Red Hat Linux

基板 取扱メディア

Red Hat Linux(レッドハット リナックス)とは、レッドハットが開発しているLinuxディストリビューションである。

レッドハット社自身で開発しリリースを行っていたのは「Red Hat Linux 9」までであり、2003年11月にレッドハットは方針転換を表明し、その後は開発体制を一新しFedora Projectによるコミュニティベースの開発となるFedora Coreと、Fedora Coreを基に、エンタープライズ向けの製品版ディストリビューションとしてレッドハット社が開発するRed Hat Enterprise Linuxに分かれた。

現行のRed Hat Enterprise Linuxのような企業向けの有料版の他に、この時代はサポートが極く限定された無償配布もあり、他にディストリビューションがそう多くなかったことからそちらの利用者も多かった。

Red Hat Linux は、Red Hat Linux 9までは製品版と同等のFTP版が存在し、レッドハットによるサポートは2004年の4月まで行われ、それ以降のサポートはFedoraプロジェクトの Fedora Legacyプロジェクトによってされていたが、このFedora Legacyプロジェクトは2007年2月9日をもって解散となったためサポートは終了した。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。