データが認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

論理障害

論理障害

3Aデータ復旧スタッフ用語集
ハードディスクが4,980円

論理障害とは、プログラムの実行結果が意図した通りにならない障害のことである。
具体的には、ファイルシステムの損傷や、OSの不具合、誤操作によるファイル削除などが該当し、OSのファイルが消失したり、損傷しているためにコンピュータを起動できなくなった場合、ウイルスに感染してコンピュータがクラッシュしたケース、また誤ってファイルやフォルダを削除してしまったケースも、論理障害に該当する。
論理障害はコンパイルが正常に行われ、プログラムの実行途中で異常終了することなく動作するものの、アルゴリズムが論理的に正しくない場合のことを意味する。
プログラムの文法や構文などが正しいため、コンパイルラによって発見されることはない。
そのため、自力でデバッグを行う必要がある。
論理障害は、仕様をよく理解した上でプログラムの設計を行えば、ある程度防ぐことができるとされている。
また、紛れ込んだ論理障害の発見効率を高めるには、アルゴリズムの正しさを検証するだけでなく、読みやすいソースコードを記述することも必要であるとされている。

弊社ではHDD(ハードディスク)、SSD、USBメモリ(USBメモリー)SDカード、microSD(マイクロSD)、CD、DVD、ビデオカメラ 等、数多くの取扱実績データ復旧実績もございますので、大阪・京都・兵庫だけではなく、全国のデータの復旧・復元でお困りの際は、是非ともご依頼をよろしくお願いいたします。

たったの1分!簡単自己診断ツール

業界でも高い復旧率を誇るデータ復旧・復元サービスだから可能。弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。簡易的なお見積もりも可能です。

  • エラーメッセージが表示されている…
  • プロから見れば今どういう状態なんだろ…
  • 今後どう対応すればいいか分からない…

そんなあなたの為の自己診断ツールです。1分であなたの問題を解決致します。


事前にご確認ください

PAGE TOP