成功事例(物理障害)

成功事例

IODATA アイオーデータ / HDCZ-UTL4KB

異音が発生し、パソコンでの認識が行えない状態のハードディスクでもデータ復旧は可能です。落下や転倒で異音が発生してしまった場合、内部部品が損傷している可能性もありますので、無理に通電を行わずまずはご相談くださいませ。
フォーマット要求される場合などでもあまり通電を行い続けるとデータの破損や、復旧不可になる危険性もあり大変危険です。
特に大容量メディアでのご依頼を頂く事が多く、復旧している事例も多数ございますので、ご自身でのデータ復旧作業が困難な場合は、弊社にて無料診断を執り行いますハードディスクが不調だと感じた際にはお気軽にご相談くださいませ
成功事例

Buffalo バッファロー / LinkStation LS210D0301G

NASRAIDといったネットワーク接続で使用するハードディスクに不具合が生じていてもデータ復旧可能です。NASでの不具合でファイルシステムが破損してデータにアクセスできなくなってしまったり、不良セクタによる動作不良で読み込みが遅くなったり、アクセスするとフリーズしたりして取り出しが困難な状態になってしまう事もございますが、弊社では事例も多数あり復旧に至るケースがほとんどです。まずは、ハードディスクの状態がどのような状態か、無料診断にてお調べいたしますのでお気軽にご相談くださいませ。
成功事例

Synology シノロジー / DiskStation DS218j

RAIDNASのハードディスクにアクセスが出来なくなってしまってもデータ復旧は可能ですRAID1でのご使用の場合、1台のハードディスクからデータのサルベージが可能な状態が多く1台が物理障害でももう一台から論理障害として復旧させて頂く事も可能となります。症状は、ご依頼時に詳しくご診断をさせて頂きますがそのほとんどが復旧可能な状態となりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。NASのハードディスクでは、パソコンでの直接の取り出しが困難なことから、状態の悪化を防ぐため通電を行う際は十分にご注意いただき、ご自身での復旧はなさらないようお願い致します。
成功事例

バッファロー/Buffalo/LinkStation LS210D0201G

ハードディスク自体が全く動作しなくなっている状態であってもデータ復旧は可能です。今回のように基板のショートが原因で通電が正常に行えない状態だと書き込まれたデータが無事なケースが多く、ほぼ無傷でのデータ復旧でご案内させて頂いております。ハードディスクに不具合が出た際はなるべくそのままの状態でご依頼いただき、症状を詳しくご診断しデータ復旧に努めさせて頂いております。ご自身で復旧を試みた結果症状が悪化してしまったという方も、一度ご相談くださいませ。
成功事例

バッファロー/Buffalo/LinkStation LS-V2.0TLJ

ネットワーク接続タイプのHDDでは、パソコンからの直接のデータ取り出しが行えない為、内部書き込みデータ等調整を行い復旧させて頂いております。特に異音の発生エラーメッセージの表示があった場合は、通電を行わずそのままの状態でご相談いただければ幸いです。無理に通電を行い続けるとハードディスクに負荷がかかってしまい、症状が悪化、データの破損に繋がる危険がございます。NASやRAIDの製品であっても弊社では多数復旧しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
成功事例

QNAP キューナップ / TS-231P2-4G

弊社では、各種RAID筐体、構成にて復旧を行っております。ハードディスクからカチンカチンと異音が発生してデータにアクセスできなくなっている状態でもデータ復旧が可能です。RAID0の場合、内蔵されているすべてのHDDが正常に動作しないと認識が難しい為、ご依頼いただくケースの中でも多いのですが、復旧事例多数ございますのでご安心してご依頼いただければと思います。ご自身でのリビルドRAID崩壊でのご相談、データがお取り出しできる状態かどうか無料でご診断いたしますのでお気軽にご相談くださいませ
成功事例

Synology シノロジー / DiskStation DS718+

RAIDやNASの筐体でアクセスが出来なくなっていたり、エラーメッセージが表示されてデータの取り出しが困難な状態でもデータ復旧は可能です。ご使用されているRAIDやNASが不調だと感じたらまずは一度ご相談くださいませ。よくあるケースではRAID崩壊にてアクセスできなくなった状態でリビルドをご自身で実施してデータが消えてしまったり、全く認識しなくなるなど症状が悪化してからのご相談を頂きますが、ご自身で復旧を試みる前にご相談いただければ、まずはデータが取り出し可能な状態かどうかを無料でご診断いたします。単体のNASや複数台構成のRAIDでもお受付しておりますのでお気軽にご相談くださいませ
成功事例

ASUSTOR アサスター / AS1002T

弊社では、ご使用されているNAS・RAIDの構成が分からなくなっていても調査をさせて頂いております。特に4台以上の内蔵HDDを搭載した筐体では、RAID崩壊でのご依頼を多数いただいており、その中でも使用していたRAIDの構成が分からない状態でのご依頼がほとんどです。RAIDの構成やデータの復旧での調査解析を進め、ご案内させていただきます。RAID崩壊リビルドの失敗でデータにアクセスが出来なくなってしまったらお気軽にご相談くださいませ
成功事例

NETGEAR ネットギア / ReadyNAS 214 RN21400-100AJS

RAID0の場合、1台でもハードディスクに不具合が出てしまうと読み出しや書き込み、アクセスが行えない状態となります。異音が発生していたり、アクセスが出来なくなった場合は通電をお控え頂きご相談くださいませ。NASやRAIDの筐体の調査、ハードディスクの調査を行いデータの取り出しが行えるかどうかのご診断を行い、お見積り致します。また、ご使用中のRAIDがどの構成で使用しているかわからない場合でも、弊社で調査を行いご案内いたしますので、お気軽にご相談くださいませ。RAIDNASのハードディスクが物理障害であってもデータ復旧可能です。
成功事例

NETGEAR ネットギア / ReadyNAS 424 RN42400-100AJS

RAIDの構成や、ご使用されていた環境がご不明であっても復旧させて頂いております。特にRAIDの場合、4台以上内蔵している筐体では「RAID 0/1/5/6/10(1+0)」と多様な使用方法があり、ご購入時に設定して頂くのでご自身でお判りになられないケースも多く、弊社ではRAIDの構成自体の調査も執り行っております。自動バックアップや不具合時にご対処頂きやすいRAID6やRAID10(1+0)のご使用が最も多く、大容量で使用されている方はRAID0でのご依頼が多数ございます。ネットワークからのアクセスが出来なくなったり、RAID崩壊、物理的障害に遭われたらまずご相談くださいませ