スポンサーリンク
スポンサーリンク

BUFFALO/HD-LBF2.0TU2

成功事例
メーカー BUFFALO
型番 HD-LBF2.0TU2
他社診断 なし
症状/障害 MacとWindowsで併用して使用していたところ、フォルダを開こうとすると巡回冗長検査CRCエラーと表示され、かたまってしまう。
診断 論理
結果 ケースからHDDを取り外して、イメージ取得作業を行ってから解析を行いました。上書きされているデータも無事復旧を行えました
復旧容量 723GB
報告日数 3日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

ハードディスクを接続したら巡回冗長検査CRCエラーが表示されたり、HDD事態の挙動や動作がおかしいと感じた場合はまず通電をお控えいただき、弊社にご相談ください。バッファロー製品のハードディスクはもちろん、その他ハードディスクでも復旧事例が多数ございます。ハードディスクの症状はお客様毎に様々ではありますが、データの復旧・修復でお困りの方は、まずご相談ください。今まで使えていたハードディスクのデータの解析を行いデータの復旧・修復をお承りいたします。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス