しての注意

メディアに物理障害が発生している可能性がある場合、詳しい調査・お見積が必要となります。

他業者での診断で物理障害と判断された場合や、下記の症状が発生している場合などは物理障害復旧作業が必要となる可能性が御座いますので、他業者での診断結果を詳しくお伝えください。

※下記項目に該当している場合でも論理障害復旧作業でご対応可能な事例も多数ございますが、まずは詳しい調査を行う事が必要となります。

ハードディスク(外付け・内蔵・RAID含む)の場合

・外付けHDD・LAN接続HDDを転倒、落下など物理的な衝撃を与えた。
・ハードディスクから異音(カチカチ・カタカタ)電子音(ピーピー・プープー)が聞こえる。
・通電を行ってもモーターが回っていない。
※必ずしも物理障害が発生しているとは限りません。

SDカード類・USBメモリなどの場合

・チップが破損(割れ・欠け)している。
・USBコネクタが取れてパソコンで接続を行っても全く認識していない。
※必ずしも物理障害が発生しているとは限りません。

物理障害が発生している場合は無料での調査範囲を超える可能性がありますが予めご了承ください。

また、部品交換が必要な場合などは別途ご費用が必要になる場合が御座いますが、事前にお伺いさせていただきますのでご安心ください。

物理障害の場合はキャンペーンが適応できない場合があります。

お使いのメディアの動作が不安定、いつもと違うと感じたら通電せず、現状を維持し弊社までご相談ください。

3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。
3Aデータ復旧サービス
タイトルとURLをコピーしました