I-O DATA/HD-LS1.0TU2E

メーカー I-O DATA
型番 HD-LS1.0TU2E(1.0TB)
他社診断 無し
症状/障害 I/Oデバイスエラーが表示され保存していたデータが見れません。
診断 論理障害
結果 HDDを取り出しドライブ認識を確認。システム領域に不良セクタが発生ている事が原因と判明。ハードディスクのイメージ取得を実施後、通常解析を行う事で希望データの復旧が可能でした。
復旧容量 106GB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

I/Oデバイスエラーはインプット/アウトプットのエラーとなるので、接続部分の問題であるエラーメッセージとなりますが、表面上は接続部分の問題と見せて、実際には内蔵ハードディスクにも問題が併発している事が非常に多い障害となります。基本的に論理障害で対応が可能であり、データ復旧率も高いため、初期症状のままご依頼をいただければご安心いただけると思います。同エラーメッセージや別エラーメッセージ、この他の障害でお困りの方は、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス