データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

RAID1+0

RAID1+0

ハードディスクが4,980円

RAID製品

RAID1+0(レイド10)/RAID0+1(レイド01)とはRAID0(ストライピング)とRAID1(ミラーリング)を組み合わせた構成を特別にRAID1+0およびRAID0+1と呼び、読み書きの高速化、大容量化を目指したRAID0と、高信頼性を求めたRAID1を組み合わせることにより、速度、容量、耐障害性の向上を図ることができるRAIDシステム

最低4台のHDDハードディスク)が必要であり、2本単位でドライブ構成をおこなう。

どちらを下層で行うかにより名前が変わり、一見どちらも同じように思えるが耐障害性の面で異なり、RAID0+1の場合ストライプ(RAID0)された領域をミラーリング(RAID1)し、RAID1+0の場合ミラーセット(RAID1)をストライプ(RAID0)する。

ドライブ故障への耐性はRAID1+0のほうが優れており、RAID0を構成するRAID1セットの構成ドライブ2台がどちらも故障しない限りデータは破壊されず、ドライブ数が増えれば増えるほどRAID1+0のほうが耐障害性が上がる。

RAID1+0(レイド10)/RAID0+1(レイド01)の長所

文字通りRAID0とRAID1を組み合わせた技法なので、両RAIDのメリットを備えている。

RAID1+0の場合RAID0を構成するRAID1セットの構成ドライブ2台がどちらも故障しない限りデータは破壊されない。

RAID1+0(レイド10)/RAID0+1(レイド01)の短所

RAID0+1の場合RAID1を構成するRAID0領域のドライブそれぞれ1台ずつが故障した時点でデータが破壊される。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くのメディアを取り扱いデータ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP