外付けハードディスク

成功事例

TOSHIBA(東芝)/HD-TPA1U3-B

USBデバイスが認識されません。と表示される場合はハードディスクが物理的に損傷している可能性が高く、通常の方法でデータの復旧は行えません。基盤の交換は特別な調整を行う必要がありますので同様のエラーが発生する場合は通電を控えすぐにご相談ください。
成功事例

アイ・オー・データ機器(IODATA)/HDXG-S40

データ取り出しに成功しました。
成功事例

バッファロー/Buffalo/HD-NRCD6U3

フォーマットのエラーが表示される場合には、フォーマット情報が破損している可能性が高く、弊社でも多くのご相談をいただく内容となっています。
よく発生するエラーではありますが、エラー後に通電を繰り返し行ったり、HDDに負荷をかけてしまうと状態は悪化してしまい、データの救出が困難になる事がありますので取り扱いには注意が必要です。
成功事例

バッファロー/Buffalo/HD-LX4.0U3D

今回のケースのように、パソコンが突然シャットダウンしてしまった場合などに接続しているHDDに不具合が発生する事があります。
一度不具合が発生した場合に、通電を繰り返してしまうと状態の悪化・データの破損などがありますのでトラブル発生後の通電は出来るだけお控えください。
少しでもいつもと違う感じがしたら、通電を控え専門業者に相談しましょう。
成功事例

バッファロー/Buffalo/HD-LL4.0U3

ハードディスク使用時に読み込みが遅くなったり、ファイルを開くまでに時間がかかるようになった場合はHDDに不具合が発生しており、壊れてしまう前兆の可能性があります。
バックアップをすぐに作成することが大事ですが、使用を続けてしまうとハードディスクが壊れ認識しなくなってしまう可能性が高いので、自身で作業が難しい場合は弊社の様な専門業者にご相談ください。
成功事例

バッファロー/Buffalo/HD-LLD4.0U3

ハードディスクは衝撃に弱く、倒してしまっただけでも内部の部品が損傷してしまう可能性があります。
カタカタなどの異音が聞こえた場合はすぐに通電をやめて、専門の業者に相談しましょう。
異音が聞こえる状態のまま通電を続けると、プラッタに傷が付いてしまう可能性が高く、データの救出が困難になる場合があります。
成功事例

バッファロー buffalo/HD-NRLD2.0

テレワーク中に使用していたHDDが接続時にエラー表示されてしまうとの相談を受けて調査を行わせていただきました。内部データとしてはオフィスデータ、アドビデータなどが検出され、一部のデータに破損はあったものの、お客様がご希望されているデータは無事に救出する事ができました。パラメーターが間違っています。などのエラーが発生した場合には通電を控え専門業者などにご相談ください。
3Aデータ復旧スタッフブログ

【データ復旧】ウェスタンデジタル 外付けHDDが認識しない【復旧方法】

ご注意ください 外付けHDDが認識しない、メディアが読み込めない、データへのアクセスが困難になった場合の取り扱いには十分注意してください。障害発生後の通電や誤使用によりデータが破損し、復旧が困難になるご相談が増加しています。 このページはこ...
成功事例

バッファロー/Buffalo/LinkStation LS-V2.0TLJ

ネットワーク接続タイプのHDDでは、パソコンからの直接のデータ取り出しが行えない為、内部書き込みデータ等調整を行い復旧させて頂いております。特に異音の発生エラーメッセージの表示があった場合は、通電を行わずそのままの状態でご相談いただければ幸いです。無理に通電を行い続けるとハードディスクに負荷がかかってしまい、症状が悪化、データの破損に繋がる危険がございます。NASやRAIDの製品であっても弊社では多数復旧しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
3Aデータ復旧スタッフブログ

データ復旧を実施する場合、認識されなくなったハードディスクやUSBメモリ等、不具合の出たメディアでやってはいけない事

ご使用中のハードディスクが突然見れなくなったり、パソコンで認識されなくなったりする際にご自身で復旧を試みる方も多くいらっしゃいますが、誤った方法で実施されてしまうと最悪データ破損を起し復旧不可能な状態に陥る可能性もございます。 データの復旧...