データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

USBメモリを接続するとパラメーターが間違っています。と表示される場合

USBメモリを接続すると「××にアクセスできません。パラメーターが間違っています。」とエラーメッセージが表示され、USBメモリ内のデータにアクセスできない/USBメモリ自体にアクセスが出来ないなどと障害が出てしまうケースがあります。このような状態でも、パソコン上ではUSBメモリと認識はされているのですが、パラメーターが間違っているために、パソコンに接続したUSBメモリが認識していない、アクセスができないという事になっています。

1.USBメモリからのデータの復旧・復元を試す場合に注意する事

実はパラメーターが間違っていますといったエラーはそれほど重度な障害ではありません。
繰り返し抜いたり刺していると、エラーが表示されなくなり、データを取り出せる事が稀にありますが、USBメモリ内のデータを取り出そうと思えば、データの復旧・復元が出来るソフトを利用する方が確実です。
フリーソフトや、低価格で購入できるソフトもありますが、実際にデータの復旧・復元を行おうと思うとそれなりの知識が必要になってきます。
知識というのは、パーティションテーブルの異常値である場合、パーティションテーブルを正常値に書き換えが必要になったり、そういった作業をフリーソフトや市販されているソフトが対応しているのかや、パーティションのスタート位置が読み取れない等、ソフトによっては、入っていたデータが正常に検出されない場合もあります。状態によってはセクタレベルで入力が必要となる場合も。

ここで注意してもらいたいのは、データの復旧・復元というのは「挑戦回数」が決まっている事です。

正確に何回と決まっているわけではありませんが、USBメモリの状態によってはパラメーターが間違っていますと表示されていたエラーから別のエラーが発生してしまったり、USBメモリ自体が認識しなくなり、システム損傷や最悪の場合USBメモリ自体が壊れてしまい、本欄取り出せていたであろうデータが取り出せない状態になってしまう事も頻繁にあります。

データの復旧・復元が難しくなってしまうだけで済めばいいですが、USBメモリ内のデータが破損してしまった場合はデータの救出自体ができなくなってしまう事もあります。そうなってしまうと、データ復旧・復元のプロでも壊れたデータを直す事はできません。

フリーソフトや市販されているソフトを使用して、データの復旧・復元を行う場合はある程度の知識と細心の注意が必要です。

2.パラメーターが間違っています。とエラーが発生した場合の対処方法

2-1.チェックディスク(エラーチェック)

チェックディスクは、windowに搭載されている標準機能です。過去のwindowではスキャンディスクと呼ばれていた機能です。

チェックディスクを行うかと表示され、USBメモリ内のトラブルが発生しているファイルを修正して、問題を減らしたり、次に起こるエラーを防いだりする事ができるようになります。
USBメモリを接続しているパソコンのスペックによりチェックディスクが行われる作業時間は異なっていて30分~数時間となっています。
チェックディスクを実行し、エラー表示が出なくなる場合もありますが、更に状態を悪化させてしまうケースもあります。

チェックディスクとは、異常が発生しているファイルを精査し、OS側で正常なファイルと判断された場合は別フォルダに格納するというもの。
しかし、OS側が本来正常なファイルを異常が発生していると判断した場合、正常なデータが異常なデータと一緒にまとめられてしまい、ファイル単位で開く事が出来なくなってしまう事があります。

しかも、チェックディスク実行時に「データが消えてしまう可能性がある」事を一切表示されないのです。

2-2.フリーソフトや市販されているソフトで復旧・復元を試みる

ページの上の方で紹介しましたが、フリーソフトや市販されているソフトで復旧・復元できる場合があります。

専門知識を必要とする場合が非常に多く、ソフトによってはサポートや保証がないものもありますので、お試しされる方はソフトの使い方をよく調べてから使用してください。誤った使い方をしてしまえば、状態が悪化してしまうどころか、データ復旧・復元が困難になる場合や完全にデータ復旧・復元が行えなくなります。

2の対処法でパラメーターが間違っています。のエラー表示が改善されない場合

チェックディスクやソフトを使用してもパラメーターが間違っています。と表示されたり、パラメーターが間違っています。フォーマットされていません。と表示される場合、ディスク管理で見ると未フォーマットと認識されている事があります。

フォーマットを行えば、USBメモリも正常な状態に戻りますが、フォーマットしてしまうとUSBメモリ内のデータが消えてしまいます。

USBメモリ内のデータが必要な場合はフォーマットの表示がでてもフォーマットはせず、弊社のようなデータ復旧サービスにお問い合わせください。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP