スポンサーリンク
スポンサーリンク

I-O DATA/HDCN-U500

成功事例
メーカー I-O DATA
型番 HDCN-U500(500GB)
他社診断 無し
症状/障害 「巡回冗長検査(CRC)エラーです。」と表示されドライブ認識しない
診断 論理障害
結果 HDDを取り出しドライブ認識を確認。不良セクタが原因によりアクセスできない模様。通常解析を行う事で希望データの復元が可能でした。
復旧容量 312GB/全体復旧希望
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら

エラー関連リンク

3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

CRCエラーはデータ記録面に物理的なエラーが起き、データが読めなくなった状態であり、不良セクタが原因である事が多いです。不良セクタが発生するとそのセクタ領域を磁気ヘッドが無理に読み込もうとするため、磁気ヘッド損傷や周りのセクタまでも読み取れなくなり、不良セクタがプラッタを汚染していきます。これを防ぐ方法はハードディスクを通電させない事が最善となりますので、データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。と表示された際は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス