レイド

3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID崩壊によりデータが見れなくなったり共有フォルダ・ファイルにアクセスできなくなる故障原因と対処法

RAID※は複数台のHDDを組み合わせてドライブ認識させ、データを管理するストレージです。複数台を組み合わせることで冗長性を高め、データのやり取りを高速化させたり、ミラーリングによるデータ管理を行うことからオフィスや複数の共有ファイルを使用...
3Aデータ復旧スタッフブログ

【NAS障害】赤ランプ点灯/点滅 ファームウェア更新 アクセスできない【リンクステーション】

BUFFALO(バッファロー)製品であるLinkStation(リンクステーション)は、内蔵ハードディスクが1台の単体ドライブから、TeraStation(テラステーション)のような内蔵HDDが複数台搭載されているドライブがあり、LAN接続...
3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID1使用LinkStationやLANDISKからデータ復旧させたい場合

LinkStationやLANDISKのようなネットワーク対応HDDの中には、ハードディスク2台を使用しRAID1(ミラーリング)というRAIDシステムで運用できる製品があります。 RAID1は別名称でミラーリングとも呼ばれており、その名の...
成功事例

BUFFALO/LS-WH2.0TGL/R1/RAID0

エラコードのE14はハードディスクのマウントが正常でないエラーであり、稀に接続不良で抜き差しを繰り返すとマウントされる事があるのですが、主にハードディスクの物理損傷、システム損傷、不良セクタなどが該当します。物理損傷である場合は一部RAID構成を除き、新しいHDDに入れ替えリビルドを行う事で元に戻る場合もあるのですが、リビルド作業はハードディスクへの負担が大きいため、正常であったHDDまでもが破損し、二次被害と繋がる傾向にあるためお勧めできる作業ではありません。RAID構成品で不具合が発生しデータが重要であればある程、ご自身での作業は一切行わず弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
3Aデータ復旧スタッフブログ

RAIDが壊れ復旧がしたい…でもどうやって?復旧ソフトと弊社の比較

復旧ソフトとの比較 RAIDが突然壊れRAID崩壊となってしまった場合、多くの方はインターネットでその対処方法や、データ復旧方法を調べると思いますが、その際によく目にする復旧ソフトを利用してみようと考えた事はありませんか? 実際に復旧ソフト...
成功事例

BUFFALO/TS-RH4.0TGL/R5/RAID5

RAID5は1台のハードディスクに異常が出てRAID崩壊を起こしても、残りHDDのパリティ情報でデータを構築し、そのまま通常運転が可能となるのですが、RAID5仕様の全てがそうとは限りません。EMモードのE04とはファームウェアの更新を行う事で、状態改善が行えるというエラーになるのですが、ディスクが正常でなければ今回のように、ファームウェア更新しても状態改善が見込めない、ファームウェア更新すら出来ないというケースも少なくはありません。また、ファームウェア更新やリビルド作業に失敗すると、データ消失する危険があるため、現状維持していただき弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/CS-WV2.0/R1/RAID0

RAID0(ストライピング)は1台でもハードディスクに異常が発生すると、RAID崩壊を起こし保存データへはもちろん、ドライブ自体へのアクセスが出来なくなってしまいます。また、再構築(リビルド)も不可能であるため、リスクが高い使用方法となります。不良セクタが原因でRAID崩壊する事はよくあり、RAID製品に限らず外付けHDDや内蔵HDD、SDカードやUSBメモリなど多くの記録メディアでも起こり得る障害です。これといった対策方法は無くこまめにデータをバックアップ取っていかなければなりません。
3Aデータ復旧スタッフブログ

【復元】テラステーション(TeraStation)RAID崩壊【修復】

RAID0(ストライピング)を除くRAID構成は、ハードディスク(HDD)に冗長性を持たせているため、RAID構成内の一部のHDDが破損したとしても、他のHDDのデータから再構築(リビルド)する事が可能なのですが、RAID崩壊やシステム異常...
成功事例

BUFFALO/LS-WV2.0TL/R1/RAID0

BUFFALO製品のLinkStation(リンクステーション)やTeraStation(テラステーション)には、エラーランプやエラー表示ディスプレイが搭載されており、問題個所の特定が行えるようになっています。今回ご依頼をいただいたE14と言うエラーは、HDDが正常にマウントされずRAID崩壊を起こしている状態で、ハードディスクの経年劣化や初期不良などが原因となっている事が多いです。また、E14とは別にE16も特に多いエラーとなりますので、エラーが表示された場合は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID0(ストライピング)がRAID崩壊を起こした場合のデータ復旧

RAID障害は問題個所の特定が必要 RAID0(ストライピング)を使用し突然「認識しない」「アクセスできない」と言った状態や、RAID崩壊を起こし保存データがぐちゃぐちゃになっている事があります。 こうした原因は筺体その物の故障または、内蔵...