BUFFALO/LS-V3.0TL

メーカー BUFFALO
型番 LS-V3.0TL(3.0TB)
他社診断 有り:費用が高額であったためキャンセルされたとの事
症状/障害 NASNavigator2でEMモードとなってしまった為、ファームウェアの更新を試みたのですが、更新が出来ないとエラーメッセージ表示されてしまっています。それ以上は何も作業は行っていません。
診断 論理障害
結果 HDDを取り出しドライブ認識を確認。原因特定は出来ませんでしたが、不良セクタまたは磁気ヘッドが不安定な挙動のため、イメージ取得作業を行った後、通常解析を行う事で希望データの一部復旧が可能でした。
復旧容量 293GB
報告日数 1日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

EMモードは公式サイトにも記載されている通り、ファームウェアの更新を行う事で改善される場合があります。しかし、全ての症状が改善されるものでは無く、ファームウェア更新の失敗や更新自体が行え無い事もあります。この場合、内蔵されているハードディスクに問題が生じている可能性が高く、弊社でもLinkStation(リンクステーション)のご依頼は多いです。HDDが原因である場合はメーカーに修理依頼を行っても、保存されているデータの保証は一切ありませんので、データが必要でありましたら弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス
タイトルとURLをコピーしました