スポンサーリンク
スポンサーリンク

BUFFALO/HDS-CX2.0TU2J

成功事例
メーカー BUFFALO
型番 HDS-CX2.0TU2J
他社診断 なし
症状/障害 何度かつなぎなおしてみましたが、HDDのアクセスが重くなり巡回冗長検査CRCエラーが出ました。
診断 論理
結果 通電確認を行いましたが、HDDの状態が悪く復旧作業までに時間がかかるものでしたが、お客様のデータにエラー等なく無事復旧させていただけました。
復旧容量 1.1GB
報告日数 5日
復旧費用 復旧費用はこちら
この記事を書いた人
技術スタッフ

前職を含めデータ復旧歴15年、年間1000件以上お客様と直接ご対応させていただいております。趣味はパソコンいじりとガジェットニュースを読むことです。

技術スタッフをフォローする
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

ハードディスクへのデータ保存を行った後などに巡回冗長検査CRCエラーが出た場合、無理な接続を繰り返さずに保管してください。何度が認識したりしなかたりを繰り返した後、データ壊れてしまった等のご相談を多数いただいております。壊れてしまったデータの修復は難しいですが、ハードディスクが認識しなくなっただけの状態ではデータ自体の破損がない場合が多く、トラブルの際はまずご相談ください。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス