SCO OpenServer

基板 取扱メディア

SCO OpenServer(エスシーオー オープンサーバー)はSanta Cruz Operationが開発したクローズドソース版のUNIXオペレーティングシステムであり、かつてはSCO UNIX、SCO Open Desktopと称していたUNIXオペレーティングシステムである。

SCO UNIXは、SCO XENIXの後継として登場し、System V Release 3.2 に XENIX のデバイスドライバやユーティリティを統合したもので、基本オペレーティングシステム製品にはTCP/IPネットワーク機能や X Window System は含まれていない。

その後、間もなくそれらの機能を含めた製品を SCO Open Desktop の名前でリリースし、1994年には、追加のSMPパッケージ SCO MPX をリリースしている。

1992年にリリースされた SCO UNIX 3.2v4.0 と Open Desktop 2.0 では、長いファイル名とシンボリックリンクのサポートをおこない、1995年には OpenServer Release 5.0.0 と名前を変え、ELF実行形式と動的共有ライブラリ、ダイナミック・ローダブル・カーネルモジュール(DLM)機能を追加サポートした。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。