Western Digital/WD20EARS 

成功事例
メーカー Western Digital
型番 WD20EARS(2.0TB)
他社診断 無し
症状/障害 裸族のお立ち台を使用していたのですが、パソコンでハードディスクを認識しなくなりました。
診断 論理障害
結果 HDDを解析機器に接続しドライブ認識を確認。システムファイルが読み込めない、または破損している状態でしたが、希望データを確認後通常解析を行いデータ復元が可能となりました。
復旧容量 379GB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

どのような方法であっても外付けハードディスクを使用していると、このような障害が発生しデータへアクセスができないといった事が起こります。100パーセントこうなってしまうという訳ではありませんが、ハードディスクの消耗や劣化、ケース側の問題、ケーブルの問題といった事は付き物と言えるでしょう。消耗品を交換しデータへアクセスが出来れば問題はないのですが、肝心なハードディスクに障害が発生していると取り換え様がありません。こういった障害の多くは論理障害で対応できる事が多く、保存データも損傷がほぼ無い状態で弊社では復旧が可能です。お困りの際は弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス
タイトルとURLをコピーしました