データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

3Aデータ復旧スタッフブログ

Windowsユーザーアカウントのパスワードを忘れサインインできない場合

3Aデータ復旧スタッフ3Aデータ復旧スタッフブログ
ハードディスクが4,980円

パソコン

ログインパスワードを忘れてしまいサインインできない、退社した人のパソコンにパスワードが掛かっている、前の管理者が管理していた共有パソコンでパスワードが必要など、保存データが必要であるにも関わらずデータを諦め、仕方なくWindowsOSを再インストールしなければならない、といった事態に陥ったことはありませんか?

実はパスワードが分からなくなっても、WindowsOSを再インストールせず、パスワードの再設定ができる方法があります。
ただしこの方法は他人のパソコンに対し許可なく、以下の方法でサインインすると犯罪になりますので、悪用は厳禁です。

パスワードを再設定する方法とは

パスワードリセットディスクを利用した方法や、管理者権限を持ったアカウントでパスワードの再設定が可能となります。

パスワードリセットディスクを使用する

パスワードリセットディスクを事前に作成しておく必要はありますが、パスワードリセットディスクを作成されている場合は、下記の操作手順を行うことで問題が解決されます。

パスワードリセットディスクを使ってサインイン WindowsXP編

パスワードリセットディスクを使ってサインイン Windows7編

パスワードリセットディスクを使ってサインイン Windows8/8.1編

パスワードリセットディスクを使ってサインイン Windows10編

利用アカウントによって方法が異なる

まず、利用しているWindowsOSのバージョンでWindows8以降である場合は、ローカルアカウントMicrosoftアカウント使用でき、それぞれにパスワードを忘れた場合の対処方法が異なります。

Microsoftアカウントを利用

Microsoftアカウントを利用しパスワードを忘れてしまった場合は、別のアカウントでサインインするか別のパソコンが必要となり、インターネット環境が整っていなければ行えません。

Microsoftアカウントのパスワードを変更する場合は、Microsoft社の「パスワードを再設定する」ページで表示に従い操作を行ってください。

ローカルアカウントを利用

Windows7以前やWindows8以降でローカルアカウントを利用されている場合は下記の方法でパスワードの再設定が可能となります。

必ず管理者アカウントでパソコンにサインインし、ローカルアカウントのパスワードを変更します。
また、管理者アカウントのパスワードが分かっていれば、標準アカウントでもローカルアカウントのパスワードを変更が可能となります。

管理者アカウントからパスワードを変更する方法 WindowsXP編

管理者アカウントからパスワードを変更する方法 Windows7編

管理者アカウントからパスワードを変更する方法 Windows8/8.1編

管理者アカウントからパスワードを変更する方法 Windows10編

管理者権限を持ったアカウントのパスワードを忘れた場合

管理者権限アカウントのパスワードを忘れてしまった場合、残念ながらパスワードを思い出さない限り、サインインができなくなります。

管理者権限を持たないアカウントを管理者へ変更する方法もあるのですが、この方法は管理者アカウントでのみ設定変更が可能となるので、別のアカウントでサインイン出来ても意味が無いのです。

パソコンを使用できるようにするだけであれば、WindowsOSの再インストールで問題は解決されますが、保存データが必要である場合はデータ復旧作業が必要となります。

壊れた訳ではないのになぜデータ復旧が必要なのか

パスワードを忘れているだけでパソコンやハードディスクが壊れていないのに「なぜ復旧が必要なのか」そう考える方も多いと思います。

これにはちゃんとした理由があり、実際にこのような方法を試された方も、データを取り出せない結果に至り、もの凄く悩まれたのではないでしょうか。

このような方法とはどのような方法?

パソコンからハードディスクを取り外し、別のパソコンに繋げてデータを取得する方法があります。

この方法であればOSを起動させる必要が無いため、パスワードを入力せずとも直接データへアクセスが可能となるのです。

しかし、ここでも管理者権限が邪魔をします。

ユーザーアカウント外に保存しているデータ、例えば1台のハードディスクにパーティションを作成し、起動パーティションのCドライブ、データパーティションのDドライブとしている場合、上記方法でデータアクセスが可能なのはDドライブのみとなります。

厳密に説明するとCドライブへのアクセスは可能で、管理者権限を持ったユーザーアカウントへのアクセスも可能なのですが、ドキュメントやデスクトップなどフォルダへアクセスを試みると警告が出てしまい、フォルダやファイル共に移動もコピーも出来ないのです。

ですので、この管理者権限を無視して保存データを取得するには、データ復旧を行う必要があるという訳です。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


データのトラブルでお困りの方へ

たったの1分で出来る簡単自己診断ツール
PAGE TOP