ミラーリング

3Aデータ復旧スタッフブログ

バックアップの方法やバックアップが正常に行えないハードディスクの症状や対処法

昨今、ハードディスクの容量も大きくなり、お手頃な価格で購入が出来るようになりました。データの保存管理に関して、一台のHDDのみでデータを管理している方が多くパソコンでの認識が行えない状態や、ハードディスクの不具合時にどうしても必要なデータが...
3Aデータ復旧スタッフブログ

RAID1使用LinkStationやLANDISKからデータ復旧させたい場合

LinkStationやLANDISKのようなネットワーク対応HDDの中には、ハードディスク2台を使用しRAID1(ミラーリング)というRAIDシステムで運用できる製品があります。 RAID1は別名称でミラーリングとも呼ばれており、その名の...
成功事例

BUFFALO/HD-W500IU2/R1/RAID1

電源関係のトラブルによるデータ復旧であったため、内蔵されているハードディスクには目立った損傷は無く、保存データもしっかりと残っていたので良かったのですが、電源が勝手に切れる状態で無理に使い続けていると、ハードディスクのセクタ情報に問題が発生し、不良セクタが広がってしまう可能性もあるため、あきらかに製品がおかしいと判断された場合は、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-W2.0TIU2/R1/RAID1

一見何の問題も無いように見える状態であっても、パソコンでHDDのドライブ認識がされていない場合は、内蔵されているHDDまたはケース側に必ず問題が発生しています。特に多いのが内蔵ハードディスクのシステム障害によるRAID崩壊、ハードディスクその物の物理障害が原因である事もあり、どのような状態になっているのか詳しく調査する必要があります。軽度なレベルに見えて重度なレベルである事も少なくないため、少しでも異常であると判断した場合は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/LS-W2.0TGL/R1/RAID1

通常RAID1(ミラーリング)で使用している場合、片方のハードディスクが物理的に壊れてしまっても、新しいハードディスクを入れ替える事で再構築(リビルド)が可能なのですが、再構築が全くできない場合や再構築が途中で終了してしまったりと、更に状態を悪化させてしまう危険があるため、RAID製品をリビルド作業はあまりお勧めできるものではありません。リビルド作業を行うのであればまずはデータ復旧を優先にお考えいただいた方が、万が一の保証にもなるのでRAID製品でお困りの際は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

I-O DATA/HDL2-S2.0/RAID1

ハードディスクはフラッシュメモリとは違いその構造上、転倒や落下など物理的な衝撃に非常に弱く、タイミングが悪いと少し当たっただけで壊れてしまう事も少なくはありません。また、カチカチ、カタカタなど聞き慣れない音がしている場合、HDDの内部部品である磁気ヘッドが損傷している可能性が高くなります。異音がしていたり、転倒/落下後アクセスできない、認識しない状態になった場合は、速やかに電源を落とし弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/HD-WL2TU3/R1/RAID1

USB接続のRAID製品でRAID1(ミラリーング)を使用されている場合、LAN接続とは異なりドライブを外しパソコンに接続すれば、問題無く保存データを見る事が出来るのですが、障害が発生してしまっていれば見る事は出来ません。自動でデータを保存してくれるレイドシステムではあるのですが、ハードディスク自体の障害は避ける事ができないため、これとは別にバックアップを取っていく必要があります。お困りの際は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
3Aデータ復旧スタッフブログ

データ復旧の事例実績や流れRAID崩壊リビルド失敗RAID(レイド)

各RAID構成を理解しデータ復旧を失敗させないためには RAID(レイド)のデータ復旧は基本方法は内蔵ハードディスクや単体の外付けHDDと同じなのですが、RAID再構築(リビルド)を行う工程の追加が必要となり、より高度な技術と専門知識が必要...
成功事例

BUFFALO/LS-WH2.0TGL/R1/RAID1

RAID1(ミラーリング)は同じデータを各HDDに保存をするので、片方が壊れてしまっても問題ない製品なのですが、片方が正常であってもドライブへアクセスできない事があります。障害HDDを抜き取り再度電源を入れると解決する事もあるのですが、そうでない場合はデータの復元作業が必要となってしまいます。また、基本的に内蔵ハードディスクは同時期に製造されているものを入れているため、片方が壊れてしまったという事はもう片方も壊れる可能性が出てきます。完全に壊れてしまう前にまずは、弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。
成功事例

BUFFALO/TS-WX1.0TL/R1/RAID1

ミラリーング使用でバックアップも自動で行っているから大丈夫と、思われている方も多いとは思いますが、RAID崩壊を起こしてしまうとデータへのアクセスが出来なくなり、再構築や無理な作業を行うと最悪両ハードディスクが壊れてしまう可能性もあります。LAN接続製品はHDDを取り外しパソコンへ繋げてもドライブへのアクセスが出来ないため、自動バックアップを過信せず別メディアに手動でバックアップも行っていく必要があります。