USB接続

3Aデータ復旧スタッフブログ

ウィンドウズOSのバージョンが違うパソコンで外付けハードディスクを使用していたら認識しなくなった時の原因と対象法

USB接続の外付けハードディスク/USBメモリ/SDカードを複数台のPCで使用されている方で、windowsOSのバージョンが異なるPCを使用していると、外付けハードディスクやその他メディアが認識しなくなる症状になる事があります。 「さっき...
成功事例

I-O DATA/HDPC-UT500KB

ケース側基板だけの問題であればケースからHDDを取り出し、専用ケーブルやパソコン内蔵で接続を行うと認識する場合があるのですが、こういった症状の多くはハードディスクのシステム損傷が原因により、正常に認識ができずデータへのアクセスが不能となっている場合があります。こうのような症状は比較的軽度な論理障害で対応が可能なのですが、場合によっては重度論理障害や物理障害となっている事もあるため、無理な通電や作業を避けるようにしていただいた方がいいかもしれません。お困りの際は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

バッファロー/Buffalo/HD-PXT500U2

ケース側の基板損傷である可能性が高い内容ではありましたが、実際に診断を行ってみるとHDDのシステムエラーも併発している状態でした。今起こっている症状だけで詳しく診断も行わず判断してしまうと、取り返しの使いない状態に悪化してしまう事も少なくは無く、少しでも「おかしい」と判断された場合は、詳しく診断を行ってもらえる弊社のような復旧業者に相談してみて下さい。今回のケースやメディア以外でも不安のある方は、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

I-O DATA/HDPC-AU500KB

フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?と表示される原因の多くは、内蔵されているハードディスクのシステム損傷または不良セクタであり、基本的には論理障害レベルで対応が可能な障害ではあるのですが全てがそうとは限りません。軽度な障害だと思っていたものが重度である事も少なくはないため、安易に自分で何とかしようと作業されるとハードディスクその物が壊れたりする事もあります。保存データの重要性が高い場合は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-PNT1.0U2-BS

ポータブル型であるHDDは持ち運びに便利な反面、内蔵されているハードディスクは衝撃に弱い精密機器です。ケースとHDDの間には衝撃吸収フレームや衝撃吸収ゴムが備わっている物が多いのですが、その形状の大きさから衝撃吸収にもかなり限界があります。衝撃によるハードディスクのトラブルで一番怖いのが、ヘッド損傷によるヘッドクラッシュです。ヘッドクラッシュしてしまうと解体作業が必須となり費用も高額となります。今回の事例のように論理障害で対応できる事もあるので、ご自身での判断ではなくプロに一度診てもらうようにしてみて下さい。万が一お困りの際は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-PNT1.0U2-BB

USB接続部分だけが壊れてしまった場合は、ケースから取り外し専用ケーブルを利用する事で、ドライブ認識が行えるのですが、HDDを取り外してもエラーメッセージが表示されてしまう場合は、データ復旧作業が必要となります。フォーマットエラーなどは比較的、論理障害対応で復旧が可能であり、初期症状であれば保存データも使用されていた状態で復旧が可能となります。お困りの際は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-W500IU2/R1/RAID1

電源関係のトラブルによるデータ復旧であったため、内蔵されているハードディスクには目立った損傷は無く、保存データもしっかりと残っていたので良かったのですが、電源が勝手に切れる状態で無理に使い続けていると、ハードディスクのセクタ情報に問題が発生し、不良セクタが広がってしまう可能性もあるため、あきらかに製品がおかしいと判断された場合は、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-W2.0TIU2/R1/RAID1

一見何の問題も無いように見える状態であっても、パソコンでHDDのドライブ認識がされていない場合は、内蔵されているHDDまたはケース側に必ず問題が発生しています。特に多いのが内蔵ハードディスクのシステム障害によるRAID崩壊、ハードディスクその物の物理障害が原因である事もあり、どのような状態になっているのか詳しく調査する必要があります。軽度なレベルに見えて重度なレベルである事も少なくないため、少しでも異常であると判断した場合は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

I-O DATA/HDC-U500

パソコンが今回のようにドライブ認識しているにも関わらず、HDD内へのアクセスが不可能な状態や、パソコンがフリーズしてしまったり、正常に起動できないと言った場合、パソコン本体の問題では無く外付けハードディスクに問題が生じている事があります。原因は様々なことが考えられるため断定は難しいのですが、ハードディスクのシステム障害やセクタの不良による障害が原因である事が多くあります。比較的に初期症状であれば論理障害で対応する事が可能であり、保存データのディレクトリ情報も残ったままでの復旧が可能ではあるのですが、無理な作業や通電を続けてしまう事により、HDDの状態は悪化し復旧の可能性が低下してしまう恐れがあるため、このような障害が発生した場合は通電を切り、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-LC1.0U3-BKC

USB接続である外付けHDDはUSBポートがあれば、どのパソコンにでも認識させる事ができ、汎用性の高いメディアではあります。(OSやファイルシステムによっては認識しない場合もあります)しかし、抜き差しを繰り返す事によりシステムが損傷し、ドライブ認識できないといった障害も少なくはありません。正しい方法で取り外しを行っていても、タイミングが悪ければこのような障害が発生する事もあり、USB接続HDDは基本的に決まったパソコンで運用するようにした方がいいと思われます。突然の障害にお困りの方は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。