スポンサーリンク
スポンサーリンク

I-O DATAHD-LS2.0TU2E

メーカー I-O DATA
型番 HD-LS2.0TU2E(2.0TB)
他社診断 有り:高額であっためキャンセルされたとの事
症状/障害 パソコンで認識していない
診断 論理障害
結果 HDDを取り出しドライブ認識後フォーマットエラー表示を確認。詳しく解析を行うと不良セクタが原因により正常に機能していないため、イメージ取得作業を行い希望データの復旧が可能でした。
復旧容量 549GB/一部復旧希望:63.7GB
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら
この記事を書いた人
技術スタッフ

前職を含めデータ復旧歴15年、年間1000件以上お客様と直接ご対応させていただいております。趣味はパソコンいじりとガジェットニュースを読むことです。

技術スタッフをフォローする
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

システムエラーの原因が不良セクタによる事も少なくはありません。不良セクタはプラッタ(記録面)の磁力が劣化し、データの読み書きが不能になる故障です。ただし、HDD全域の話ではなくセクタ(1回で読み書きできる単位)だけであり、全体から見ると非常にミクロで部分的な故障となります。このお話しだけでは継続使用しても問題がないように思えますが、ハードディスクの仕組み上この不良セクタは宿命的な故障だったりします。認識されているHDDでも不良セクタが発生している可能性があるので見えている内にバックアップを取るようにして下さい。お困りの際は弊社復旧サービスまでお問い合わせください。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス