スポンサーリンク
スポンサーリンク

SUSE Linux

基板 取扱メディア

SUSE Linux(スーゼ リナックス)は欧米で高い人気とシェアを誇る、ドイツ生まれのLinuxディストリビューションである。

1992年にドイツの学生4人がLinuxを広めることを目的に、1993年に最初のバージョンとなる「S.u.S.ELinux1.0」をリリースした。

元々はSlachwareをベースとしていたが、現在はパッケージ方式にRPMを採用している。

2003年にアメリカのNovell社に買収されたことによりアメリカでも普及しつつあり、同時に日本でもNovellの日本法人ノベル株式会社が販売するようになり、日本国内でも入手しやすくなった。

Novellによる買収後の最初のバージョンである9.1では、やや中途半端だった日本語対応も、9.2では十分なレベルに達している。

「SUSE」という名前は、元々はドイツ語の「Softwareund System Entwicklung」から来ている。初めは「S.u.S.E」と表記していたが、後に「SuSE」となり、Novellに買収されてから「SUSE」となっているが、ノベルは100パーセントのオープンソースを目指すディストリビューションとして、開発体制をopenSUSEプロジェクトによるコミュニティベースに移行し、SUSE LinuxからopenSUSEへ名称を変更している。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。