Western Digital/WD15EADS(PC内蔵HDD)

成功事例
メーカー Western Digital
型番 WD15EADS(1.5TB)
他社診断 無し
症状/障害 パソコンが起動不可になってしまった為、ハードディスクを取り外しUSBにて繋いだ所、コンピュータ上には認識されませんが、ディスクの管理では未割り当てとして認識されています。
診断 論理障害
結果 HDDを解析機器に接続しドライブ認識を確認。システムファイルが読み込めない、または破損している状態でしたが、希望データを確認後通常解析を行いデータ復元が可能となりました。
復旧容量 1.04TB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックでWeb診断&お見積り
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

ディスクの管理で未割り当てと表示されている場合、ファイルシステムの破損、システムファイルの破損、不良セクタが原因である事が多く、重度でない限り基本的には論理障害で対応が可能な障害ではあります。軽度から重度へ障害が悪化してしまう多くの場合、無理な通電を行い何の対策もしないまま復旧作業を進めてしまい、最悪の場合だとハードディスクが壊れプロによるデータ復旧も困難となります。保存されているデータの重要性が高い場合は何も作業をせず、弊社データ復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス
タイトルとURLをコピーしました