スポンサーリンク
スポンサーリンク

BUFFALO/HD-LBF2.0TU2-WH

メーカー BUFFALO
型番 HD-LBF2.0TU2-WH(2.0TB)
他社診断 無し
症状/障害  「巡回冗長検査(CRC)エラーです。」と表示されドライブ認識しない
診断 論理障害
結果 HDDを取り出しドライブ認識を確認。不良セクタが原因によりアクセスできない模様。通常解析を行う事で希望データの復元が可能でした。
復旧容量 714GB/全体復旧希望
報告日数 即日
復旧費用 復旧費用はこちら
3クリックWeb診断ツール
弊社では、データ復旧サービスを安心してご利用いただく為に簡単自己診断ツールをご利用いただいております。このツールをご利用いただければ、あなたのメディアが現在どの様な状態なのかを知る事が出来ます。同時にデータ救出費用のお見積もりも可能ですので是非お試しください。

復旧担当スタッフからのコメント

不良セクタが原因により巡回冗長検査(CRC)エラーが発生する事は珍しくありません。巡回冗長検査(CRC)エラーは記録部分(HDDならプラッタ、USBメモリならデータチップ)の物理損傷で起こるのですが、全て物理損傷と言う訳ではなくセクタ単位の読み取り障害により、巡回冗長検査(CRC)エラーが発生します。巡回冗長検査(CRC)エラーが発生すると良くなることはありませんので、データが必要である場合は弊社復旧サービスまでお問い合わせ下さい。

成功事例成功事例(HDD・SSD)
3Aデータ復旧サービス