HDDのデータが見れない・認識しない等でお困りの方は大阪・京都・兵庫で最安値を目指す復旧・復元業者、安心安全安価データ復旧サービスへ

close

ホーム /  簡易診断, 簡易診断(HDD・SSD) / HDD・SSD(内蔵・外付け)自己診断結果:消失/削除

HDD・SSD(内蔵・外付け)自己診断結果:消失/削除

技術スタッフ簡易診断

診断結果
障害状況 論理障害

あなたのメディアは論理障害が発生している可能性が非常に高く、以下の原因が考えられます。

誤削除チェックディスク不良セクタ

データ消失誤ってデータを削除されたのでは復旧方法は異なりますが、基本的な作業で言えば両内容ともに論理障害で全て対応が可能です。

誤操作による削除とは異なり、データが消失している、チェックディスクで消失している場合、ディレクトリ(フォルダ名、ファイル名)システムの損傷が考えられ、その原因は不良セクタによるものが多くあります。消失したデータの保存状態にもよりますが、弊社では8割以上のデータ救出率でご報告が可能となっております。

弊社では上記症状を論理障害と判断しており、同症状からのデータ救出実績は多数ございますので比較的高い確率でデータの救出が可能です。調査・診断までは全て無料でご対応可能ですので、お電話かメールにてご相談ください。

<<注意事項>>

◆新たにデータを保存しないでください。
新しくデータの上書きを行いますと、保存データの上書き、ディレクトリ(ファイル名/フォルダ名)の破損に繋がる場合があります。データが消失した場合は新規データの保存はお辞めください。

◆無理な通電は控えてください。
症状の内容によっては無理に接続を行いますと、状態の悪化に繋がりデータの救出が行えなくなる場合がありますので、今後の通電は控えるようにお願いします。
無理に通電を行う事により読み取り部品である磁気ヘッドや制御基板の不良に繋がり、データ復旧が困難になってしまったり最悪データが取れなくなってしまう可能性があります。

◆製品の解体/開封は行わないでください。
不用意に外付けHDD等の解体/開封を行うと、基盤の損傷や製品部品の損傷に繋がり、とても危険な行為となります。
場合によっては製品の物理的な故障に繋がる事もあり、論理障害レベルで対応が可能だった物が物理障害レベルとなり、データ救出がより困難になる事もありますのでご注意ください。

◆復旧ソフトによるデータ救出作業
市販ソフトやフリーソフトでデータ復旧を行う場合、使用方法を誤るとデータ破損やデータ消失となる可能性があり、このような事態に陥るとデータの救出が不可能になる事があります。
また、ソフトを利用するにあたり必ず通電をしなければならないため、結果的にハードディスクの状態が悪化してしまう可能性も極めて高くなります。

ハードディスク・SSD・NAS(内蔵・USB接続・LAN接続・サーバー)

記録メディア容量 復旧費用(※1) 所要時間(※2)
容量制限無し 4,980円~29,800円
3,980円~14,900円
20分~

・論理・物理障害でもご対応可能です。
(※1)表記価格は期間限定のキャンペーン価格です。上記料金の他に消費税がかかります。
(※2)所要時間はご依頼メディアの状態により異なります。
復旧不可の場合やお客様の同意なしに復旧費用を請求する事はありませんのでご安心ください。

事例の一部をご紹介

※キャンペーン価格等で復旧費用が変わる場合がございます。

復旧担当スタッフからのコメント

普段通りにご使用されている外付けハードディスクも経年劣化により突然認識しなくなることもございます。挙動が不意に不安定になったり、ハードディスクを接続しても認識しなくなってしまった場合でも、保存データの復旧は可能です。USB接続の外付けハードディスクで、複数台のパソコンでご使用されている方も同様で、ハードディスクの取り扱いに関しては、丁寧に使用していても壊れてしまう可能性があります

安心安全安価データ復旧サービスは診断・調査は無料!

無料診断申し込みはこちら